FC2ブログ

記事一覧

結ゆい(むすびゆい) 純米吟醸酒 夏吟風

先日、先輩に連れられておっパブなる場所に初めて行ってきました。
……いやぁ、ああいう世界もあるのですね。
なかなか新鮮な経験をさせていただきましたが、今後自分の意思で行くことは二度とないでしょう。
やはり僕は自分でお金を使うのなら、美味しい肴と美味しいお酒に費やしたいと思ってしまいます。
酒飲みの性ってやつですかね?

さて、それでは今日も酒飲みらしく日本酒を飲んじゃいましょう!


IMG_1253.jpg
IMG_1254.jpgIMG_1255.jpgIMG_1256.jpgIMG_1257.jpg



結ゆい(むすびゆい) 純米吟醸酒 夏吟風

茨城県結城市の結城酒造さんで醸されるお酒です。
この「結ゆい」は酒蔵に嫁入りしてきたお嫁さんが醸す、女性杜氏のお酒として有名です。
蔵元の娘さんが杜氏になることは多いけれど、このパターンは少ないようですね。
「結ゆい」のほかに「富久福」という銘柄もあります。

今回頂くのは夏季限定、吟風使用のお酒です。青い瓶に夏を感じますね。
北海道の酒造好適米である吟風を使用し、精米歩合は50%の純米吟醸酒。
その直汲み生原酒のようです。
吟風のお酒というと、2年ほど前に飲んだ黒龍の純大以来になるかな?
久しぶりなのでちょっと楽しみです。


さて、それでは早速頂いてみましょう!
上立ち香は清涼感を伴った甘い香りがうっすらと感じられます。
あざとく香るわけではありませんが、爽やかで僕は好きです。

含んでみると、夏酒らしく軽やかな味わい。
甘味は軽やかでサラリとしたもの。熟す前のリンゴっぽい印象。
甘味と同じタイミングでフレッシュな酸味が感じられ、それがしばらく持続します。
この酸味がこのお酒の中心となる味わいでしょう。微かに感じるガスも相まって爽やかな印象。
酸味を維持しつつ、舌先に感じた甘味と入れ替わるように旨味が広がります。
後味はキリリとした辛さと若干のアルコール感でスッキリとしたもの。後を引く飲みやすい感じです。


夏らしく軽やかで飲みやすい印象のお酒でした。
僕的にはもう少し甘さが欲しい気もしましたが……夏酒だしこのくらいでいいのかもしれません。
それに、これでも十分好みの範疇。かなり久しぶりでしたが、やはり結ゆいは好きな系統ですね。
今度は看板商品である雄町の純吟でも飲みたいですね。


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

スポンサーサイト



コメント

No title

どうもです。
まずは「おっパブ」デビュー、おめでとうございます(笑)
ブログ冒頭から刺激的なキーワードで攻めてきましたね。

僕はもうずっと行ってませんが、まぁアレはあれで嫌いじゃない
ですけどね・・・(決して好きなわけではありませんよ!)
でも日本酒と一緒で人それぞれスペックが違って個性ありますけど。
(なに言ってんだ・・・)

この流れから、お店の娘の源氏名が「結」でした。っていうオチを
期待しましたが、さすがにそこまでは欲しがりましたね(笑)

でもご自身の意志では行かれないとの事なので、今後は
このジャンルで散財することは無さそうですね。

では、健全な日本酒ライフを送りましょう!
良い晩酌を。

No title

おっと、結ですね。
一緒に茨城にバスツアーに行きたかったです。
私が伺った蔵の中でも一番こじんまりしていました。(基本ご夫婦だけて行っていると言ってました…)
結シリーズはお米違いでM310酵母ですから、
すんさんなら雄町で無くとも、おおよその感じはつかめるのではないでしょうか?
直汲み形態も絞り出したら付きっきりで瓶詰めしなくてはならない状況(したがって詰めたら直ぐに販売店に並びます)と色々な諸事情が有ります…
と、言う事で結シリーズは思い入れが大変強いのでどうか可愛いがってください。

Re: No title

P太郎さん
どうもです、コメントありがとうございます!

「おっ、P太郎さんからのコメントだ」と思い開いてみたら、ほとんど日本酒に対する言及が無いじゃないですか(笑)
この食いつきよう……本当は好きなんじゃないですかぁ?

とはいえ、あの手のお店が嫌いだという男は少ないですよね。
僕も自腹で行く気にはなりませんが、連れて行ってもらえるのであれば喜んで付いていきます(笑)
仕方ないですよね、男ってそういう生き物ですから。

では、よい晩酌を。

Re: No title

佐藤清人さん
どうもです、コメントありがとうございます!

ようやく結の登場となりました。ブログ的には茨城酒も初でしたね。
バスツアーは興味はあったのですが、さすがに時間的に厳しかったですね。仕事柄早朝は強いのですが、やはり夕方以降は弱いですから。
結シリーズはブログ開始前に飲んでおり(記録によると赤とピンク)、ぼんやりとイメージは残ってます。
ただ吟風は思ったよりも酸味中心の爽やか系だったので驚きました。もう少し甘味が立つと予測していたものですから。
小山商店さんの4合瓶コーナーでも結構な頻度で出会えるので、佐藤さんのお勧めでもありますし今後は積極的に飲んでいこうかと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム