亀泉 純米吟醸原酒 CEL-24 生酒

高知の日本酒
11 /30 2016
上司のことをあまり快く思わない人ってたぶん多いんじゃないかと思います。
何を隠そう僕もそのうちの一人です。
今日も上司へのイライラを抱えて帰宅して、一人いそいそとお酒を飲むわけです。
こんな日には、イライラを忘れられるような甘くて美味しいお酒が飲みたいな・・・というわけで本日はこのお酒です。



IMG_1339.jpg
IMG_1340.jpgIMG_1341.jpg




亀泉 純米吟醸原酒 CEL-24 生酒

高知県土佐市の亀泉酒造さんで醸されるお酒です。
様々な数値が書かれたラベルが特徴的ですね。
このラベルだと詳細の説明は不要なので、文章を書くのが楽でいいですね(笑)


上立ち香は甘酸っぱい感じ・・・結構強めの香りです。
チビリと口に含んでみた瞬間、これ好きな味だ!って感じました。
甘味が強くてフルーティー!リンゴがメインで微かにパインといった感じ・・・
僕のような若造や、多分女性は好きな甘さだと思います。
甘味の後には白ワインと似た爽やかな酸味・・・リンゴ酸のものかな?
苦味や渋味は少なく綺麗な印象、濃厚ながら爽やかな甘酸っぱさを楽しめるお酒ですね。


実はこのお酒、友人から「花陽浴が好きなら飲んでみて!」と勧められて購入したお酒だったりします。
友人がそう言うのも納得の味、甘くてフルーティーなお酒が好きな方は飲んでみて損は無いお酒なんじゃないかと思います。



日本酒 ブログランキングへ
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

而今 特別純米 にごりざけ生

三重の日本酒
11 /29 2016
何分、立ち上げたばかりで右も左もわからないものですから、やっぱり話題性のあるお酒について書いた方がいいのかな?
なんて思っちゃったりしています。

ここは手持ちのネタを出し惜しみせずに話題になりそうなお酒をっ!というわけで、本日のお酒はこちらです。


IMG_1332.jpgIMG_1333.jpg


而今 特別純米 にごりざけ生

三重県名張市の木屋正酒造さんで醸されるお酒です。
日本酒好きなら知らない人を探すほうが難しいような人気銘柄ですよね。
そんな而今の中でもおそらくこの特純にごりが、28BYの一発目なんじゃないかと思います・・・多分きっと・・・。
入手難なお酒ですが、馴染みの酒屋さんのご好意で手に入れることが出来ました。酒屋のお姉さんには感謝ですね。



IMG_1334.jpgIMG_1338.jpg

瓶の底には大量の滓が沈殿しています。
それを攪拌してお猪口に注げば、底が見えないほどに真っ白・・・美味しそうです。

立ち香はほんのり麹の香りのようなものを感じますが、かなり薄いものです。

チビリと口に含むと、思ったよりも軽やかな味わいに驚きました。
にごり酒といえば、どちらかといえば重めの印象を持つ方が多いと思いますが、このお酒はそんなことはありません。
ピチピチとしたガス感、そして生酒ならではのフレッシュさがあって、まったり飲むというよりはスイスイ飲めてしまう感じです。
それでいてにごり酒らしいまろやかさもあって、飽きずにいくらでも飲めてしまいそう・・・いわゆる「やばい酒」ってやつですね。
味と含み香は爽やかな甘さが中心でしょうか、何となく若いメロンを彷彿させるような感じ・・・イソアミル系ってやつなのかな?
味的には、初夏に発売されたたかちよのSEVENが近いんじゃないかと思います。もちろん造りの上手さの差はあると思いますが・・・


人気銘柄は伊達じゃない!といった味わいのお酒なんじゃないかと思います。
なかなか手に入らず、外で飲むお酒といったイメージの強い而今ですが、願わくば他のスペックも家でじっくりと味わってみたいですね。


日本酒 ブログランキングへ

花陽浴 純米大吟醸 八反錦 瓶囲無濾過原酒

埼玉の日本酒
11 /28 2016
やはりまずは好きなお酒から・・・というわけで、1回目はこちらのお酒です。


unnamed.jpg
unnamed (2)
unnamed (1)


花陽浴 純米大吟醸 八反錦 瓶囲無濾過原酒

埼玉県羽生市の南陽醸造さんで醸されるお酒です。
いろいろありまして今現在僕の最も好きな銘柄だったりします。

そんな中でもこのお酒は、八反錦48%精米の純米大吟醸火入れスペックとなっています。
もう今年の新酒も発売されていますが、それはおいおい飲むとして、まずはこちらを飲んでいきましょう。



香りは果実感溢れるフルーティーな感じ。
いかにも「花陽浴」なものです。

チビリと口に含んでみると、味わいもやっぱりフルーティー。
パイナップルにちょっぴりリンゴジュースを垂らしたような、濃厚な甘味と可愛らしい酸味がとても魅力的です。
甘味の後には苦味が残り、キリリと味を引き締めてくれます。
甘味の強いお酒ですが、この苦味のおかげであまりベタベタした感じはありません。

やっぱり美味しいお酒ですね・・・。
火入れと米質の影響か、花陽浴としては甘味や香りは控えめで、やや男性的な印象を受けます。
開栓から3日目くらいでかなり甘味が立って「らしい」味わいになりました。

入手がどんどん難しくなっている銘柄ではありますが、これからの季節続々と登場する生酒もできる限り味わっていきたいですね!


お酒・ドリンク ブログランキングへ

はじめまして

未分類
11 /28 2016
はじめまして
すんと申します。
アニメとお酒が生きがいの20代オタク会社員でございます。

後輩に勧められ、飲んだお酒の記録もかねてブログを始めてみたりして・・・
ブログの使い方もよくわからないし、お酒も初心者ですがどうぞよろしくお願いいたします。

すん

20代後半のオタク会社員。

好きなお酒は花陽浴や正雪など・・・
好きなアニメはラブライブ!や機動戦艦ナデシコなど・・・