FC2ブログ

記事一覧

甲子林檎(きのえねアップル) 純米吟醸 生酒

おはよーございます!
最近ちょっとお仕事が忙しくて更新ペースがのんびりになってしまっていますね。もし仮に万が一、このブログを楽しみにしてくださっている方がいたら申し訳ないです。
でも、どんなに忙しくても週一の酒屋通いは欠かしません!
酒屋さんの冷ケースの中はすっかり夏といった感じのボトルが目立ちますね。
青かったり透明だったり、夏酒の瓶は爽やかで好きです。

今日はそんな夏酒の中から、このお酒を飲んじゃいましょう♪


IMG_2052.jpg
IMG_2053.jpgIMG_2055.jpgIMG_2054.jpg



甲子林檎(きのえねアップル) 純米吟醸 生酒

千葉県印旛郡の飯沼本家さんで醸されるお酒です。
「一喜」と同じ酒蔵さんですね。
一喜は以前酒こまちの直汲み紹介しています。

さて今回頂くのは、甲子のラインナップでも少々風変わりなこのお酒。
リンゴ酸を多く生成する協会77号酵母を使用して造られています。
精米歩合55%の純米吟醸で、酒屋さんによると使用米は五百万石とのこと。
昨年まではもっと派手でオサレな感じのラベルでしたが、今年から変わったみたいですね。
僕的にはこのラベルの方が可愛らしくシンプルで好きです。


さて、それでは早速頂いてみましょう♪
上立ち香は青さを感じる甘酸っぱい香り。熟す前の果物みたいです。

チビリと口に含んでみると・・・甘酸っぱくて爽やかです!
含んだ瞬間にピチピチとしたガスを感じ、その直後に甘味、酸味の順で追いかけてきます。
甘味はやや強めですが、ガス感と強めの酸のおかげでとても爽やかで飲みやすい印象。
先入観があるからかもしれませんが、味わいは青リンゴサイダーみたいに思えますね。
後味は極僅かな渋味と甘い余韻を残しつつも、スッキリとしたものです。


フレッシュで可愛らしい味わいの美味しいお酒でした。
実は昨年、同銘柄の火入れ(KINOENE APPLE 秋のらいすわいん)を飲んでいるのですが、ここまで印象が違うのかと驚きました。
年による違いもあるので一概には言えませんが、火入れは酸味中心でやや辛口の白ワイン的な味わいなのに対し、生の方が断然甘味が強く、酸も柔らかく感じられました。
火入れが発売されるのは秋だと思いますが、しっかりと味を記憶して比較してみたいなぁと思ってしまいました。



↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント

今年は不作

今年のキノエネアップルは美味しくない。

Re: 今年は不作

キノエネアップルさん
コメントありがとうございます!
今年はイマイチなのですか・・・そう聞くと来期の造りが楽しみになりますね。
自分は昨年の火入れしか飲んだ事が無かったので、来年も飲んで比較してみたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

甲子林檎 (きのえねアップル) 純米吟醸生

家飲み記録 甲子林檎 (きのえねアップル) 純米吟醸生     千葉県印旛郡酒々井町のお酒です。  同蔵のお酒の紹介は2回目ですね。  こちらを醸す飯沼本家のメイン銘柄は「甲子正宗」、他に以前当ブログでも紹介している「一喜」というブランドを県外で売り出していましたが、立ち上げに深くかかわった杜氏さんの移籍に伴い、そちらは生産終了したようです。  今回いただくのはその限定...

検索フォーム