FC2ブログ

記事一覧

十四代 純米大吟醸 超特選 播州山田錦

先日、飲み会で酔いつぶれた後輩を介抱しながらなんとなく「僕も年をとったなぁ」と感じてしまいました。
今では無理やり飲まされることもなくなりましたし、後輩が潰れても連れ帰れるように飲む量も自然と抑えるようになったんですよね。
みんなこうやって大人になっていくんだな・・・と、濡れタオルで後輩の顔を拭きながら思いましたね。

でも、一人のときは思う存分飲みますよ?だって誰にも迷惑かかりませんからね!
そんなわけで、今日も日本酒を飲んじゃいましょう!


IMG_2275.jpg
IMG_2276.jpgIMG_2277.jpgIMG_2278.jpg




十四代 純米大吟醸 超特選 播州山田錦

山形県村山市の高木酒造さんで醸されるお酒です。
日本酒好きなら知らない人はいないであろう、超有名銘柄ですね。
気がつけばブログにも3度目の登場、今年は定期的に飲めていて嬉しい限りです。

今回頂くのはそんな十四代の純米大吟醸、超特選です。
兵庫県特A山田錦35%精米、一回火入れのお酒ですね。
精米歩合は龍泉と同じ、値段は山田錦の大吟醸や七垂二十貫と同じですね。


さて、それでは早速頂いてみましょう♪
上立ち香はほんのり甘く穏やかなもの。

チビリと口に含んでみると・・・うん、やっぱり美味しい!
味わいの主役はとても綺麗でお上品な甘味。シルクのように滑らかで、春の日差しのように穏やかです。
それから若いメロンのような味もほんのりと感じられます。
後味にも苦味や渋味はほとんど感じられず、過剰なキレも感じさせず、驚くほど自然に口から消えていきます。
この引き際には「さすがだなぁ」と思ってしまいましたね。
温度が上がると、甘味がより柔らかく感じられ、僕的には常温に近いほうが好みでした。

僕のような若造には勿体無いような、お上品で高級感のあるとても美味しいお酒でした。
十四代を飲むたびに思いますが、奥ゆかしく清楚な女性といった印象を受けるんですよね。とても好みのタイプです。
「十四代なんて高いだけで美味しくない」という人もいますが、僕は定価であればまず損は無い銘柄だと思います。
定価でも高い買い物でしたが、それでも買ってよかったと思える味でした。
冷蔵庫には七垂二十貫も入っているので、飲むのはまだ先ですが今から楽しみです。



↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム