山崎醸 夢吟香 DREAM 純米大吟醸 生原酒

愛知の日本酒
02 /28 2018
ちょっと前まで覚えていたはずなのに、どわすれしちゃうことってありますよね?
実は今現在僕はそんな状態でして・・・前置きで何を書こうとしてたか思い出せないんです。
それもこれも記事を書く前にアニメを見てしまったのがいけませんね・・・それまでは覚えていたことをすっかり忘れてしまいました。
見てたのは「りゅうおうのおしごと!」です。可愛いキャラとコミカルな描写、熱い展開もあって面白いです。

アイデアはちゃんとメモしておくべきだなとひとつ学習しつつ、今日も日本酒を飲んじゃいましょう!


IMG_0810.jpg
IMG_0811.jpgIMG_0813.jpgIMG_0812.jpg



山崎醸 夢吟香 DREAM 純米大吟醸 生原酒

愛知県西尾市の山崎合資会社さんで醸されるお酒です。
ブログ的には初登場になる愛知県のお酒。
山崎醸という銘柄も初飲みだと思います。

今回頂くのは、愛知県の酒米である夢吟香を使った純米大吟醸。
夢吟香はかなり新しい品種のお米で、栽培されるようになったのはここ数年のことなんだとか。
高度精白が可能で吟醸酒に向いた酒米のようですね。
その愛知県産夢吟香を使用し、精米歩合は50%の純米大吟醸、生原酒なお酒です。
目を惹く色使いのラベルには渡り蝶として有名なアサギマダラが描かれています。
僕的にはアサギマダラをラベルに描くのであれば、赤ではなく青を使ってほしかったなと思います。

さて、それでは早速頂いてみましょう!
上立ち香は結構華やか。
リンゴとパインの中間といった感じの甘く熟した果実香です。

チビリと口に含んでみると・・・綺麗な中に一癖ありますね。
含んですぐに感じられる甘味はやや強め、上立ち香の印象どおり果実感のある華やかなものです。
甘味に寄り添う酸味は下支えといった感じ、この時点ではあまり目立ちません。
中盤で独特のコクのある旨味が広がります。初日に関してはこのタイミングで若干刺々しい感じもありました。
後味は酸が膨らみ、若干の甘さと旨味の余韻を残しつつ口から消えていきます。
二日目以降は初日に感じた刺々しさが弱くなり、ややマイルドな味わいに。
それでも中盤の個性は維持できているので、僕は二日目以降のほうが好きでしたね。

流行の味っぽいのにちょっぴり癖のある、面白いお酒でした。
山崎醸の通常品も機会があったら飲んでみたいですね。


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

スポンサーサイト

十四代 角新 中取り純米 無濾過本生

山形の日本酒
02 /25 2018
昨日は会社の新年会でした!
2月も末だというのにいまさら新年会なんて、遅すぎますよね。
でも僕らの業界ではこの時期に新年会をやるところが多いらしいです。
新年会自体は平和に終わり、先輩に連れられて二次会やら三次会やら・・・気付けば帰宅したのは午前3時でした。
疲れましたけど、たまにはこういった飲みも悪くはありませんね。

さて、今日は一人でのんびりと、昨日はあまり飲めなかった日本酒を飲んじゃいましょう!


IMG_0799.jpg
IMG_0800.jpgIMG_0801.jpgIMG_0802.jpgIMG_0803.jpg



十四代 角新 中取り純米 無濾過本生

山形県村山市の高木酒造さんで醸されるお酒です。
念願の一升瓶+生酒の十四代ですね!
十四代を一升瓶で家飲みするのは一昨年の純吟白鶴錦以来だったかと思います。

今回頂くのは生の純米酒。
精米歩合は55%、調べたところ使用米は美山錦のようです。
ラベルには赤い四角に「新」の文字が入っていて、「角新」と呼ばれる新酒の時期限定の生酒です。
角新にはこの純米の他に、本醸造の本丸、純米吟醸、大吟醸がありますね。


さて、それでは早速頂いてみましょう!
上立ち香は軽い酸を纏ったメロンのような甘い香り。

チビリと口に含んでみると・・・きれいな甘さが良いですね!
甘味は上立ち香と同様にメロンを思わせるものがやや強めに感じられます。
そこに若いリンゴのような酸味が加わり、まさに「フレッシュでジューシー」なんて表現が似合う味ですね。
中盤以降は濾過したメロン果汁といった印象、ある程度の甘さと果実感が雑味無く持続します。
後味に極僅かな渋味があるものの、余韻まで含め魅惑的な甘さと果実感が楽しめます。
開栓後は酸が弱くなりリンゴっぽさは薄くなります。
そのため甘味が立ち、よりメロン感が出てきますね。

フルーツパーラーで生絞りのジュースを飲んだような感覚を得られるお酒でした。
定価での購入でしたら、お値段以上の満足感があるお酒かと。
また機会があればこうして生のお酒を一升抱えて飲みたいですね。


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

天覧山 大吟醸

埼玉の日本酒
02 /22 2018
2月22日ですね、にゃんにゃんにゃんでネコの日です。
ネコって可愛いですよね。
僕もネコは大好きなのですが、ネコアレルギーなのであまり触ったりできないのです。

いつかネコを膝に乗せながらお酒が飲みたいな・・・なんて妄想しつつ、今日も日本酒を飲んじゃいましょう!


IMG_0794.jpg
IMG_0795.jpgIMG_0796.jpgIMG_0797.jpgIMG_0733.jpg



天覧山 大吟醸

埼玉県飯能市の五十嵐酒造さんで醸されるお酒です。
五十嵐酒造さんでは通常銘柄の「天覧山」と限定品の「五十嵐」の2つの銘柄があります。
首都圏の酒飲みの方には五十嵐の方が有名かもしれません。
僕も五十嵐は飲んだ覚えがありますが、天覧山は初飲みです。

今回頂くのはそんな天覧山の大吟醸です。
使用米は兵庫県産の山田錦、精米歩合は50%、アル添のお酒ですね。
五十嵐酒造さんの酒蔵見学にお誘い頂き、その際に購入しました。

さて、それでは早速頂いてみましょう!
上立ち香は清涼感のある華やかなもの。
しっかり香るけれど軽やかな感じですね。

チビリと口に含んでみると・・・淡い味わいですね。
甘味は含んですぐに軽く感じられる程度、かなりサラリとしています。
酸や少なく、甘味の後に感じられるのは弱めの旨味と若干の苦味です。
飲み下す時にはそれらの味も減衰し、それこそ水のような感じ。
まさに淡麗といった味わいですね。

とてもサラリとした、飲みやすいお酒でした。
合わせるならば刺身か薄味の煮物・・・多分和食系と相性が良いですね。
単体で飲むには味気ないけど、食中酒としては適しているのではないかと思います。


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

神渡 純米吟醸 PETIKKANT

長野の日本酒
02 /18 2018
冷蔵庫にこれ以上入らない!でもこのお酒も飲んでみたい!
そんな時、小容量の瓶というのは実にありがたいものです。
ちょっとした隙間にも入りますし、飲み足りないときにも気軽に開けられます。
また、いつでも開けたてが楽しめるのでスパークリングなんかには適していますよね。
小容量瓶には一升瓶なんかとは違った魅力があるのです。
僕はもっと小容量の日本酒が増えればいいと思うのですが、やはりコストの問題もあるので難しいかもしれませんね。

さて、そんなわけで本日は冷蔵庫の隙間に入れておいた小容量のお酒を飲んじゃおうと思います。


IMG_0767.jpg
IMG_0768.jpgIMG_0771.jpgIMG_0770.jpg



神渡 純米吟醸 PETIKKANT

長野県岡谷市の株式会社豊島屋さんで醸されるお酒です。
豊島屋さんは「豊香」という銘柄も造っていて、首都圏ではそちらの方が有名かもしれませんね。
地元ではこの「神渡」ブランドの方が有名なんだとか。

今回頂くのはそんな神渡の純米吟醸。
なんでもパリの三ツ星レストランで採用されたお酒らしいです。
長野県産米を使用し、精米歩合は長野酒らしく59%。
PETIKKANTはフランス語で微発泡を意味するようで、裏の説明文にもあるようにそこがこのお酒の売りのひとつなのでしょう。

さて、それでは早速頂いてみましょう!
上立ち香は軽いアルコール感と甘い香りが合わさったもの。
清涼感のある香りです。

チビリと口に含んでみると・・・うーん、良くも悪くも普通です。
甘さは軽やかながら程よい強さ。淡い果実感もあります。
酸も甘みと釣り合いが取れた強さのものでバランスが良いですね。
前半には苦味や渋味は少なく綺麗な印象。飲み下すときにちょっぴり顔を出しますが、悪目立ちするほどではありません。
普通に美味しいのですが・・・売りであったはずのガスが無いんですよね。
いや、あるにはあるのですが普通の生酒と同程度。最近飲んだ中では花陽浴純大山田錦と同じくらいでしょうか。
微発泡と言うにはあまりに弱い・・・これはちょっと残念です。

ガスがあればまた違った味わいだったのかなと思います。
個体差なのか、保管している間に抜けてしまったのか、そもそも元からこの程度なのか・・・
機会があれば再購入して確かめてみたいですね。


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

花陽浴 純米大吟醸 山田錦 瓶囲無濾過生原酒(29BY)

埼玉の日本酒
02 /15 2018
まだまだ寒い日が続いていますが、それでも徐々に暖かい日も増え・・・
ついに花粉シーズンが到来してしまいました。
僕は薬を飲んでいるためまだ平気と言える程度ですが、それでもくしゃみが出たりしてしまいます。
これから暖かくなるにつれ、鼻も詰まり目も痒くなり・・・考えるだけで憂鬱になってしまいますね。

さて、花粉症が酷くならないうちに日本酒を楽しみたいと思います!


IMG_0761.jpg
IMG_0763.jpgIMG_0765.jpgIMG_0764.jpgIMG_0762.jpg



花陽浴 純米大吟醸 山田錦 瓶囲無濾過生原酒(29BY)

埼玉県羽生市の南陽醸造さんで醸されるお酒です。
もはやこのブログを読んでくださっている方には説明不要な銘柄かもしれませんね。
ここのところ有名銘柄がかなり多めになっていますが・・・許してください、何でもはしませんけど。

今回頂くのは花陽浴ブランドのフラッグシップです。
山田錦40%精米の純米大吟醸、その無濾過生原酒です。
28BYから夏季に同じ山田錦40磨きでアルコール14%のものも発売されましたが、こちらは以前からラインナップにある16%のものですね。


さて、それでは早速頂いてみましょう♪
上立ち香は実に華やか。
甘く濃厚な香りがしっかり強めに感じられます。

チビリと口に含んでみると・・・想像したとおりの味です!
甘味は強く濃厚、熟しきった果実の中に上白糖のようなコクも混ざります。
酸もしっかりとしていますね。甘味と同様に含んだ瞬間から感じられますが、後半の方がやや強くなるかな?
中盤には軽い渋味があり、いいアクセントになっていますね。
後味は甘さとフルーティーな香りを残しながら、軽い辛味でピリリとした感じ。
初日は極僅かなガス感もあり、よりフレッシュな感じでした。
二日目以降、また温度が上がった場合はより甘味が濃厚になり、甘味に潰される形で酸や渋味が弱まります。
フレッシュさやメリハリを求めるなら初日にガッツリ冷やして、とろりダダ甘を求めるなら二日目常温がお勧めです。

いわゆる「花陽浴味」を求めるならば間違いない味わいだと思います。
さすがは旗艦とでも言えばいいのでしょうか、これぞ花陽浴って味でした。
カプエチ全開な濃厚甘口が好みな方であれば、一飲の価値有りです。


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

十四代 純米大吟醸 極上諸白(28BY 夏ロット)

山形の日本酒
02 /13 2018
キーボード、買い換えました!
前まで使っていたものはだいぶくたびれてきて、一部のキーの反応が悪くなっていたんです。
どうせなら・・・と思い、今回はワイヤレスのものを買ってみたのですが、なかなか使い勝手がいいですね。
膝に乗せて文章を打つのにピッタリですし、邪魔ならすぐにどかせるしこれは便利です。
「どうりでインコムよりファンネルの方が強いわけだ」と勝手に納得しちゃいました。

そんなわけで、新品のキーボードを膝の上に乗っけて文章を打ちながら、今日も日本酒を飲んじゃいましょう!


IMG_0721.jpg
IMG_0722.jpgIMG_0724.jpgIMG_0723.jpg



十四代 純米大吟醸 極上諸白(28BY 夏ロット)

山形県村山市の高木酒造さんで醸されるお酒です。
同じ28BYの春ロット(4月製造)はすでに紹介していますね。
この極上諸白は年二回の出荷で、今回のものは8月製造のいわゆる夏ロットですね。
他にも超特選や七垂二十貫も年二回の出荷です。

そんなわけで今回頂くのは諸白の夏ロットなのですが、実は少々扱いに困っていたんですよね。
なんとも贅沢な悩みなのですが、手に入れたはいいもののブログ的にはもうやっちゃってるし、かといって普通に飲むにもハードルの高いお酒だし・・・といった感じで持て余していたんです。
結局「とりあえず半年寝かしてみよう」となって今に至ります。

使用米は兵庫県産特A山田錦を25%、兵庫県産特A愛山を75%。
精米歩合は麹米が50%、掛米が45%の純米大吟醸、一回火入れのお酒です。


さて、それでは早速頂いてみましょう!
上立ち香は華やかな吟醸香ですが、以前の印象よりもやや重く感じられます。

チビリと口に含んでみると・・・思ったよりもどっしりしてます!
甘味は強めながら、ややサラリとした感じ。
酸味は少なく、前半は実に優等生然とした綺麗な味わいです。
中盤はフルーティーな含み香が膨らみ、まさに流行りの味といった感じ。
このあたりの印象は以前飲んだときとさほど変わらず、あえて変化を挙げるなら果実感が若干薄くなったかなと感じた程度です。
後半になると、僅かな熟成感が出てきてやや重めに感じられます。
後味は甘い余韻と若干のクセとコク、そしてやや強めのアルコール感でピリリとしたものです。

購入してから保管していたのは約半年間でしたが、思ったよりも変わったなといった印象でした。
これはこれで悪くない、というか普通に美味しいのですが・・・寝かせずにすぐ飲んだほうが美味しかったかもと思います。
以前、居酒屋さんで6年寝かせた十四代を頂いたことがあり、それはすこぶる美味しかったので、スペックとの相性もあるのかもしれないですね。
機会があれば他のスペックも試してみたいですね。



↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

福鶴 つや姫 純米にごり 生

長崎の日本酒
02 /08 2018
風邪、ほとんど治りました!
前回以降、一時は38度以上まで熱が上がり会社を早退したりしたのですが、今はもうぴんぴんしてますよ。
病院で強めの抗生物質を貰ったら、いままでの一週間がなんだったんだと思うほどあっさりと症状が治まってしまいました。
一時は連休の予定を変えることも考えたのですが、その必要も無さそうです。いやぁ、お薬様様ですね!

そんなわけで、元気になったので今日も日本酒飲んじゃいましょう♪


IMG_0707.jpg
IMG_0709.jpgIMG_0708.jpgIMG_0710.jpg



福鶴 つや姫 純米にごり 生
長崎県平戸市の福田酒造さんで醸されるお酒です。
福田酒造さんのお酒は以前「福田 純米吟醸 山田錦」を頂いていますね。
「福田」が新しい銘柄なのに対し「福鶴」は以前からある銘柄のようですね。
おそらく地元向けの銘柄という立ち位置になるのだと思います。

今回頂くのはそんな福鶴のにごり酒
使用米は長崎県産のつや姫。食用米として有名なお米ですよね。
精米歩合は70%の純米酒です。
生のにごり酒なので「開栓注意」の文言もありますね。


さて、それでは早速頂いてみましょう!
上立ち香は甘さと酸の交じり合った清涼感のある香りが薄っすらと感じられます。

チビリと口に含んでみると・・・力強いガス感と優しい味わいです。
ガスは割りと強めで、含んだ瞬間からしっかりと炭酸飲料的な感覚が味わえます。
その刺激と入れ替わるようにやってくる甘さと旨味は淡く柔らかいものです。
酸味は思ったほど強くはなく、バランス要員といった印象。
後半は甘味が膨らむのと同時に苦味がやや強めに出てきますね。
飲み下した後には余韻としてこの甘味と苦味、それからお米の香りが残ります。

派手さやイマドキな感じはあまりありませんが、にごり系としては食事にも合わせやすい味なのではないかと思います。
和食から洋食まで、無難にこなしてくれそうな感じです。
食事のお供に活性にごりが欲しい方は是非お試しください。


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

五橋 純米吟醸 西都の雫 しぼりたて生原酒

山口の日本酒
02 /04 2018
完全に風邪をこじらせてしまいました!
熱はずっと37度台前半をキープ。僕は平熱が35度台前半なのでこの熱でも地味にきついです。
インフルではなかったのでひとまず安心ですが、早く治したいものですね。

風邪っぴきではありますが、今日も一杯飲んじゃいましょう♪


IMG_0700.jpg
IMG_0701.jpgIMG_0702.jpgIMG_0703.jpg



五橋 純米吟醸 西都の雫 しぼりたて生原酒

山口県岩国市の酒井酒造さんで醸されるお酒です。
五橋は僕のお気に入り銘柄のひとつなのですが、ブログ的には昨年夏のfiveブルー以来の登場ですね。
僕の中では正雪と並んで信頼の置ける「迷ったときにはコレ」的な銘柄だったりします。


さて、今回頂くのは山口県オリジナル酒米「西都の雫」を使用したお酒。
山口県酒造組合によると西都の雫は”幻の米「穀良都」(こくりょうみやこ)を母方に、 「西海222号(親:山田錦)」を父方として、交配・選抜した山口県独自の酒米です”とのこと。
その西都の雫を75%、山田錦を25%使用し、精米歩合は55%の純米吟醸酒しぼりたて生原酒ですね。


さて、それでは早速頂いてみましょう♪
上立ち香はリンゴを思わせるような甘酸っぱい香り。
正統派、好感を持てる香りです。

チビリと口に含んでみると・・・やっぱり甘酸っぱくて美味しいです。
含んだ瞬間に一瞬舌先に上白糖っぽい甘さを感じ、そのあとで果実感のある甘さが広がります。
酸味の強さは程よく、飲みやすいものです。
全体を通して薄い膜のような特徴的な苦渋味があります。それ単体で浮いて感じるわけではなく、甘味や酸味に僅かに被るようなものですね。
後味は甘い余韻を残しながら軽い辛さでスッキリと。前述の苦渋味もあるのですが不思議と目立ちません。

イマドキな味なんだけど、ちょっぴり不思議な感じのする美味しいお酒でした。
多分もうすぐ活性の桃色にごりが出るはずなので、それが手に入れば五橋はまた近いうちに飲むことになりそうです。


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

花陽浴 純米大吟醸 美山錦 無濾過生原酒(29BY)

埼玉の日本酒
02 /01 2018
予定って思わぬところで重なるものです。
実は先週半ばから、出張だったり、接待だったり、来客だったりと・・・気が付けばここ一週間ほとんど自由時間がありませんでした。
みんなすこしずつズレてくれれば何も問題はないのですが・・・なかなかどうしてこうまで集中するものか。
おかげで未視聴のアニメもたまってるし、ラブライブの特番すら見れなかったし、付き合いばかりで好きなお酒も選べないし・・・
ついには疲れからか熱は出るわ喉は痛いわで、もう散々ですよ。
でも今週末は自由に過ごせそうなので、ようやっとゆっくりと休めそうです。

さて、風邪を拗らせない程度に今日も日本酒を飲んじゃいましょう!


IMG_0691.jpg
IMG_0693.jpgIMG_0694.jpgIMG_0695.jpgIMG_0692.jpg



花陽浴 純米大吟醸 美山錦 無濾過生原酒(29BY)
埼玉県羽生市の南陽醸造さんで醸されるお酒です。
僕が年間で最も飲んでいるであろう銘柄ですね。
カテゴリで「埼玉の日本酒」がやたら多いのも、大体こいつのせいです。

今回頂くのは美山錦の純米大吟醸。
精米歩合は花陽浴純大おなじみの48%、その無濾過生原酒です。
八反錦に続き、今季2種目の純大ですね。

さて、それでは早速頂いてみましょう♪
上立ち香は甘く華やかな、いわゆるパイナップル系の香り。
八反錦より若干軽めかな?

チビリと口に含んでみると・・・甘いけど綺麗な感じです!
フルーティーな甘味は強めながら透明感のあるもの。
一拍置いて甘味に拮抗する強さの爽やかな酸味が感じられます。
この強い甘酸っぱさに負けない旨味も感じられ、まさに甘旨な感じ。
濃厚ながらそれぞれの味わいの線がどこか細く感じられ、雑味がすくないこともあり綺麗な印象。
後味は僅かな苦味がありながらも、柔らかな酸味ですっきりとしたもの。

甘酸っぱくて、綺麗で、バランス良し、まるで理想の女性とでも言えそうな味のお酒でした。
甘めのお酒が大丈夫な人であれば、ほとんどの方に受け入れられる味ではないでしょうか。



↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

すん

20代後半のオタク会社員。

好きなお酒は花陽浴や正雪など・・・
好きなアニメはラブライブ!や機動戦艦ナデシコなど・・・