FC2ブログ

記事一覧

澪 WHITE うすにごり

突然ですが、僕は年齢の割りに会社では「いいポジション」で仕事をしていたりします。
僕自身はその役職に関しては経緯も含め不満が多いのですが……周りから見たらそうは見えないのかもしれませんね。
先日会社の人間と飲んだ際には、「お前は良い立場なのに…」とか「俺がお前の立場なら…」とか他の課の先輩方に言われてしまいました。
こういったことがあるから、会社の飲み会って嫌いなんですよね。
中には本当に応援してくれている人もいますし、向こうに悪気は無いのかもしれませんけど。

なんて愚痴りつつも、今日もお酒を飲みたいと思います。


IMG_1041.jpg
IMG_1042.jpgIMG_1043.jpg



澪 WHITE うすにごり

京都府京都市の宝酒造さんで醸されるお酒です。
宝酒造さんといえば、「松竹梅」や「宝焼酎」で有名な超大手の酒造メーカーさんですね。
前回のギンパックと一緒にスーパーで購入してみました。
「たまには自分らしくないことをやれ!」の延長戦ですね。

今回頂くのは松竹梅ブランドより発売されているスパークリング日本酒「澪」のうすにごりです。
澪シリーズは確か炭酸ガスを添加するタイプだったと思います。
特定名称や精米歩合等の記載はありませんが、一応純米っぽいですね。
HPによると日本酒度は-85と結構な数値のようです。
澪には通常verの他に、甘さ控えめの「DRY」、そしてこの「WHITE」があります。
「澪」といえば2011年より発売され、スパークリング日本酒が市民権を得るのに一役買ったお酒であると記憶しています。
発売当初に通常品を飲んだ記憶があるのですが、当時の僕は辛口に傾倒しており「こんな甘ったるいもん飲めるか!」と一蹴したものです。
そのときと今では好みも全く変わっているので、試しに飲んでみようかと思い購入してみました。


さて、それでは早速頂いてみましょう♪
上立ち香は甘酸っぱい香りが微かに感じられます。
いわゆる香るタイプのお酒ではありませんね。

含んでみると甘味と酸味がしっかりと感じられますね。
甘味はかなり強く、単品で見れば起伏の無いややのっぺりとした印象。
それを甘味に負けない強めの酸、さらには炭酸でスッキリとさせています。
薄にごりではありますが、滓の苦味やまろやかさが特別感じられるわけではなく、あくまで雰囲気作りといった感じでしょうか。
終始甘酸っぱく、日本酒感は皆無、低アルコールでチューハイ感覚で飲めてしまうお酒ですね。


これならお酒を飲み始めたばかりの大学生や、日本酒が苦手な女性でも抵抗無く飲めることでしょう。
個人的にはチューハイと変わらないような気もしますが、こういったお酒から日本酒に入る人も多いのではないかと思います。


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

スポンサーサイト



コメント

No title

どうもです。

澪ですか。懐かしいなぁ。
僕は何年か前に会社の同僚の結婚式に呼ばれた際に乾杯酒で飲んだのが
澪との初めての出会いでしたね。(言い回しが少しヤラシイ感じ(笑))

まだ日本酒飲みになる前だったので、へぇ~コレ日本酒なんだぁくらい
印象でしたけど。炭酸ガスを入れてるので、スパークリングだけど常温
保存できるところがお手軽でいいんでしょうね。

すんさんは会社では「いいポジション」にいるのですね。
それは素晴らしいことですよ。なりたくてもなれない人もいますから。

でも周りの妬みって尽きることは無く、隣の芝生は青く見えるもの
ですからね。そういう輩はこちらの苦労も知らずに好き勝手に言う
だけですから。俺ならこうする・・・とか、もう決め台詞ですよ。
仮に立場が入れ替わっても、すんさんを超えることは無いですね。

僕は長年人事をやってきたので色々とみてきましたが、役職って
決して、実力=ポストではない側面もあり、時には運が味方する
こともあります。でも僕の経験上では、実力がある人は不思議と
運にも恵まれている人が多いですよ。正確に言うと運をも実力で
引き寄せてるって表現があっているかもしれませんが。

人間関係って簡単なものではないので、これからもいろいろとある
かと思いますが、すんさんの実力で周りを黙らしちゃいましょう!
僕もすんさんを応援してますよ!

長々とすみません・・・熱くなっちゃいました(笑)
では、良い晩酌を。

Re: No title

P太郎さん

どうもです!コメントありがとうございます。
澪ちゃんとの馴れ初め、ご馳走様です(笑)
やはり同じお酒であっても、出会いも感じ方も人それぞれですよね。
その頃は日本酒のみではなかったとのことですが、それまではビールやワインだったのかな・

お仕事に関しては、全く持ってP太郎さんの言うとおりですね。
実際、かなり運と偶然が重なってこのポストに就くことになってしまったので、周りから見れば思うこともあるのでしょう。
今の自分に十分な実力があるとは思ってはいませんが、スキルも知識も努力次第ですのでとりあえず頑張ってみようと思っています。

応援していただきありがとうございます、嬉しいです。
では、P太郎さんもよい晩酌を。

No title

どうもです。

僕は日本酒飲みになる前は、普通にカクテルとかチューハイ、ビールから
アルコールを憶え、そこから少しウイスキーに傾倒し焼酎を経て日本酒に
いきつきました。でも、ここから結構ワインとか行く人多いですよね。
(おそらく僕はそうならないと思いますが・・・)

「運と偶然が重なってこのポスト」ですか。
じつは僕も似たようなものです(笑)

最初の配属先が本社だったり、途中で直属の先輩や上司が辞めてしまって
ショートカット的にお鉢が回ってきたりして、結果いまのポストに就けて
います。まぁ「ごっつあんです!」みたいな部分も正直あります。いや、
そういう部分の方が大きいかも・・・(汗)

自分で言うのもなんですが・・・そういう自己能力には関係ない要素も
揃わなければ、年齢を超えて上に行くには限界がありますからね。
座っちまえばこっちのもんですよ。その変わり成果は求められますけど。

ただ僕がひとつ気をつけていることは、例え上にあがったとしても自分が
偉いわけではなく、そのポストが偉いんだと常々思うようにしています。
あと、ポストが人を造ることもありますからね。

たまに上にあがると、それを勘違いして急に変わってしまう人とか結構
みてきましたが、大抵そういう人はそこが頭打ちですね。

ではでは。お互い頑張りましょう!

Re: No title

P太郎さん
どうもです!コメントありがとうございます

やはりみんな同じような覚え方をするのですね。僕も同じような流れでした。
ワインに流れないだろうというのも同感です。正直、味とか銘柄もわかりませんし(笑)

それから会社での流れも似てるんですよね。
僕も入社時に配属されるはずだった場所が変わり、上司や先輩が辞めてアレヨアレヨと現在の立ち位置になってしまいました。
僕は「うわ、マジか…」といった心境でしたが(笑)

偉さを履き違えないようにしなくてはならないとは僕も思っています。
ですが仕事を上手くこなすためにも大口を叩かなくてはいかない場面も増えてきたりして、丁度いいバランスがなかなか難しいんですよね。
決して横暴になってはいけないし、かといって舐められる訳にもいかない。今でも試行錯誤中です。

P太郎さんも色々苦労されてると思いますが、負けずにお互い頑張っていきましょう!

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム