FC2ブログ

記事一覧

菊正宗 しぼりたてギンパック

「たまには自分らしくないことをやれ!」
数年前に放送された「ギルティクラウン」というアニメの第一話で主人公が言ったセリフです。
僕はそのアニメが特別好きだったわけではないのですが、どういうわけかこのセリフだけは頭に残っているんですよね。
頭に残る物語のセリフであったり、歌の歌詞であったり、そういうものが人の行動に影響を及ぼすことは少なくないのではないかと思います。

そんなわけで、今日は少々自分らしくないことをしてみましょうか。


IMG_1005.jpg
IMG_1006.jpgIMG_1007.jpgIMG_1008.jpg



菊正宗 しぼりたてギンパック

兵庫県神戸市の菊正宗酒造さんで醸されるお酒です。
神戸市の下の住所は東灘区、先日紹介した琥泉同様灘の酒ですね。

「菊正宗」といえば日本全国のスーパーでも多く売られている、いわゆる大手酒造メーカーさんですね。
普段はスーパーで日本酒を購入することはほとんど無いのですが、かれこれ数年ぶりにスーパーで日本酒を購入しました。

そんなわけで今回頂くのはスーパーで購入した菊正宗のカップ酒です。
カプロン酸エチルを多く生成するキクマサHA14酵母を使用して造られたお酒です。
アル添で、火入れは一回の生貯蔵酒。特定名称等は記載されていません。
さて、この「ギンパック」ですが、発売当初は日本酒好きの間ではそこそこ話題になった商品だと思います。
公式HPを見ていただけるとわかりますが、キャッチコピーは「かつてない香りと味わい」、比較対象は大吟醸と、かなり強気な売り出し方。
他のブログ様やネットでの口コミでも賛否両論といった感じでした。
実は気になりつつも購入する勇気がなかったのですが、カップのものを見つけたため飲んでみることにしました。


さて、それでは早速頂いてみましょう♪
上立ち香は甘くフルーティーな香りがやや強めに感じられます。
リンゴにメロンとパインを追加したようなカプエチ系の香りです。強さの割りに軽く感じます。

含むとサラリとした甘味がありますね。
上白糖を溶かし込んだ水にメロンっぽい果実感が加わった感じ。
甘味の強弱の差はありますが、炭酸の抜けたサイダーみたいな印象です。
その後で若干の渋味、それから辛さがやってきますね。
後半は軽い甘さを残しつつ辛味でスッキリとした感じ。
酸とフレッシュさもほどほどに感じられ、バランスは悪くないかと。


賛否両論あるお酒ですが、アリなのではないかと僕は思います。
やや不自然に思う部分もあるのですが、少なくとも露骨に甘かったり、おかしい渋味や辛味があったりする他のパック酒のイメージとはかけ離れた味であることは確かです。
僕が仮にまともな酒屋さんのない場所で暮らすことになったとしたら、スーパーで手軽に購入できるこのお酒は間違いなく選択肢のひとつになるでしょう。
たまには自分らしくないことをやってみるのも悪くないものですね。


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム