FC2ブログ

記事一覧

仙禽 さくら OHANAMI うすにごり

IMG_3319.jpg
IMG_3320.jpgIMG_3321.jpg



仙禽 さくら OHANAMI うすにごり

栃木県さくら市の株式会社せんきんさんで醸されるお酒です。
知名度も高く、人気銘柄と言って差し支えないものですよね。
日本酒蔵としてはいち早く原料米のドメーヌ化に踏み切った蔵であり、そこも売りのひとつでしょう。
当ブログでは6回目の登場です。

今回頂くのは今年から登場した「さくら」です。
ドメーヌさくら山田錦を使用し、精米歩合は50%の純米大吟醸相当のお酒。
その無濾過生原酒で薄っすらと滓が残ったうすにごりですね。
僕の中ではせんきんさんのお酒は好きなスペックと苦手なスペックの差が激しく(主に酸のせい)てっを出すには慎重になってしまうのですが、綺麗な瓶の新顔とあって思い切って購入してみました。

さて、それでは早速いただいてみましょう!
上立ち香は薄っすらメロンっぽさのある甘く爽やかな香り。
酒っぽさや粉っぽさは無いですね。

含んでみると…美味い、けど苦いし渋い。
甘味はやや強め、ライチを中心にメロンをブレンドしたような瑞々しさあふれる甘さです。
ジューシーというか、もはや搾りたてのジュースに近い印象の甘味。
酸もやや強め、仙禽としては控えめな方かな?
棘のある酸ではなく、甘味と合わさって可愛らしい甘酸っぱさを演出してくれています。
前半のこの甘酸っぱさは、僕はかなり好きです。
しかし中盤以降、強めの苦渋味が出てきます。それこそ甘酸っぱさよりも前に出てくるような強さです。
この苦渋味は終盤まで持続し、飲み下した後の頭の中にはどうしても苦味と渋味の印象が強く残ってしまいます。

開栓後は初日と比較して苦渋味はかなり落ち着き、バランスが良くなります。
隠れていた中盤以降のスーッとした清涼感を伴った香りも感じられます。
バランス良し、普通に美味いです。ただ甘味も初日より落ち着いてしまっている点が実に残念です。
初日の甘味を維持して、苦渋味をここまで抑えられればそらもう旨い酒になったと思うのですが…。

僕個人の感想としては「実に惜しい」という一言に尽きます。
いや、美味しいんです。美味しいんですが、後一歩ですこぶる自分好みの味だったのに…なんて自己中なことを考えずにはいられないんですよね。
しかしながら、せんきんさんは毎年細かくスペックを変えながら出してきますし今後に期待が持てる味だと思います。
間違いなく「さくら」は来年の僕も購入していることでしょう。

仙禽 さくら OHANAMI うすにごり
株式会社せんきん(栃木県)
お気に入り度 8.7/10.0


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム