三連星 純米吟醸 滋賀渡舟六号 平成二十四酒造年度産熟成酒

滋賀の日本酒
09 /04 2017
電子書籍って便利ですよね!以前は僕も「本はやっぱり紙でなくちゃ!」と思っていたのですが、使ってみて考えを改めました。
仕事の合間に携帯で活字が読めるなんて、とても素晴らしいですよね!就職してから時間が無くて読めずにいた作品も、隙間時間で楽しめちゃいます。
そんな感じで、久しぶりの読書に胸躍っている今日この頃。最近読んだ中では貴志祐介さんの「雀蜂」、米澤穂信さんの「ボトルネック」、それから赤城大空さんの「二度目の夏、二度と会えない君」が面白いと感じました。

さて、そんな電子書籍でも読みながら、秋の夜長(?)にお酒を楽しみましょうか。


IMG_2403.jpg
IMG_2404.jpgIMG_2405.jpgIMG_2406.jpg



三連星 純米吟醸 滋賀渡舟六号 平成二十四酒造年度産熟成酒

滋賀県甲賀市の美冨久酒造さんで醸されるお酒です。
ブログ的には2度目の登場で、自分の中で密かに気になっている銘柄です。

今回頂くのは、三連星ブランドの十周年として発売された熟成酒です。
滋賀渡舟六号を55%で醸した純米吟醸酒で、このあたりは以前飲んだ純吟おりがらみと同様ですね。
それを氷温で5年間熟成し、瓶詰め時に火入れした、生詰めのお酒になるようですね。
ラベルはとってもカッコよくまるでロボットアニメに出てくるエースパイロットのエンブレムのようです。
そして裏ラベルには相変わらず宇宙世紀っぽい文章も・・・このあたりはブレませんね(笑)


さて、それでは早速頂いてみましょう♪
上立ち香は甘い果実香に微かに熟成香っぽいのが混ざった感じ。想像していたよりも飲みやすそうな香りです。

チビリと口に含んでみると・・・おっ、飲みやすいです!
含んだ瞬間から感じられるふくよかな甘味が心地良いですね・・・とても落ち着いていて包容力のある甘味です。
酸味や辛味、それからフレッシュさはあまり感じられず、代わりに感じられるのはおそらく熟成によって生まれた程よい旨味です。
上立ち香、そこまで熟成感が主張してくるわけではなく、甘旨口の日本酒としてバランスよくまとまっています。
程よい熟成で僕は好みですが、普段から古酒を飲まれているような方には物足りなく感じられるかもしれませんね。

せっかくの熟成酒なんで燗もいってみましょうか。今日は涼しいし絶好の燗酒日和ですもんね。
香りはほぼアルコール、ほんのり甘さ有りといった感じ。
含むとなかなかどうして軽やかじゃありませんか!
ほんのり甘く、思いのほかクリアで飲みやすいです。
そして飲み下すときに喉の奥に感じられる、独特の甘さと香り・・・どこかで感じたことあるけど思い出せない!なんだかモヤモヤします。でも好き!

冷やしても、お燗でも飲み手を選ばない万能系熟成酒だと思います。
僕みたいな塾生酒初心者にはうってつけのお酒かもしれませんね。
純吟おりがらみも今回のお酒も好きな味だったので、今後は飲む機会が増えていきそうですね・・・


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

すん

20代後半のオタク会社員。

好きなお酒は花陽浴や正雪など・・・
好きなアニメはラブライブ!や機動戦艦ナデシコなど・・・