FC2ブログ

記事一覧

AKABU 赤武 純米吟醸 山田錦

新年度ですね!
きっと今頃、希望に胸を膨らませた新社会人たちが入社式を終え、「これからがんばろう!」なんて思っていることでしょう。すぐに現実を知って絶望することになるとも知らずに・・・
僕はといえば、μ’sのファイナルライブから丸一年が経ってしまったことに愕然としております。
あれから一年、長かったような短かったような・・・なんだか不思議な気分ですね。

ま、そんなことは置いといて今日もお酒を飲んじゃいましょう!


IMG_1885.jpg
IMG_1887.jpgIMG_1886.jpg



AKABU 赤武 純米吟醸 山田錦

岩手県の赤武酒造さん、その盛岡復活蔵で醸されるお酒です。
いつもなら市町村まで書くのですが、僕はこのお酒に関してはこの表現が適していると思います。
日本酒好きの方はご存知かと思いますが、もともと赤武酒造さんの所在地は岩手県沿岸部の大槌町でした。
それが東日本大震災の被害を受け、現在は盛岡市の「復活蔵」にてお酒を造られています。

そんな赤武酒造さんですが主要銘柄は「浜娘」、こちらは岩手県ではかなり名の知れたお酒で、県内のスーパーではよく目にするものですね。
そしてこの「AKABU」は、社長の息子さんにあたる古館龍之介杜氏を中心とした、若手グループで醸される首都圏向けの銘柄のようです。
加茂錦の荷札酒と同様、若手杜氏の酒として最近注目を集めていますね。個人的には荷札酒は優等生、AKABUはスポーツ少年なイメージです。
赤武酒造さんについてもっと知りたい方は、是非インターネットで調べてみてください。きっと僕よりも詳しくわかりやすい説明が見つかると思います。


今回いただくのは兵庫県産山田錦50%精米の純米吟醸、一回火入れのものですね。
今までは吟ぎんがなどの県産米を使用していたAKABUですが、これが初の県外米で醸したお酒のようですね。
AKABUはブログを始める前に一通り飲んでいますが、初の県外米のお酒ということでとても楽しみです。


さて、さっそくいただいてみましょう!
上立ち香はとても華やかでフルーティー。ほのかに南国フルーツを思わせるものです。

チビリと口に含んでみると・・・あ、これ美味いです!
甘味は濃厚ながら優しく柔らかいもの。パイナップルや蜜リンゴを思わせます。
一拍置いて酸味が加わり、じんわりのんびりと甘酸っぱい味わいを楽しめます。
後味は若干の渋味と甘味の余韻が残ります。

また、最初は結構甘く感じましたが、飲み進めていくにつれてバランスの良さが際立ちます。
AKABUは少しやんちゃなイメージがありましたが、このお酒は優しく落ち着いた印象ですね。


杜氏さんが年下だというのが信じられないような、フルーティーながらまとまりのあるお酒でした。
ブログでは初AKABUでしたが、個人的には飲む機会も多く好きなお酒ですし、なにより同世代を応援したい気持ちもあるので、今後もどんどん飲んでいきたいと思います!




↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム