FC2ブログ

記事一覧

小左衛門 DOUBLE貴醸酒

IMG_4476.jpg
IMG_4477.jpgIMG_4478.jpg



小左衛門 DOUBLE貴醸酒

岐阜県瑞浪市の中島醸造さんで醸されるお酒です。
ブログ的には初登場、小左衛門は首都圏においてもそこそこの知名度のある銘柄なのではないかと思います。
小左衛門の他に始祿という銘柄もあるようです。

今回頂くのは小左衛門の少々変わったお酒。
貴醸酒を仕込むときに貴醸酒を使った、再仕込みの貴醸酒です。
酒米は記載されておらず、精米歩合は70%。アルコールは15.5%。
お値段は500mlで2000円(税抜き)、貴醸酒好きとしては手を出しちゃいますよね。
再仕込みの貴醸酒は他銘柄では旭興の千や華鳩のしおりを飲んだことがありますが、どちらも超濃厚で個性的な味わいだったのでとても楽しみです。

さて、それでは早速いただいてみましょう!
上立ち香はあまり感じられず、ほんのりと酸味がかった甘い香り?がする程度。
まぁ香る貴醸酒は少ないですからね。

含んでみると…超濃厚!でも重くはないです。
甘味は非常に強いもの。間違いなく濃厚超甘口。
含んだ瞬間から、蜜柑の蜂蜜漬けを思い起こさせるような、柑橘っぽい甘酸っぱさと独特のコクを伴った魅惑的な甘味が感じられます。
中盤で旨味が膨らみますが、負けじと甘味と酸味も継続。僅かな渋味も加わり、不思議な中盤の味わいです。
この濃厚な味わいは飲み下した後も持続し、終盤は舌先に酸味、舌中に甘味、舌の根にほろ苦さが残ります。
キンキンに冷やした状態であれば話は別だと思いますが、飲み下した後の余韻が非常に長いのは、このお酒の特長と言ってもいいでしょう。

終始濃厚な甘酸っぱさが味わえる、柑橘の蜂蜜漬けのようなお酒でした。
濃厚なお酒ですが、酸が立っているおかげで露骨に重くはないです。貴醸酒が好きな方なら許容できる重さだと思います。
また、濃厚さをいかしてアレンジするのもアリですね。オンザロックやちょっぴり炭酸を足すのも爽やかさが増して面白かったです。定番の貴醸酒アイスは文句なしの相性でしょう。

小左衛門 DOUBLE貴醸酒
中島醸造株式会社(岐阜県)
お気に入り度 8.9/10.0


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム