木戸泉 秘蔵古酒十年 純米原酒

千葉の日本酒
08 /03 2017
8月ですね!
今月はお盆休みもありますし、親父からも「盆くらいは帰ってこい」と言われてますし、実家に顔を出さなきゃなりません。
大学進学と同時に家を出ているので、実家って少し苦手なんですよね・・・なんだか自分の居場所がない気がするんです。
両親と不仲な訳でもないですし、弟や妹も可愛いのですが・・・ちょっぴり憂鬱だったりします。

・・・ま、そんなことは置いといて、とりあえずお酒でも飲んじゃいましょうか!


IMG_2315.jpg
IMG_2316.jpgIMG_2317.jpgIMG_2318.jpg



木戸泉 秘蔵古酒十年 純米原酒

千葉県いすみ市の木戸泉酒造さんで醸されるお酒です。
このお酒も、前回と同様に蔵元直売所で購入しました。
一度会計を済ませた時に後輩が「古酒も買いましょうよ、綺麗だしインテリアにいいじゃないですか」とか言い出したんです。
彼が見ていたのは様々な年数の古酒がセットになったもので結構なお値段・・・
「さすがに高くて買えないよ、それに酒はインテリアじゃなくて飲むもんだ」と返したところで蔵のお姉さんから「ちっちゃいの単品売りもできますよ。良ければ一通り試飲しますか?」との提案が・・・その提案に飛びついたのは言うまでもありません。

今回頂くのは試飲させていただいた古酒の中で、もっとも気に入った十年ものです。
ベースとなったのは兵庫県産山田錦60%精米の純米原酒。
それを2回火入れ、一升瓶にて常温熟成させたもののようです。
純米原酒は蔵元HPでも「純米原酒は熟成させてこそ真価を発揮します。」と書かれており、おそらく熟成向きに造られているお酒なのでしょう。
熟成前のものも試飲させていただきましたが、力強くガツンとくる味でしたね。


さて、それでは早速頂いてみましょう♪
上立ち香は濃厚な甘いもの。洋酒っぽいですね、ナッツとかカラメルとか・・・そんな感じ。

チビリと口に含んでみると・・・甘く深い味わいです。
単純に「味」で言えば、やはりメインになるのは甘味でしょう。とろりとまろやかで濃厚な甘味を強めに感じます。
しかし、さすが古酒とでも言うべきでしょうか、やはりただ甘いだけの味わいではありません。
上手く表現できないのですが、苦味の強いカラメルを加えたバーボンを紹興酒で割って、一瞬だけ蜂蜜が混ざったような・・・よくわかりませんが魅惑的な味わいがあります。
それでいて、日本酒らしさも残っていて・・・僕自身古酒初心者ですが、入門編としては良いお酒な気がします。


古酒はあまり飲んだ経験が無いのですが、美味しいお酒でした。
僕的にはこのくらいが日本酒感と熟成を両方味わえて良いと思うんですよね。
これ以上のものだと、正直「洋酒とか紹興酒を飲めばいいじゃん」って思ってしまいます。
とはいえ、経験は人生において重要なものです。機会があればまた古酒チャレンジしてみたいですね。

次回も木戸泉、試飲で一番気に入ったお酒の予定です。


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

すん

20代後半のオタク会社員。

好きなお酒は花陽浴や正雪など・・・
好きなアニメはラブライブ!や機動戦艦ナデシコなど・・・