FC2ブログ

記事一覧

沢の鶴 X01 純米大吟醸 +清水に行ってきました

ゴールデンウィークですね!
みなさん、祝日を満喫されていますか?

僕は昨日は清水に遊びに行ったのですが…その話は後半にするとして、とりあえずお酒を飲んじゃいましょう!


IMG_1101.jpg
IMG_1102.jpgIMG_1100.jpgIMG_1103.jpgIMG_1104.jpgIMG_1105.jpg



沢の鶴 X01 純米大吟醸

兵庫県神戸市の沢の鶴株式会社さんで醸されるお酒です。
「沢の鶴」といえばスーパーや居酒屋で見かけることも多いですよね。
歴史ある灘の酒造メーカーのひとつですね。

今回頂くのはそんな沢の鶴の一風変わったお酒。
機械メーカーの「ヤンマー」と共同で酒米の開発から取り組んだお酒のようです。
新たに生み出された酒米の詳細は公開されていませんが、山田錦と比較して胴割れが少なく、たんぱく質の含量を少なく、硬さがあって醪で溶けにくいお米のようです。(詳しいことは公式HPをご覧ください)
そのお米を50%磨きで造った純米大吟醸ですね。
180ml詰めで4000本限定の生産とのことなので、結構な少量仕込みのようです。

そして、このお酒の特筆すべき点といえば、やはりその値段ですね。
なんと180mlで1500円!(税抜き)
すっごく高いです!もちろん今まで飲んだお酒の中で一升あたりの値段なら最高値ですね。
これは頂き物なので自分の懐は痛みませんが……


さて、それでは早速頂いてみましょう!
上立ち香はうっすらとカプエチ系の香りが感じられます。
さらりとしていてやや水っぽい印象。

含んでみると、なんだか全体的に味が薄い感じです。
甘味はやや弱め~普通といった程度。やはり軽く、水っぽさも感じられるもの。
その後から軽い辛味と薄い苦味(強い弱いではなく薄い)がやってきます。
中盤には僅かな苦味を残して、他の味は減衰し、それこそ水のような印象。
後味も最低限の香りと味が残るだけの、味気ないものです。

不味くはない、でも美味しくない。って感じのお酒でした。
僕はどんなお酒にもファンはいるし悪く書くことはしないようにしようと常々思っていますが、価格やらスペックやら味を考えると今回はちょっと擁護できませんね。
今後、この酒米を使用して別のお酒が造られることもあるかもしれません。僕はそちらに期待したいと思います。



さて、ここからは冒頭の続きで清水に行ってきたお話しです。

午前六時ごろ家を出て本を読みながらのんびり鈍行列車で清水に向かいました。
連休に天気が良い事も相まって、電車の中には登山装備の方が多く見受けられましたね。

IMG_1084.jpg


そんなこんなで約4時間後、清水駅に到着。
本当は静岡の鈴木酒店さんにも行く予定だったのですが、荷物の都合で断念。
次に静岡に行くときにはしっかり萌酒を買って帰りたいです。

IMG_1085.jpgIMG_1088.jpg


清水で下車した後は、水上バスでドリームプラザまで移動。
この水上バスは初めて乗ったのですが、やっぱショボイですね(笑)
でも海の上から富士山や三保半島を見ることができて、ちょっぴり懐かしい気持ちになりました。

IMG_1106.jpg
IMG_1095.jpgIMG_1096.jpg


そしてドリームプラザでは篠田酒店さんでお買い物。
その後、河岸の市に戻って軽く魚を見てから、サプライズで会いに来てくれた昔のバイト仲間と飲んでました。
ここからは頂いたおつまみをグルメブログ風にご紹介…

お刺身盛り合わせ
IMG_1093.jpg
石垣島産本鮪、長崎産ヒラメ、ニュージーランド産ミナミマグロ、千葉産アジ、石川産イワシ(向かって左から順)
鮪の食べ比べが面白い。脂は薄いが赤身の味は石垣島本鮪のほうが断然上。


ミナミマグロ刺身
IMG_1094.jpg
「これでも食ってろ」と出されたもの。ニュージーのミナミマグロのカマ下の脂と、腹上の天身だったと思います。
魚体が小さめのためか、見た目以上にサラリとした脂で食べやすかったです。


握り寿司
IMG_1098.jpgIMG_1099.jpg
写真は石垣島産本鮪と北海道橘水産のウニ。
他にもコハダとかアナゴとか食べたけど、酔っ払ってたからか写真撮ってませんね。
頂いたお酒は大信州の手の内と花泉の辛口本醸造でした。

そんな感じでたっぷり6時間ほど飲んで、静岡から新幹線に乗って帰宅。
また連休があれば、のんびり静岡に遊びに行きたいですね。


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

スポンサーサイト



コメント

No title

どうもです。

清水記事拝見しました。
当日の静岡は風が強かったですが、天気も良くて
暑いくらいでしたよね。

水上バス、僕も乗ったことがないですよ。
って言うか、そんなんあったんですね(笑)

しかし相変わらず刺身のレベルが高いですね!
すごく美味しそうです!河岸の市って特別なのかな?
それとも写真の撮り方が抜群に上手いのか・・・(笑)
にしても6時間飲むって凄いですね!
帰り大丈夫でしたか?

僕は先週の水、木、金と仕事関係の飲み会が続いたので
GW前半は、家飲みはすこし抑え目にしていました。
後半のGWはようやくのんびりお酒が飲めそうです。

篠田酒店調達のお酒の記事も楽しみにしていますね。
では、良い晩酌を。

Re: No title

P太郎さん
どうもです!コメントありがとうございます!

清水行ってきました!
ほんと日曜日は暑いくらいでしたね。歩くと汗ばむ陽気でした。
本当は静岡駅近辺もめぐりたかったのですが今回はやむなしですね。

清水の水上バスは清水港(河岸の市)~日の出(ドリプラ)~三保(東海大水族館)を結んでいます。存在は知っていたのですが今まで乗ったことは無かったですね。
風が強く海が荒れていることを期待して乗ったのですが、やはり閉鎖的環境の内海ではあの程度の風では全然時化ず面白く無かったです。
僕的には船の面白さが皆無ですが、短時間の船旅を体験できるという点ではアリかもしれません。興味があれば是非!

今回の刺身はお店のものですが、ここのお店はレベル高いですよ!魚に関して僕が最も信頼しているお店のひとつです。
ただ、河岸の市も所詮は観光市場ですから、まともではないお店の方が多いです。河岸の市をはじめ、観光地でお食事をされる際には十分にお店を吟味することをお勧めします。
帰りは若干ふら付きながらも寝過ごすことも無く、無事に帰宅できました。
…家に着いて5分後には寝てましたが(笑)

仕事関係の飲みというのは僕らのような人間にとっては悩ましいものですよね。
どうしても外飲みが増えたり予定があったりすると、家ではなかなか自由に飲めなくなってしまいますからね。
ですが、後半はのんびり飲めそうとのことなので、存分に羽を伸ばしてくださいね。

篠田では「あのお酒」を買ってきました。我慢できずに一昨日開栓してしまったので、これから残りを飲みながら記事を書く予定です。
では、よい晩酌を。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム