FC2ブログ

花陽浴 純米吟醸 雄町 瓶囲無濾過原酒(28BY)

埼玉の日本酒
03 /30 2017
年度末ですね!
アニメも次々と最終回を迎え、毎度のことながら少し寂しい気分です。
今季のアニメでは「けものフレンズ」が大ブームとなりましたね。
終わり際の画面右下の文字に気付いたときに鳥肌が立ったのは僕だけじゃないはずです。

さて、今日も元気にお酒を飲んじゃいましょう♪


IMG_1873.jpg
IMG_1874.jpgIMG_1876.jpgIMG_1877.jpgIMG_1875.jpg


花陽浴 純米吟醸 雄町 瓶囲無濾過原酒(28BY)

花陽浴の雄町です!
前回の而今に続き雄町のお酒。
次回も雄町、と予告した時点でバレバレだったかもしれませんね。

花陽浴の純米吟醸恒例の55%精米、その無濾過生原酒ですね。
28BYの出始め、美山錦や八反錦の純吟を飲んだときは「らしくない」と感じた花陽浴ですが、徐々に「らしい』味になってきたので楽しみですね。


さて、それではさっそくいただいてみましょう!
上立ち香はやや重さを感じるカプエチ系の香り。とても華やかで、どこかどっしりとした感じです、

チビリと口に含んでみると、甘酸っぱい味わいです!
甘味は濃厚、パイナップル系で花陽浴らしいものです。ここまで甘くなれば「花陽浴らしくない!」と感じる人は少ないでしょう。
そこにやや強めの酸味や、若干の苦味、渋味が合わさって一癖ある味になっています。
27BYと比べると甘味、癖共に若干弱いような気もしますが、無個性というほどではありません。そのあたりはさけ武蔵と同様ですね。
僕的には「らしくない」味から、よくここまで持ち直したなぁと思います。花陽浴ファンとしてはありがたい限りです。

そして例によって、数日置いて再度飲んでみました。
すると、やはりまろやかになりましたね。
濃厚で柔らかい甘味の中に、若干の渋味。
フレッシュさではどうしても初日に軍配が上がりますが、やはり僕は雄町のお酒は時間を置いたほうが好きみたいですね。



余談ですが・・・先日馴染みの居酒屋さんでこんなお酒を頂きました!

IMG_1878.jpg

やまと桜の大吟醸おりがらみだそうです。
この居酒屋さんの大将が、やまと桜の杜氏さんと仲がよく(一緒に旅行に行くほどだとか)特別に滓だけを集めてもらったとのこと。
サービスで少し飲ませていただいたのですが・・・これがものすごく美味しかったんです!
微発泡でとても爽やか、それでいて滓の旨味とまろやかさもあり、キレも抜群!
特注品だけあって、滓もたっぷり!もう濁りでいいんじゃないかってレベルでした。
酔った状態だったのでその程度しか覚えていませんが、とにかく美味しかったですね。
こんど通常品のやまと桜も飲んでみたいなぁと思います。



↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ
スポンサーサイト
関連するタグ お気に入り花陽浴

而今 純米吟醸 雄町 無濾過生 2016BY

三重の日本酒
03 /26 2017
3月も残すところ、あと5日。
年度末の慌しさを感じている今日この頃です。
新年度からはいろいろあって仕事が倍以上に増えるので、自分の技量でこなせるのか今から不安です。

ま、そんなことをうだうだ考えていても仕方ないし、今日も元気にお酒でも飲みましょう!


IMG_1847.jpg
IMG_1848.jpgIMG_1850.jpgIMG_1851.jpg


而今 純米吟醸 雄町 無濾過生 2016BY

毎度お馴染み、三重県名張市のお酒、而今です。
花陽浴や風の森と同様に、家飲みする機会の多い銘柄ですね。

今回いただくのは岡山県産雄町50%精米の純米吟醸、その無濾過生のものです。
この而今の雄町ですが、今回初めて飲みます。
雄町は好きな酒米なので、どんな味なのか楽しみですね。


さて、さっそくいただいてみましょう!
上立ち香は、ふくらみのある果実香。いつもの而今の香りに、雄町っぽいふくよかさを足した感じです。

チビリと口に含んでみると、思ったより爽やかです!
果実感のある甘味は濃厚ながらフレッシュ。さすが而今といった感じです。
苦味や渋味は思いのほか少なく、微かに感じるガス感の影響もあり終始飲みやすく爽やかな印象。
うん、美味しいです。でもなんだか雄町らしくないような気も・・・

なんて思ったのが一日目のことです。
僕的には雄町のお酒は時間経過で化けるものが多いイメージなので、数日置いて再度飲んでみました。

口に含んでみると、而今らしさの中に、僅かな癖を持ったふくよかな甘さを感じます。
飲み下す瞬間まで、そんな甘さが優しく口の中で膨らんで、とても好みの味です。
ガスが抜け、フレッシュさでは初日から大きく劣りますが、そのぶん旨味や雄町らしさを感じられますね。

爽やかフレッシュな一日目、時間を置いてのやさしく膨らみのある味わい、その両方を味わえるお酒でした。

次回は違う銘柄の雄町のお酒の予定です。


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ
関連するタグ

雨後の月 大吟醸 月光

広島の日本酒
03 /23 2017
今週の「小林さんちのメイドラゴン」を見ていたら、なんとなく家族と話がしたくなり、久しぶりに実家に電話をかけてみました。
いろいろ変化はあったみたいですが、中でも久しぶりに弟と話して、声変わりしていることに驚きましたね。
高校にも合格したようで、お兄ちゃん嬉しいです。

そんな喜びを胸に、今日は祝い酒といきましょう♪


IMG_1852.jpg
IMG_1853.jpgIMG_1854.jpg


雨後の月 大吟醸 月光

広島県呉市の相原酒造さんで醸されるお酒です。
首都圏の居酒屋さんや酒屋さんでも目にすることの多い銘柄ですよね。
個人的には外で飲むことの多い銘柄で、家飲みするのは昨年の夏以来でしょうか。

今回いただくのはお洒落なラベルのこのお酒。
山田錦40%精米、アル添の大吟醸です。
4合瓶で2500円ほどなので、ちょっと贅沢して飲んでみようかと思える価格帯ですね。


さて、さっそくいただいてみましょう!
上立ち香は華やかで爽やか。若々しい果実のような清涼感と甘さを合わせたものです。

チビリと口に含んでみると、きれいな甘さがあって美味しいです♪
甘味と含み香はおそらくリンゴ系、含んだ瞬間、そして飲み下すときに舌の奥で主張してくる感じ。
若干の渋味も感じますが嫌な感じではなく、きれいなお酒と言える範囲内のものです。
キレもよく、後味はスーッとしたアルコール感を感じる辛口です。
一口目は思ったより甘く感じられましたが、飲み進めていくにつれて辛くスッキリした味に感じます。


単品でのんびり飲んでも、食事とあわせても良さそうな味です。
お出汁を利かせて薄口醤油で煮付けた筍なんか、合うんじゃないかなぁ・・・
春野菜や山菜も多く出回ってきましたし、皆様今夜は春らしいおつまみと共に一杯いかがでしょうか?



↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ
関連するタグ

射美 純米吟醸酒 槽場無濾過生原酒 28BY

岐阜の日本酒
03 /20 2017
おはようございます。
ただいま時刻は午前四時。
せっかくの休日ですし、のんびりお酒でも飲みながら日の出でも待ってみようかと思います。

そんなわけで、朝酒を嗜むといたしましょう♪


IMG_1855.jpg
IMG_1856.jpgIMG_1857.jpgIMG_1858.jpg


射美 純米吟醸酒 槽場無濾過生原酒 28BY

岐阜県揖斐郡の杉原酒造さんで醸されるお酒です。
杉原酒造さんといえば「日本一小さな酒蔵」として有名ですよね。
新聞や雑誌、テレビ等のメディアで取り上げられることも多く、人気も知名度も高いのではないかと思います。

さて、今回いただくのはブルーラベルの純米吟醸。
使用米は独自栽培のお米である揖斐の誉。麹と酒母には「S7」が、掛米には「AMS18」が使用されており、それぞれ精米歩合は50%。
裏ラベルには商品説明のほかに、お酒関係だったり、まったくお酒と関係なかったりする蔵元からの文章も書いてありますので、気になる方はぜひご一読を。


IMG_1859.jpg


瓶の底には軽く滓が溜まっており、攪拌してお猪口に注いでみるとうっすらと濁っています。


さてそれではいただいてみましょう!
上立ち香はあまり感じられず、アルコールの清涼感のある香りが微かに、といった程度です。

チビリと口に含んでみると、とろり濃厚です。
甘味はかなり強く濃厚で、どこかとろみを感じるほどです。
上白糖を溶かしたものに、蜂蜜でとろみとコクを追加したような、そんなイメージ。
酸味は甘味が減少する時に僅かに感じる程度、後味は残った甘味に加え僅かな苦味があります。
あと全体を通してハーブのような爽やかさを感じるような感じないような・・・


普段飲むお酒とはまた違ったタイプの甘口酒でした。
酒屋さんでもあまり目にする機会はありませんが、また購入することができれば別のスペックも飲んでみたいですね。


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ
関連するタグ

花陽浴 純米大吟醸 さけ武蔵 瓶囲無濾過原酒(28BY)

埼玉の日本酒
03 /18 2017
スパロボV、一周目クリアしました!
予想以上にナデシコ勢が活躍してて嬉しかったですね。
ナデシコ好きな方にはおススメです。
ただ全体を通して敵が弱すぎた気が・・・

さて、ゲームの話はこのあたりにして、お酒でも飲みましょうか


IMG_1829.jpg
IMG_1830.jpgIMG_1831.jpgIMG_1832.jpg



花陽浴 純米大吟醸 さけ武蔵 瓶囲無濾過原酒(28BY)

10回目の登場となる埼玉県羽生市のお酒です。
ついに二桁ですね・・・当ブログの6分の1は花陽浴というくらい頻繁に飲んでるお酒です。

今回いただくのは、埼玉県初の酒造好適米であるさけ武蔵48%精米の純米大吟醸、その生原酒ですね。
個人的には、さけ武蔵は花陽浴の中でも遊び心のあるお酒といったイメージですが、今年はどうなんでしょう?


それでは早速いただいてみましょう。
上立ち香は、南国フルーツを思わせるカプエチ系の華やかな香り。
実に花陽浴らしい香りですね。

チビリと口に含んでみると、思ったよりも癖の無い味?
甘味は含んだ直後は優しく、一拍置いて強く感じられます。
27BYと比べるとやはり弱めに感じますが、パイナップルのような花陽浴らしい甘さです。
酸味は気持ち強め、後味に若干の苦味や渋味もありますが・・・思っていたよりも個性がありません。「いつもの花陽浴」の範囲内の味です。

三日ほど経つと、若干酸味が落ち着きましたね。
甘味も棘が無く、濃厚まろやか、それでいてフルーティー。飲み疲れない絶妙なラインかと
僕はこの味好きですね。


酸味がかなり強く柑橘類のようだった27BYの直汲みのような個性はありませんでしたが、甘酸っぱく旨味もある美味しいお酒でした。

さて、世間は連休!
最近はのんびり更新でしたが、連休中にもう一回書ければ・・・と思ってます。


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ
関連するタグ お気に入り花陽浴

嘉美心 全麹仕込み HONEY Z (2014年製造分)

岡山の日本酒
03 /15 2017
人との出会いも、日本酒との出会いも、僕は一期一会なのではないかと思います。
その時を逃せば、二度と会うことはないかもしれないのです。
例えば、ふらりと立ち寄った酒屋さんで偶然見つけた名前も知らないお酒、きっとそこで購入しなければその存在も忘れてしまうことでしょう。

今日のお酒は、そんなふらりと立ち寄った酒屋さんで出会ったお酒です!


IMG_1837.jpg
IMG_1838.jpgIMG_1839.jpgIMG_1841.jpgIMG_1842.jpg


嘉美心 全麹仕込み HONEY Z

岡山県浅口市の嘉美心酒造さんで醸されるお酒です。
名前からわかるとおり、蜂蜜をイメージしたデザート酒のようですね。

そしてこのお酒ですが・・・ちょっと普通じゃありません。
焼酎などではまれに用いられる、全麹仕込みで造られており、酒税法上は清酒ではなくその他の醸造酒に分類されるようです。

さらに製造は2014年です。
静岡市清水区のぬまた旭町酒店さんに立ち寄った際に、購入しました。
店のおじさんからは製造年のこともあり「ほんとうにこれでいいの?」と聞かれましたが、なんとなくイケる気がしたんですよね。
ネット上での情報量も少なく、またそのほとんどが2014年の情報でかなり謎の多いお酒です。
蔵元のオンラインショップからも姿を消しており、もしかしたら2014年度の一度きりの醸造だったのかもしれません。


IMG_1843.jpg


お猪口に注ぐと、濃い目の琥珀色です。
元から色は付いていたと思いますが、果たして最初からこの色だったのかは・・・謎です。


さて、早速いただいてみましょう。
製造から時間が経っているため、このお酒の感想として適当ではない文章かもしれませんが、ご容赦ください。


上立ち香は、ヘーゼルナッツとかアーモンドプードルとか、ナッツのようなものを感じます。
熟成酒は飲んだ経験があまりないのですが、これが熟成香ってやつでしょうか?

チビリと口に含んでみると・・・どっしりと甘いです!
含んだ瞬間にどっしりとした癖のある重さを感じ、その直後に濃厚な甘味がやってきます。
その甘味もなんとも複雑で、ナッツとカラメルとバーボンと蜂蜜と貴醸酒を混ぜ合わせたような・・・そんな感じです。
終盤までそんな複雑な甘味が続き、最後には焼きたてのクッキーのような香りを口の中に残していきます。


・・・書いてて自分でも意味がわからなくなってきましたが、そんな感じの味なんですよね。
とても不思議な味ですが、アリかナシかで言えば、僕的にはアリな味です。
また貴醸酒のようにバニラアイスにかけても美味しかったです。
このお酒と再び出会うことがあるかはわかりませんが、可能なら製造から間もないこのお酒も飲んでみたいですね。



↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ
関連するタグ

鳳凰美田 純米吟醸 WINE CELL SPARKLING 2016

栃木の日本酒
03 /12 2017
先週は遊び仕事で沖縄に行ってました。
いやぁ、やっぱりいいところですね。
海はきれいだし、気候も温暖、そしてなにより花粉が飛んでない!
いろんなものを見ることができて、たくさん勉強もさせてもらい、良い経験になりました。
でも沖縄って日本酒が無いんですよね・・・。
飲みの席でもひたすら泡盛・・・蒸留酒の美味しさがイマイチ理解できていない僕にはキツイ時間でした。

・・・そんな沖縄出張を経て、今日は日曜日です!
朝から思う存分飲んじゃいましょう!



IMG_1824.jpg
IMG_1825.jpgIMG_1826.jpg



鳳凰美田 純米吟醸 WINE CELL SPARKLING 2016

栃木県小山市のお酒です。
WINE CELLの名の通り、友情蔵のワイナリーより提供されたワイン酵母を使用して醸したお酒のようですね。

使用米は兵庫県産の山田錦、55%精米の純米吟醸。
おそらく季節限定の活性濁りタイプですね。


IMG_1827.jpgIMG_1828.jpg



滓は瓶の底にたっぷりと溜まっています。
開栓時は吹き上がってくるので要注意です!
お猪口に注ぐと美味しそうな濁り具合ですね。


さて、さっそくいただいてみましょう!
上立ち香は強めで華やか。青リンゴを中心にメロンが微かに混ざったような、清涼感のある甘い香りです。

チビリと口に含んでみると・・・甘爽やかで美味しい♪
含んだ瞬間に感じるサラッとした甘味、そして舌を刺激する炭酸がとても爽やかです。
ガスを感じなくなると同時に滓の苦味を感じ、後味は濁りのまろやかさがありながらも、かなりシャープなもの。
香りは華やか、甘味は爽やか、そして最後の苦味も良いアクセントになっていて、かなり好みの味です。
和食にはあまり合わないかもしれませんが、洋食と合わせるなら食中酒としてもいいかもしれません。
昨年、通常品のWINE CELLも飲みましたが、僕はこっちの方が好きですね。


甘く爽やか、とても美味しいお酒でした!
どうでもいいことですが、僕は結構なにごり酒好きなのかもしれません。
ブログ開始から濁ったお酒について書くのがこれで16本目、他の酒ブログ様と比べると、かなりにごり酒やおりがらみの比率が高いですよね。
まあ、それも自分の個性、仕方の無いことなのです!それに、もしかしたらにごり酒好きの方が見に来てくれるかもしれませんからね!
今後も美味しいにごり酒を見つけたら紹介していきたいと思います。



↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ
関連するタグ にごり酒スパークリングお気に入り

風の森 秋津穂 純米 真中採り

奈良の日本酒
03 /08 2017
怒涛の出張ラッシュがやってまいりました!
今週は沖縄、来週は千葉、その次はまた沖縄、それから東京巡業と、珍しく営業職らしいスケジュールです。
沖縄なんかは居酒屋さんに入ってもほとんど日本酒は置いてないし、出発前に一本飲んでおきましょうか。

そんなわけで、本日はこのお酒ですっ


IMG_1761.jpg
IMG_1764.jpgIMG_1762.jpgIMG_1763.jpgIMG_1765.jpgIMG_1766.jpg



風の森 秋津穂 純米 真中採り

4回目の登場、奈良県御所市のお酒ですね。こいついつも銘柄かぶってんな
今回いただくのは、秋津穂の純米、真中採りですね。

真中採りとは
あらばしりと責めの部分を大幅にカットし、透明感のある香り、旨み、酸、そして切れのバランスが最適な部分のみを瓶詰めする、特別な秋津穂純米酒です。
とのことですが、ようは中取りってことだよね?
通常の秋津穂純米よりも贅沢仕様のため、お値段も通常品よりちょっぴりお高め。それでもリーズナブルといえる価格に抑えてくるのが、風の森のすごい所ですね。
スペックは・・・裏ラベルの写真をご覧ください。

風の森のどのお酒にも言えることですが、開栓時は注意が必要です。
油断してると栓が飛んで行っちゃいますから。
会社の飲み会で風の森を飲む機会があれば、憎い上司に向けて開栓しましょう。多分スカッとしますよ!(良い子は真似しないでね♪)


さてさっそくいただいてみましょう!
上立ち香は、マスカット+ほんのりセメダインみたいな感じ。少しどっしりしてますかね?

チビリと口に含んでみると・・・どっしり爽やかです!
風の森の純米としてはそこまで甘味は強くない方かな?マスカット、微かに青リンゴ、そんな甘さがありますね。
綺麗で上品な酸味も好印象です。
そしてなにより旨味が強い!まろやかながら力強く、どっしりと腰を落としたディフェンダーのような存在感があります。
最後は、旨味もスッと消え、口の中には微かな渋味と甘味が残ります。
全体的にどっしりした印象ですが、強めのガス感と酸味が爽やかさを生み出していますね。

他の方が過去に飲まれた記事を参考に、燗もつけてみました。
・・・うん!これいけますね。甘味も出てきて、そしてやはりまろやかな旨味も強く感じます。
なんだろう、この旨味・・・燗だと生もとっぽい感じもするような・・・気のせいかな?
僕のような初心者には、美味く表現できません・・・。


冷酒でも燗酒でも、単品でも食事と合わせてもイケる、万能選手なんじゃないかと思います。
美味しくて財布にも優しい、今後も風の森にはお世話になりそうですね。


参考:「酔いどれオタクの日本酒感想記」さま同スペック24BYの記事
風の森 秋津穂 純米 真中採り:酔いどれオタクの日本酒感想記



↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ
関連するタグ

尾瀬の雪どけ 純米大吟醸 桃色にごり

群馬の日本酒
03 /05 2017
桜の開花予想も発表され、店頭には春らしい食材も増えてきましたね。
酒屋さんの冷ケースにも、春らしいお酒がいっぱいです。

そんな春らしいお酒の中から、今日はこの一本です!



IMG_1755.jpg
IMG_1756.jpgIMG_1759.jpg


尾瀬の雪どけ 純米大吟醸 桃色にごり

群馬県館林市の龍神酒造さんで醸されるお酒です。
僕的には春といえばこのお酒!と思うほど、毎年楽しみにしているお酒ですね。

50%精米の純米大吟醸、赤色酵母使用の桃色にごりですね。
赤色酵母の特性もあり、アルコールは10度と他の桃色系同様低アルコール。


IMG_1758.jpg

横から見ると綺麗なツートン。
数ある桃色にごりの中でもトップクラスの色合いだと思います。

27BYはガスが強く開栓時に噴き出しそうになったため、慎重に開栓。
しかし今回は気泡ができることも液面が上がることもなく・・・ちょっと拍子抜けです。


IMG_1760.jpg


攪拌してお猪口に注いでみると、やはり綺麗なピンク色ですね。

さっそくいただいてみましょう!
上立ち香は、粉っぽいイチゴといった感じのものが微かにあります。

チビリと口に含んでみると・・・甘酸っぱい初恋みたいな味です!
舌先にピリリとしたガス感と強めの酸味を感じ、後から甘味が追いかけてきます。
酸味主体の若いイチゴみたいな味ですね。これを飲んだ友人が「日本酒の味じゃない!」と言うのも納得です。
飲み下す時には、甘酸っぱさと一緒に極僅かな渋味が残ります。
ガスは感じられますが、27BYとは比較にならないほど弱いですね。

開栓から数日経つと、酸が落ち着いて甘味主体の濃厚まろやかな味わいに。
若いイチゴから、熟したイチゴ使用のイチゴミルクになっちゃいましたね。
開栓直後でも数日置いても、どちらも美味しく頂けるので、好みに合わせて選ぶのがいいと思います。


見た目も可愛らしく、飲んでもとても美味しいお酒でした。
これからのお花見シーズンにピッタリのお酒じゃないかな?
日本酒が苦手な方にもおすすめですよ!



↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ
関連するタグ 赤色酵母(桃色系)にごり酒

正雪 純米吟醸 別撰 山影純悦 うすにごり生 +3月、4月の更新について

静岡の日本酒
03 /01 2017
先日、休日を利用して静岡市清水区まで遊びに行ってきました。
遊びに行ったと言っても、電車で酒を飲み、酒屋さんで試飲して、元バイト先で酒を飲んでいただけなんですけどね。

今日はその時に清水で買ってきたお酒を飲んでみたいと思います!


IMG_1747.jpg
IMG_1749.jpgIMG_1750.jpgIMG_1751.jpg


正雪 純米吟醸 別撰 山影純悦 うすにごり生

サクラエビで有名な清水区由比のお酒ですね。
僕のお気に入り銘柄のひとつで、ブログでは3回目の登場です。
好きな銘柄なのですが、季節限定品なんかは首都圏ではあまり見かけませんよね。
このお酒は、清水区の篠田酒店さんで購入しました。

さて今回いただくのは、レギュラー品の純米吟醸ではなく、山影純悦氏の名を冠した選別品ですね。
山影純悦氏といえば国内でも指折りの名杜氏として知られていますが、その辺はもっと詳しい人が書いていると思いますので、気になる方は検索してみてください。
スペックは兵庫県産山田錦50%精米の純米吟醸、季節限定のうすにごりの生酒ですね。


IMG_1748.jpgIMG_1752.jpg


滓は底に7mmほど溜まっており、攪拌してお猪口に注いでみると、うっすらと底が見える程度の濁り具合。
う~ん、美味しそうですね。

さて、さっそくいただいてみましょう!
上立ち香は、バナナとメロンを合わせたような正雪らしい香りを感じます。
正雪の中では若干メロン側に寄っているような印象です。


チビリと口に含んでみると・・・甘いけど爽やかです!
甘味はやや強め、滓のまろやかさも相まってとても柔らかい感じですね。
含み香は、やはりバナナ+メロンですね。この甘味と香りが正雪の持ち味だと思います。
終盤になると甘味と共に、滓の苦味を感じるようになります。
この苦味がいいんですよね・・・青春のほろ苦さ的な爽やかなやつです。
極僅かにガスも感じ、それも爽やかな印象に一役買っていますね。

正雪特有の香り、そして甘味を感じられる良いお酒だと思います。
僕的には、時々どうしても飲みたくなる銘柄なので、今後も度々登場するかと思います。このブログが続けば、の話ですけどね



最後に、3月、4月の更新についてです。

僕はブログを始めるにあたり、書き溜め無し、飲んだらすぐに書くことを前提条件としていました。
酒ブログを参考にしてお酒を選ぶ方もいらっしゃるので、できるだけお店に並んでいるうちに記事にしたいと思っているんです。
なので、飲んだお酒は三日以内にブログにアップしている状態ですね。

普段ならそれでいいのですが・・・春の悪魔、スギ花粉がやってきてしまいました。
実は僕も花粉症でして、服用している薬とアルコールの飲み合わせがとても悪いんですよね。
花粉症の薬を飲んで、お酒を飲むとすっごく眠くなるんです。少し飲んだだけで座ったまま寝ちゃったりします。
そんなわけで、毎年この時期はアルコールの消費量が極端に落ちます・・・つまり書き溜め無しのこのブログの更新頻度も一緒に落ちます。
それに加えて出張の予定も多く(しかも日本酒の無い地方)、家飲みの時間も減り・・・泣きっ面に蜂状態です。

と、いうわけでこのブログを楽しみにしていただいてる方(そんな人いないかもしれないけど)には申し訳ございませんが、花粉の時期が終わるまで更新頻度が落ちると思います。
そんなこんなの当ブログですが、今後もどうかよろしくお願いいたします。




↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ
関連するタグ お気に入り正雪

すん

20代後半のオタク会社員。

好きなお酒は花陽浴や正雪など・・・
好きなアニメはラブライブ!や機動戦艦ナデシコなど・・・