FC2ブログ

二兎 純米吟醸 雄町五十五 火入れ

愛知の日本酒
10 /31 2018
IMG_2379_20181031164611972.jpg
IMG_2380_20181031164612a92.jpgIMG_2381_201810311646133a0.jpg



二兎 純米吟醸 雄町五十五 火入れ

愛知県岡崎市の丸石醸造さんで醸されるお酒です。
僕は(日本酒ブロガーのくせに)あまり丸石醸造さんについては詳しくないのですが、二兎のほかに「徳川家康」という銘柄があるようですね。
「二兎」といえば人気銘柄の一角というイメージですが、僕が普段通っている酒屋さんでは扱いが無く、ブログでは初登場、家飲みは2回目ですね。

今回頂くのは雄町使用のお酒。
雄町を使用し精米歩合は55%、一回火入れのお酒ですね。
普段ならこの手のお酒で火入れに手を出すことは少ないのですが…僕は二兎とのエンカ率が低いので手を出してしまいましたね。

さて、それでは早速いただいてみましょう!
上立ち香はだいぶ酸に寄った甘酸っぱい香り。
柑橘っぽいかな…?僅かに乳酸っぽい気もする…?

含むとやはり酸に寄った甘酸っぱい味わいです!
甘味は普通~やや強め程度、甘味が単品で感じられるのは含んですぐのタイミングだけ。
すぐに強めの酸味が合流して、口内を甘酸っぱさが埋めていきます。
やはり柑橘系に若干乳酸が混ざったような…そんな印象の甘酸っぱさです。
中盤の旨味の膨らみはそこそこのもの、ただ旨味が膨らむのと同じタイミングで酸もピークを迎えるのでそこまで目立ちません。
後味もやはり酸が中心、キュッと締めるような酸と軽い辛さ、そして舌の根元には苦味が残ります。

二日目以降はある程度か酸が弱まりますね。
この時点でやや酸に寄ってはいるものの甘酸のバランスの取れたいわゆる「イマドキ」な味。バランス面では初日と比べ優れていると思います。
ただ酸味はこのお酒の個性でありアイデンティティであると思います。
そういった意味では初日と比較しバランスは良くなれど、無個性になってしまったと言えるかもしれません。


しっかりとした酸が魅力の甘酸っぱいお酒でした。
僕的にはオレンジのフレーバーティーに角砂糖を一個、さらにレモンを一搾りしたようなイメージのお酒だと思います。本来はフレーバーティーにレモンは邪道ですが、そんな感じの味。
僕は酸が強い(もしくは強く感じる)お酒はちょっと苦手なのですが、甘味もあって酸味一辺倒ではないので美味しくいただくことができました。
エンカ率の低い二兎ですが、今度は生を飲みたいですね。

二兎 純米吟醸 雄町五十五 火入れ
丸石醸造株式会社(愛知県)
お気に入り度 8.6/10.0

↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

スポンサーサイト
関連するタグ

山崎醸 夢吟香 DREAM 純米大吟醸 生原酒

愛知の日本酒
02 /28 2018
ちょっと前まで覚えていたはずなのに、どわすれしちゃうことってありますよね?
実は今現在僕はそんな状態でして・・・前置きで何を書こうとしてたか思い出せないんです。
それもこれも記事を書く前にアニメを見てしまったのがいけませんね・・・それまでは覚えていたことをすっかり忘れてしまいました。
見てたのは「りゅうおうのおしごと!」です。可愛いキャラとコミカルな描写、熱い展開もあって面白いです。

アイデアはちゃんとメモしておくべきだなとひとつ学習しつつ、今日も日本酒を飲んじゃいましょう!


IMG_0810.jpg
IMG_0811.jpgIMG_0813.jpgIMG_0812.jpg



山崎醸 夢吟香 DREAM 純米大吟醸 生原酒

愛知県西尾市の山崎合資会社さんで醸されるお酒です。
ブログ的には初登場になる愛知県のお酒。
山崎醸という銘柄も初飲みだと思います。

今回頂くのは、愛知県の酒米である夢吟香を使った純米大吟醸。
夢吟香はかなり新しい品種のお米で、栽培されるようになったのはここ数年のことなんだとか。
高度精白が可能で吟醸酒に向いた酒米のようですね。
その愛知県産夢吟香を使用し、精米歩合は50%の純米大吟醸、生原酒なお酒です。
目を惹く色使いのラベルには渡り蝶として有名なアサギマダラが描かれています。
僕的にはアサギマダラをラベルに描くのであれば、赤ではなく青を使ってほしかったなと思います。

さて、それでは早速頂いてみましょう!
上立ち香は結構華やか。
リンゴとパインの中間といった感じの甘く熟した果実香です。

チビリと口に含んでみると・・・綺麗な中に一癖ありますね。
含んですぐに感じられる甘味はやや強め、上立ち香の印象どおり果実感のある華やかなものです。
甘味に寄り添う酸味は下支えといった感じ、この時点ではあまり目立ちません。
中盤で独特のコクのある旨味が広がります。初日に関してはこのタイミングで若干刺々しい感じもありました。
後味は酸が膨らみ、若干の甘さと旨味の余韻を残しつつ口から消えていきます。
二日目以降は初日に感じた刺々しさが弱くなり、ややマイルドな味わいに。
それでも中盤の個性は維持できているので、僕は二日目以降のほうが好きでしたね。

流行の味っぽいのにちょっぴり癖のある、面白いお酒でした。
山崎醸の通常品も機会があったら飲んでみたいですね。


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

関連するタグ

すん

20代後半のオタク会社員。

好きなお酒は花陽浴や正雪など・・・
好きなアニメはラブライブ!や機動戦艦ナデシコなど・・・