FC2ブログ

記事一覧

奥の松 あだたら吟醸

皆既月食は台風の影響で見れなかった地域が多いかと思いますが、夕べは火星の最接近と、天体関連のイベントが続いていますね。
僕も星は好きなのでこういったイベントの際に世間の注目が向くのは嬉しいですね。(ピーク時意外注目されないのは複雑ですが…)
火星の場合は2月ほどは通常よりも明るい状態が続くと思うので、皆さんも気が向いたら夜空を見上げてみてはいかがでしょうか?

では、本日も日本酒を飲んでいきましょう!


IMG_1798.jpg
IMG_1799.jpgIMG_1801.jpgIMG_1800.jpg



奥の松 あだたら吟醸

福島県二本松市の奥の松酒造さんで醸されるお酒です。
郡山の友人に頂いた奥の松の二本目ですね。
今話題のお酒の一つかと思います。

今回頂くのは年間通してスーパーでも手に入る吟醸酒です。
使用米は記載されていませんが、精米歩合は60%の吟醸、火入れ有りのお酒です。
ご存知の方も多いと思いますがこのスペックは、インターナショナル・ワイン・チャレンジ2018にて日本酒部門の最高賞である「チャンピオン・サケ」を受賞したものですね。
この知らせをネットニュースで目にしたときは「奥の松あだたら吟醸が受賞?またモ○ドセレ○ションか」なんて思ったのですが、記事を読んで「はぁ!?IWCトップかよ!」と正直かなり驚きました。
前回同様郡山の友人からの頂き物ですね。
まだ日本酒を飲み始めて間もない、辛口に傾倒していた頃に飲んだ記憶があります。そのときの印象としては可も無く不可も無くといったものでしたが、好みも変わった今となってはどうなるのでしょう。

さて、それでは早速いただいてみましょう!
上立ち香はフローラルな甘い香りにアルコールがやや強めに混ざりあったもの。
冷えた状態ならアルコール臭が抑えられ、きれいな印象です。

含んでみると…うん、ふつうに旨い!
甘味は普通程度の強さ。若干の果実感がありつつ、淡い花のような甘さ。
酸は程々、特別目立つわけではなく裏方的な印象。
旨味の膨らみはピークらしいものも無く、控えめなもの。
終盤はキリリとやや強めの辛味が主張して、スッキリと。
前半の甘味と香り、そして終盤の辛さのギャップがこのお酒の売りなのだと思います。
常温になると、やや旨味と酸味を感じやすくなります。
軽く乳酸っぽさがあり、人によっては常温のほうが刺さるのではないかと思います。

この味のお酒がスーパーで買えるのなら、僕は文句なしだと思いますね。
程よく甘く、キレも良く、冷えた状態では僕の好きな「甘爽やか」なタイプのお酒でした。
数年ぶりにこのスペックを飲みましたが、好みも変わるわけだし飲まず嫌いは良くないと本当に思いました。
今回飲む機会を提供してくれた友人には感謝です。

奥の松 あだたら吟醸
奥の松酒造株式会社(福島県)
お気に入り度 8.5/10.0

↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム