FC2ブログ

花陽浴 純米大吟醸 山田錦 瓶囲無濾過生原酒(28BY)

埼玉の日本酒
02 /27 2017
先日発売になったスパロボVを購入しまして、のんびりとプレイしている今日この頃・・・
まだ序盤ですが、今後レーバテインやグレートマイトガイン、ユリカ搭乗のナデシコCが使えると考えると、胸が熱くなりますね!
特にナデシコでは劇場版後のアキトとユリカの掛け合いが見れるかもしれないので、とても楽しみです。

さてゲームでもしつつ、今日ものんびりお酒を飲みたいと思います♪


IMG_1740.jpg
IMG_1741.jpgIMG_1742.jpgIMG_1743.jpgIMG_1744.jpg



花陽浴 純米大吟醸 山田錦 瓶囲無濾過生原酒(28BY)

埼玉県羽生市のお酒ですね。
当ブログ9回目の登場となります。好きなんだから被ってたっていいじゃないですか!

今回いただくのは山田錦の純米大吟醸です。先日同じラベルのお酒を飲んでいますが、あれは27BYの火入れですね。
花陽浴の純米大吟醸といえば48磨きのイメージが強いですが、この山田錦だけは40%精米でお値段も高め・・・いわば花陽浴の最高峰とも言えるお酒ですね。
それだけに期待は高まるのですが、今季の花陽浴の味を考えると一抹の不安を感じます。
・・・ま、それでも好きだから買うんですけどね。


そんなことを考えつつも、早速飲んでみたいと思います!
上立ち香はとても華やか、南国の果実や花の蜜のような甘い香りです。
花陽浴らしい香りですね。

チビリと口に含んでみると・・・花陽浴の味です!
あざとく思えるほど濃厚なシロップのような甘味、そしてパインを思わせる華やかな含み香を感じます。
一口目では若干の癖を感じた気がしましたが、飲みすすめるうちに感じなくなりましたね。
後味に微かな渋みはあるものの、ほとんど気にはなりません。最後まで甘酸っぱい美味しさが持続します。
あざといほどに甘いのに、どこか綺麗に思えてしまうのは27BYと同様ですね。個人的には俺ガイルのいろはすみたいなイメージのお酒です。

過去に28BYの花陽浴の記事で「良くも悪くもらしくない味」と書いていますが、今回はそんなこともなく、しっかりと花陽浴味です。
お米の問題等もあったようですが、やはりこのお酒は銘柄のフラッグシップだけに、気合を入れてじっくり造られたように思えます。
逆に年末年始の新酒ラッシュは今思うと急ぎすぎていたようにも感じますね・・・、

決して今季の花陽浴が不味かったわけではありませんが、今回こうして花陽浴らしいお酒が飲めて一安心といった感じです。
この山田錦の純米大吟醸は従来花陽浴ファンの方にはお勧めできる味わいだと思います。
また28BYしか飲んだことがない方には、衝撃を与えるお酒になるかもしれませんね。
今季は新しく五百万石の純米大吟醸も販売されるようなので、今後の花陽浴にも期待が高まります!



余談ですが・・・先日花陽浴の蔵元、南陽醸造さんに行ってまいりました。
目的は、近所の酒屋さんでは手に入らない「藍の郷」の購入。
蔵を訪れるのは昨年の夏以来3度目になりますね。

IMG_1711.jpg
IMG_1709.jpg


外観は変わらず、そしてレジの手前に我らがかよちんこと小泉花陽ちゃんの人形が置いてあるのも変わっていませんね。
花陽浴は全品売り切れとのことでしたが、お目当ての藍の郷は無事購入できました。
蔵の方もお忙しい中、こんなキモオタにも真摯に接してくださってありがたい限りでしたね。
そのうち藍の郷についてもブログに書きたいと思います。


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ
スポンサーサイト
関連するタグ

加茂錦 荷札酒 活性 槽場汲み 純米大吟醸 無濾過生原酒

新潟の日本酒
02 /24 2017
最近お仕事関係でいろんなことがありまして、どうにもイライラが収まらない今日この頃・・・。
ま、このイライラの原因はほとんど課長なんですけどね。
あの人を見るたびに「管理職って何なんだろう?」って考えちゃいます。
ほんと、うちの課長はダメ人間なんですよね・・・

なんだかそんなこと考えてたらまたイライラしてきました・・・。
こんなときはやっぱりお酒ですよね!そんなわけで今日もお酒を飲みましょう!



IMG_1737.jpg
IMG_1738.jpgIMG_1739.jpg


加茂錦 荷札酒 活性 槽場汲み 純米大吟醸 無濾過生原酒

新潟県加茂市の加茂錦酒造さんで醸されるお酒です。
加茂錦さんのお酒の中でも、この荷札酒はいわゆる若手の酒ですよね。
杜氏さんは20代で僕よりも若く、岩手県の赤武と共に若手杜氏の酒として有名です。
一応僕も平成生まれ、この荷札酒や赤武は味が好みなこともあって応援している銘柄です。

そんな荷札酒ですが、今回いただくのは槽場汲みの活性です。
酒好きの間では、けっこう話題になった荷札酒の槽場汲みですが、活性は地酒の聖地と名高い多摩市の小山商店さんの専売品です。
蔵元のホームページによると試作品として、強烈なガス感をもつフルーティーなお酒を瓶詰しました。とのこと。
どんなお酒になっているのか楽しみですね。


さてそれでは早速いただいてみましょう。
上立ち香は甘くも爽やかな香り。マスカット系なのではないかと思います。

チビリと口に含んでみると・・・甘くも爽やか!美味しいです!
濃厚な甘味や含み香はマスカット+微かにメロンといった感じ。
瑞々しくとてもフルーティーです。
そこに活性酒らしいガス感が加わり、甘く旨く、けれどとても爽やかな仕上がりです。
ガス感の強さとしては、風の森よりも一回り弱めといった程度でしょうか?

ガスが抜けてくると、荷札酒らしい優しく柔らかい味わいが感じられます。
ガス感を伴ったフレッシュ爽やかな味わいもいいけど、この優しさも捨てがたい・・・なんとも悩ましいお酒だと思います。


今回は試作品とのことですが、充分売れる出来栄えなのではないかと思います。
杜氏さんの年齢が近いこともあり、応援している荷札酒ですが、今後も飲んで応援したいと思います。



↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ
関連するタグ

楯野川 試験醸造 純米大吟醸 スパークリング

山形の日本酒
02 /22 2017
2月もぼちぼち後半ですね。
暖かい日も増え、山菜類やホタルイカなんかも出回り、春の訪れを感じさせますね。
それと共に花粉もやってくるわけですが・・・スギの木なんてみんな燃えちゃえばいいのに

そんな春を感じる今日この頃・・・やっぱり元気にお酒を飲んでいきましょう♪


IMG_1728.jpg
IMG_1731.jpgIMG_1729.jpgIMG_1730.jpg


楯野川 試験醸造 純米大吟醸 スパークリング

山形県酒田市の楯の川酒造さんで醸されるお酒です。
楯の川酒造さんといえば全量純米大吟醸の蔵として有名ですね。
このお酒も例に漏れず、純米大吟醸です。

スペックは出羽燦々50%精米の純米大吟醸、酵母は山形KA酵母のようです。
蔵元ホームページの商品紹介によれば
炭酸ガスの注入を行わず、「水・米・米麹・酵母」を使用し、発酵由来の自然な炭酸ガスと甘みをお酒に閉じ込めた後、澱が絡んでいないクリアな状態で瓶詰めするという、独自の手法を採用しております。
とのこと。
ガス注入無し、滓無しのスパークリング・・・風の森みたいな感じだと考えればいいのかな?

あとどうでもいいことですが「試験醸造」ってなんだかカッコいいですよね。
試作実験機とか技術実証機なんかと通じるカッコよさがある気がします。


さてさて、早速いただいてみましょう。
上立ち香は青リンゴに微かにメロン、セメダインが混ざる感じ・・・かな?
ちょっと僕には表現するのが難しいです。

チビリと口に含んでみると・・・甘爽やかです!
発泡は他のスパークリング日本酒と比べると弱めで、自然な感じ。
甘味は濃厚、ツツジの蜜にほのかにメロンといったようなもの。
後味にはこの甘味に、極わずかな渋味が混ざります。
濃厚な甘味を、自然なガスでサッパリさせてる感じですね。
風の森 夏のALPHAの甘味を少し濃くしたようなイメージです。

時間が経ち、常温に近づくとほぼ炭酸は感じず、ベタ甘なお酒といった印象。
これは温度変化や、日数による変化を楽しむお酒ではないかもしれません。

美味しいんだけど惜しいお酒です。
あくまで個人的な意見ですが、甘味に対して炭酸が弱すぎるのではないかと思います。
もう少し辛めに造るか、ガス感が強くなればもっと良くなるんじゃないかと思います。
試験醸造とのことなので今後どうなるかわかりませんが、また出会うことがあればどう変わったのか試してみたいですね。



↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ
関連するタグ

五橋 純米 桃色にごり(活性生)

山口の日本酒
02 /19 2017
やあ (´・ω・`)
ようこそ、バーボンハウスへ。
このテキーラはサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。

うん、「またにごり酒」なんだ。済まない。
仏の顔もって言うしね、謝って許してもらおうとも思っていない。

でも、この銘柄を見たとき、君は、きっと言葉では言い表せない
「ときめき」みたいなものを感じてくれたと思う。
殺伐とした世の中で、そういう気持ちを忘れないで欲しい
そう思って、このブログを立てたんだ。

そんなわけで、今日もにごり酒を飲んじゃいます!



IMG_1721.jpg
IMG_1724.jpgIMG_1722.jpgIMG_1723.jpgIMG_1725.jpgIMG_1726.jpg


五橋 純米 桃色にごり(活性生)

気がつけば三回連続のにごり酒ですね(笑)
今回は山口の銘酒、五橋の桃色にごりです!
昨年火入れタイプは飲みましたが、こちらは活性生のものですね。

危険度を物語るかのように、黄色の帯には「開栓時き出し注意」の文字。
その裏には「絶対噴き出します」とか「もう、いっそのこと、お風呂場で開栓してください」なんて書かれており、かなり活性の高いお酒であることが伺えます。
僕も最初は部屋で開栓を試みたのですが、1時間を経過したあたりで諦めてお風呂場に・・・
こいつ・・・かなりやっかいなお酒ですよ。

スペックは70%精米の純米酒。
使用米はおそらく五橋お馴染みの山口県産の日本晴。赤色酵母使用の活性生酒ですね。


IMG_1727.jpg


お猪口に注いでみると、綺麗な薄桃色。
表面のふつふつとした気泡が面白いですね。


さて、さっそくいただいてみましょう!
上立ち香はほとんど感じず、微かに甘酸っぱい香りがするかな?といった程度。

チビリと口に含んでみると・・・これは苦労して開けた甲斐がありましたよ!
若い果実のような甘酸っぱさを強く感じますね。
それに加え、爽やかな炭酸、薄桃色な見た目・・・まるで子供の頃に食べた野苺のようにも思えます。

またにごり、活性、共にかなりのもので、濃厚どろどろな液体の中に気泡が混ざり合い、独特な食感を生んでいます。
「とろとろ」や「どろどろ」というよりは、「ふわふわ」の方が近いと思います。
荒めの米粒も混ざり、ふわふわつぶつぶしゅわしゅわ・・・とっても面白い食感。
甘酸っぱい味わいも相まって、まるで野苺のムースを食べているようにも感じますね。


これは美味しい・・・味自体は火入れと似ていますが、全体の印象は全く異なっていますね。
開栓にかなりの労力を要しますが、それだけの価値はあるお酒だと思います。
デザート代わりのお酒としても、ありなのではないでしょうか。

次回からは青く透明な私・・・じゃなくて、透明なお酒に戻ります。




↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ
関連するタグ お気に入りイチオシの酒にごり酒赤色酵母(桃色系)

腰古井 どろりん子 活性酒

千葉の日本酒
02 /17 2017
昨日今日と、関東は暖かい日が続きましたが、またすぐに寒い日々に逆戻りみたいですね。
僕は花粉症なので、しばらく寒い日が続くほうが嬉しいです・・・温かいと花粉と飛んじゃうしね。

杉の木をみんな燃やしつくいてしまいたい!なんて思いつつ、今日もお酒を飲んじゃいましょう♪



IMG_1715.jpg
IMG_1717.jpgIMG_1716 (1)IMG_1718.jpgIMG_1719.jpg



腰古井 どろりん子 活性酒

千葉県勝浦市の吉野酒造さんで醸されるお酒です。
勝浦の方いわく、地元ではかなりの人気を誇る銘柄とのこと。
ブログ開設以前に、純米大吟醸とコシヒカリ純米を飲んだことがありますね。

このどろりん子は、大吟醸のもろみを使用した活性にごり酒のようです。
100本限定の販売らしく、酒屋さんへの出荷はしていないようですね。
偶然立ち寄る機会があったため、僕は蔵元にて購入しました。
四合瓶に500mlを詰めているため、液面は低くなっています。飲みかけじゃないですよ!


IMG_1720.jpg


お猪口に注いでみると、どろりん子の名に恥じぬどろどろ具合。
表面には気泡もできていますね。


さて、さっそくいただいてみましょう!
上立ち香はほとんど感じず、微かに清涼感のある香りがするかな?といった程度。

チビリと口に含んでみると・・・思ったよりも軽やかです!
口当たりは見た目通りとろりとまろやか、しかし味わいは違います。
青リンゴを思わせる爽やかな甘味、それにスッキリした酸味と炭酸が加わります。
後味は少々アルコールを感じさせる辛味でキレます。
正直、日本酒度-32のにごり酒とは思えないほどの爽快感です。
温度が上がると、果実味が増してきますが、爽快感は健在。
甘さと爽やかさを両立できている、良いにごり酒なのではないでしょうか。

数値以上に爽やかで飲みやすく、活性も丁度良い、非常においしい活性にごりだと思います。。
今年の販売は多分終了していると思いますが、活性にごりが好きな方は是非来年吉野酒造さんに足を運んでみてはいかがでしょうか?


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ
関連するタグ にごり酒

華鳩 にごり酒 貴醸酒ブレンド

広島の日本酒
02 /15 2017
みなさんはカップ酒にどんなイメージをお持ちでしょうか?
オヤジ臭い、不味い、低品質・・・中にはそういうイメージを持つ方もいるかもしれません。
僕も未成年の頃はそう思っていましたが、今は「カップ酒も悪くない」なんて思っています。
地方に行けばご当地カップ酒もたくさんあり、高品質なものも少なくありません。
志太泉のにゃんカップなど可愛らしいデザインのものも多くありますし、なにより移動しながら飲めます。
出張の時などは、移動中にご当地カップ酒で一杯やるのも楽しみだったりします。

ね?案外、カップ酒も悪くないんですよ?
そんなわけで、今日はカップ酒です!


IMG_1697.jpg
IMG_1699.jpgIMG_1700.jpgIMG_1698.jpg



華鳩 にごり酒 貴醸酒ブレンド

広島県呉市の榎酒造さんのお酒ですね。
以前広島に行った際に尾道市のスーパーで購入、帰りの飛行機で飲む予定でしたが結局飲めず今に至ります。

原材料に糖類が含まれるため、普通酒になりますね。
また貴醸酒をブレンドしているため、清酒が原材料に含まれるのも特徴かと。

さて、さっそく飲んでみます!
ですが一合飲んだだけで偉そうに色々書くのも・・・と思いますので感想はサックリと

香りはにごり酒らしくまろやかさを感じる甘いものを微かに感じます。
口に含むと、やはり非常に甘くとろりとしていて、甘酒っぽいです。
飲み下す頃には貴醸酒のものと思われる、カラメルやバニラのような甘味も感じられますね。
量が足りずチャレンジできませんでしたが、お燗やソーダ割りも美味しいんじゃないかな?


ラベルの文章もあり、個人的には雪景色を眺めながらの電車旅にぴったりなイメージです。
甘くて濃厚なにごり酒が手軽に楽しめる、いいカップ酒だと思います。



↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ
関連するタグ にごり酒

花陽浴 純米大吟醸 山田錦 瓶囲無濾過原酒(27BY)

埼玉の日本酒
02 /13 2017
・・・明日はどうやらバレンタインデーらしいですね。
僕のような冴えないオタクには縁もゆかりもありませんし、いっそバレンタインなんて中止でもいいんじゃないですかね?
いつも通り会社に行き、仕事をこなし、帰宅してアニメを見ながら酒を飲む・・・そんな一日を過ごすことでしょう。
ね?イベントなんて何一つ無い、普通の一日でしょ?

・・・なんだか書いてて悲しくなってきました。
こんな日は、せめてお酒だけでも甘くとろけるようなものを飲みたいと思います。



IMG_1680.jpg
IMG_1681.jpgIMG_1682.jpgIMG_1683.jpgIMG_1684.jpg



花陽浴 純米大吟醸 山田錦 瓶囲無濾過原酒(27BY)

埼玉県は羽生市の南陽醸造さんのお酒です。当ブログでは早くも8回目の登場になります。
今回いただくのは花陽浴の最高峰、山田錦40%精米の純米大吟醸の火入れスペックです!
ラベルに印字されている日付は滲んでしまっていますが、28年11月出荷分の27BYのものですね。

過去の記事でも書いていますが、28BYの花陽浴の味は良くも悪くも「らしくない」味なのではないかと思います。
そんなこともあり、この山田錦の純大は温存しようと思っていたのですが、冷蔵庫事情と馴染みの居酒屋さんから「欲しければうちの在庫譲るよ?」と言われたこともあり、今回開栓に踏み切りました。
そもそもこれもその居酒屋さんから定価で譲っていただいたものだったりします・・・


さてさて、さっそくいただいてみましょう。
上立ち香は非常に華やか、パイナップルを連想させるこれぞ花陽浴の香りといえるものだと思います。

チビリと口に含んでみると・・・ベタな表現ですがとっても甘くてフルーティーですね。
おろらく普段日本酒を飲まない人に飲ませたら「すごーい!あまーい!」といった感じの反応をするのではないでしょうか。
最近花陽浴はKinKi Kidsの番組でも「パイナップルジュースのような日本酒」と紹介されたようですが、27BYにおいてはその表現はピッタリだと思います。KinKiは好きだけどTVで花陽浴は出して欲しくなかった・・・
とろりと濃厚な甘味、そして適度な酸味でカプエチ全開・・・TVの通りパイナップルジュースのようだと表現するのがわかりやすいですね。個人的にはパイン+リンゴのイメージ
しかしその濃厚な味わいも高精白なこともあってか山田錦 純米吟醸と比べると、すっきりとした印象。
温度が上がっても苦味や渋味はあまり感じません。

あざといほどに甘くフルーティーです。それこそ甘くとろけてしまいそうなほど
けれど、それでもどこか綺麗に思えてしまう、絶妙なバランスを持ったお酒なのではないかと思います。


近々、28BYの山田錦 純米大吟醸が発売されると思います。
今年のスッキリした花陽浴も好きなのですが、できればまたこの味を・・・と期待しちゃってますね。



↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ
関連するタグ お気に入り花陽浴

風の森 露葉風 純米大吟醸しぼり華

奈良の日本酒
02 /11 2017
おはようございます!
冬の休日、窓から差し込む日差しに、凛とした空気・・・いい朝ですね。
絶好の朝酒日和、です!
・・・え?お出かけなんてしませんよ。だって外は寒いじゃないですか。今日は一日引きこもって、飲みながらアニメを見るんです!
そんなわけで今日もお酒を飲んじゃいましょう♪




IMG_1669.jpg
IMG_1671.jpgIMG_1670.jpgIMG_1673.jpgIMG_1674.jpg



風の森 露葉風 純米大吟醸しぼり華

見つけたときは「露葉風に純大なんてあったっけ?」と思いましたが、それもそのはず28BYからの新商品のようですね。
酒屋のお姉さんの話によれば、露葉風は少し特殊なお米で精米が難しいらしいです。
ですが近年の品質向上を受けて、こうして50%精米の純米大吟醸を造ることにしたんだとか。
新商品、そして何より僕はまだ露葉風で造ったお酒を飲んだことがなかったため、迷わず購入しました。
スペックは奈良県産露葉風50%精米の純米大吟醸、無濾過無加水生酒。詳しくは裏ラベルの写真をご覧ください。
露葉風についても詳しく書くと長くなりそうなので、興味がある方は「露葉風」でググッてね♪


それではさっそくいただいてみましょう。
上立ち香は風の森らしい若いメロン系の甘い香りに清涼感の混ざった感じです。

チビリと口に含んでみると・・・なんだか複雑な味です。
甘味はマスカットっぽいものをやや強く感じ、酸味もあって全体的に爽やかな感じです。
それでいてどこか一昔前のお酒を思わせる癖?渋味?といった味も少し混じり厚みのある印象を受けます。
そしてやはり風の森らしいガス感は健在で、シュワシュワすっきりな飲み口。
甘いけどちょっぴり渋くて・・・どこか癖があるのに爽やかで・・・とても不思議なお酒ですね。
このお酒の感じ方は、かなり個人差があるのではないかと思います。
僕的には「イケる味」ですが、この複雑な味を良しとしない人もいるかもしれません。


開栓二日目は手をつけず、三日目・・・なんだか癖が弱まったように感じます。
冷えた状態ではスッキリ甘く爽やかで透明感があり万人受けしそうな印象。
温度が上がると少し癖が出てきますが、これも良いアクセントになるのではないでしょうか。


個性派な味わいを楽しむなら一日目、それが気に入らなければ少し時間を置くといいと思います。
どちらにしても、風の森ファンにはおすすめできるお酒ですね。



↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ
関連するタグ

姿 純米吟醸 無濾過生原酒 雄町 中取り

栃木の日本酒
02 /08 2017
明日は首都圏でも雪が降るかもしれないみたいですね。
「雪」と聞くとどうしても3年前、μ's4thライブのときの大雪を思い出してしまいます。
あの日は本当に大変でした・・・まあ大変だった以上に楽しかったんですけどね。

・・・ま、そんな話は置いておいて、今日もお酒を飲んじゃいましょう♪


IMG_1651.jpg
IMG_1653.jpgIMG_1652.jpgIMG_1654.jpg


姿 純米吟醸 無濾過生原酒 雄町 中取り

栃木県栃木市の飯沼銘醸さんで醸されるお酒です。
なんとなく雄町の酒が飲みたくなりまして、「姿」なら安心だろうと思って馴染みの酒屋さんで購入しました。
雄町は個人的には好きな酒米なのですが、当ブログではおそらく初雄町ですね。
スペックは・・・写真を見てください!裏ラベルに全部書いてあります。


それではさっそくいただいてみましょう。
上立ち香は甘い果実香をほんのりと感じます。
決して強い香りではありませんが、なんとなく厚みがあるようにも感じますね。

チビリと口に含んでみると・・・おぉ!雄町ですよ!
ふくよかで一癖ある、非常に雄町的なお酒です。
どっしりとしていて包容力のある甘さ、そして癖はあるのにどこか柔らかい酒質・・・僕的にはこれぞ雄町といった感じです。
表現が難しいのですが、フルーティーで嫌味のない癖を持ったどっしり系甘旨なお酒とでも言えばいいかな?
味がどうこうと言うよりもただ一言「美味い雄町のお酒」と書いたほうが、酒好きな方には理解していただけるかもしれません。

そして開栓から2日目!
じつは僕が一番楽しみにしていたのはこのタイミングなんです。
このブログを始める前に、花陽浴や十四代の雄町も飲んでいるのですが、最も美味しく感じたのが2日目なんですよね。
口に含んでみると・・・予想通り!いい塩梅に癖が抜けて飲みやすくなってます。
個人的な意見なのですが、雄町特有の癖は開栓後の時間経過と共に抜け、それと入れかわりに甘味が立つように感じます。
僕的には開栓から2日目、もしくは3日目が雄町の特徴と飲みやすさを両立できるタイミングなのではないかと思います。


僕のような日本酒初心者がこう書くのはおかしいかもしれませんが、酒米の特徴を引き出した雄町らしいお酒だと思います。




↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ
関連するタグ

而今 純米吟醸 山田錦 無濾過生 2016BY

三重の日本酒
02 /07 2017
僕は仕事の合間や、お酒を飲みながら日本酒ブログをよく読みます。
飲んだことが無いお酒や、気になっているお酒の味について、ブロガーさんたちのレビューはものすごく参考になるんですよね。
皆様いろんなお酒を飲んでいて、的確に表現されていて、僕もそれに憧れてブログを始めたのです。・・・アイコンが「ゲームと酒」な方とか飲兵衛廃人な方は本当に尊敬しております。

そんなブロガーさんたちを見て、「いろんな銘柄について書きたい!」
そう思っていた時期が僕にもあったのですが・・・今日のお酒はこちらです。



IMG_1655.jpg
IMG_1657.jpgIMG_1658.jpgIMG_1656.jpg


而今 純米吟醸 山田錦 無濾過生 2016BY

・・・当ブログ的には約2週間ぶりの而今です。

いろんな銘柄を書くつもりだったんです・・・でも仕方ないじゃないですか!
酒屋さんで「而今あるよ?」って声かけられたら、そりゃ買ってしまうじゃないですか!
・・・ブログ開設当初は「花陽浴以外はそんなに銘柄かぶりはないだろう」と思っていたのですが、三ヶ月でこの而今を含めいくつの銘柄がかぶっていることか・・・僕が憧れていた数多くの銘柄をレビューする日本酒ブログは夢のまた夢ですね。


・・・まあ、そんな話は置いておいてお酒について書きましょう!一応日本酒ブログですもんね!
スペックは山田錦50%精米の純米吟醸、無濾過生のものです。
而今では兵庫県吉川産、東条産山田錦を使用した純米吟醸も販売されていますが、こちらは三重県産の山田錦を使用したスタンダードなものですね。


それではさっそくいただいてみましょう。
上立ち香は爽やかな果実香を感じます。
決して強いものではありませんが、甘く爽やかな感じです。


チビリと口に含んでみると・・・こんな表現はどうかと思いますが清楚系ヒロインみたいなお酒です!
舌にピリリと微かなガス感があり爽やかな口当たり。
甘味はやや強く感じるものの、リンゴ?若いメロン?といった爽やかさ主体の印象。
やや強めの甘味に負けない酸味もあり、バランスはいいと思います。
この甘味と酸味のバランスが良く、全体としては非常に爽やかで上品です。
苦味や渋味も無く、嫌味な感じがありません。


・・・これは余談なのですが、27BYの吉川山田の火入れが手元にあったので飲み比べてみました・・・やっぱ生の方が断然旨いですね!
火入れはアルコール感を強く感じますが、生はそんなこともありませんでした。
出荷時期の違いもあるため一概には言えませんが、「而今の本分は生酒にある!」と言ってもいいほどの差があると思います。
吉川山田の写真は載せておきます。
※吉川山田は出荷から時間が経っていることもありレビューするつもりはありません。

IMG_1659.jpgIMG_1660.jpg



すみません・・・酔っ払って(ひだまりラジオリメイクを聴きながら)書いてたから、文章めちゃくちゃかもしれませんが、やっぱ而今は旨い!!
今後手に入るかは酒屋のお姉さんの機嫌次第!
そんな而今ですが、今後も手に入ればこうして感想を書きたいと思います。
なんかもう、わけわからない感想になってしまい、申し訳ございません!



↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ
関連するタグ

すん

20代後半のオタク会社員。

好きなお酒は花陽浴や正雪など・・・
好きなアニメはラブライブ!や機動戦艦ナデシコなど・・・