FC2ブログ

陸奥八仙 貴醸酒

青森の日本酒
10 /22 2018
最近はだいぶ気温も下がり、朝晩は寒く感じる日も多くなりましたね。
その朝晩の空気感、澄んでいるけれど冬のように露骨に冷たくはない感じが僕は好きです。
この時期は星見にも最適で、夏ほど空気が淀んでないし虫も多くない、冬ほど寒くも気流が乱れてもいない、それでいてしっかりと冬の一等星たちを楽しめます。
冬の星座は今時期ですとちょうど見やすい時期にありますし、晩酌の途中に一枚上着を羽織って星見酒なんかも乙なものですよね。
冬の星座は一等星が多く華やかですし、都会でも見える星が多いです。
星見には望遠鏡も双眼鏡もいらないんです、気が向いたら皆さんも夜空を眺めてみてくださいね。

さて、それでは本日も日本酒を飲んじゃいましょう!


IMG_2343.jpg
IMG_2344.jpgIMG_2345.jpg



陸奥八仙 貴醸酒

青森県八戸市の八戸酒造さんで醸されるお酒です。
青森酒としては首都圏での知名度も高い銘柄ですよね。
ブログ的には約一年前に「はっせんぺーるえーる」を飲んでますね。
あれはビールに近い味だったし、今回は貴醸酒だし……近いうちに普通のも飲まなきゃな。

今回頂くのは陸奥八仙の貴醸酒です。
裏ラベルの情報は最小限ですね。ほとんどスペックがわかりません。
記載はされていませんが華吹雪使用だと聞きました。精米歩合や日本酒度は…わかりません。
何も考えずに飲むのならあまり気にしないのですが、ブログを書いている身としてはこういった情報も欲しくなってしまいますね。


さて、それでは早速いただいてみましょう!
上立ち香は、蜂蜜と柑橘、それから洋酒的…バーボンのような甘い穀物感が合わさったもの。
いわゆる貴醸酒の香りですね、やや爽やか目かな?

含むと甘く爽やか、そしてビターな感じです。
甘味は強め、貴醸酒としては普通かやや弱めかな?
酸味はしっかりとしていて、柑橘っぽい爽やかで清涼感があるものですね。
酸と甘味が合わさり、どこかハニーレモンっぽいです。
中盤以降はその甘酸っぱい味わいから、グレープフルーツの皮のような苦爽やかな味へと移り変わっていきます。
後味は苦味が前に出て、軽い酸味が加わる感じ。甘味はさほど残らずビターでオトナな後味です。
いわゆるビタースイートな味わいなのですが、酸を基点にしっかりと甘味と苦味が分かれている印象です。
僕個人としては、柑橘の皮を用いた砂糖菓子やチョコレート菓子が近い味わいなのではないかと思います。

酸と苦味が立った美味しい貴醸酒でした。
どこか大人向きのお菓子的な味わいですね。
勝手なイメージなのですが、薄暗いホテルの一室で恋人と一緒に飲むのが似合うお酒だと思います。(僕には恋人はいませんのであくまでイメージです)
オトナな夜に華を添える一杯として、いかがでしょうか?



↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

スポンサーサイト
関連するタグ

善知鳥 大吟醸 百四拾

青森の日本酒
08 /27 2018
IMG_1982.jpg
IMG_1983.jpgIMG_1984.jpgIMG_1985.jpg



善知鳥 大吟醸 百四拾

青森県青森市の西田酒造店さんで醸されるお酒です。
青森県が誇る人気銘柄「田酒」の蔵として有名ですね。
「田酒」シリーズは純米で、この善知鳥と喜久泉はアル添です。

今回頂くのはアル添である善知鳥。
青森の酒造好適米である華想いを使用し、精米歩合は35%の大吟醸酒。
以前は精米歩合は40%だったようですが、グレードアップしたみたいですね。
「百四拾」の名は華想いがかつて命名される前の系統名が「青系酒140号」だったことに由来しているようです。
銘柄名の「善知鳥」は北方に生息するウミスズメ科の海鳥のことですね。これに関しては蔵元HPで詳しく書かれていますので、興味のある方はそちらをご覧ください。

さて、それでは早速いただいてみましょう♪
上立ち香は淡くも華やか。
軽くアルコールの清涼感が混ざったメロン+柑橘な香り。

含んでみると、田酒のイメージから想像したよりも軽やかで綺麗な味わい。
真っ先に感じられる甘さはやや強めのもの。メロンに柑橘、それから花な感じ。
それなりに強く感じられますが、線が細く透明感があると思います。
中盤の旨味はやや淡いものですが、バランスは良いです。
じんわりと軽い苦味も感じられ、これが柑橘っぽい印象を強めていますね。この苦味は初日よりも二日目以降の方が強く感じられるかと。
後味は淡い甘味と旨味が自然な感じに残ります。
終始アルコールの刺々しさは無く、まろやかな口当たり。唯一アルコール感が感じられるのは、飲み下した後に息を吸い込むときでしょう。

スルリと飲めてしまう、綺麗で美味しいお酒でした。
僕個人の意見としては、田酒よりも好きですね。重くないのが良いです。
35磨きの大吟醸としては価格もお手ごろだと思いますし、買って損はないのではないかと思います。

善知鳥 大吟醸 百四拾
株式会社西田酒造店(青森県)
お気に入り度 9.0/10.0

↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

関連するタグ

北勇 至華

青森の日本酒
11 /02 2017
連続出張の疲れが出たのか、先日会社に1時間遅刻するという失態をやらかしました。
目覚ましを止めた記憶も全く無く、時計を確認した時は焦りを通り越して「・・・有給使っちゃおうかな」とか考えちゃいましたね。
ま、うちは有給消化率10%未満な黒い会社なので、現実逃避もほどほどに出社して、にやにやと笑う後輩に「夕べは何杯飲んだんですか?」と出迎えられたのでした。

明日は祝日ですし、寝坊しても大丈夫・・・
なので、心置きなく日本酒を飲んじゃおうと思います!


IMG_0281.jpg
IMG_0282.jpgIMG_0283.jpgIMG_0284.jpg



北勇 至華

青森県むつ市の関乃井酒造さんで醸されるお酒です。
関乃井酒造さんは本州で最も北に位置する酒蔵さんで、下北半島においても唯一の造り酒屋、「関乃井」や「北勇」といった銘柄があります。
創業以来地元の人々に愛される本当の地酒造りを目指してきたとのこと、そのため地域密着地産地消な銘柄のようですね。
地元の方の評判も良く、半島内でも地域によって限定商品を販売するなど、まさにその土地に根付いたお酒なのでしょう。
ネットで検索しても情報がかなり少ないですが、ローカルなお酒だから仕方なしですね。

今回頂くのはそんな関乃井酒造さんの北勇。
青森県産の華想い40%精米、醸造アルコールが添加されています。
ラベルに特定名称の記載はありませんが、大吟醸クラスのお酒ですね。
純米や純吟クラスのものもありましたが、旅館で頂いた関乃井本醸造が好印象だったので、あえてアル添のものを購入しました。

さて、それでは早速頂いてみましょう♪
上立ち香は甘く華やか、それでいてアルコールの清涼感も合わさって軽やかなもの。
上手な大吟醸といった香りです。ややカプエチ感あり。

チビリと口に含んでみると・・・おぉ、旨いですよ!
まず感じられるのは華やかで綺麗な甘味。
和梨っぽさもありますが果実よりも花に近く、フローラル(?)な感じ。女性受けしそうです。
甘味の膨らみと共に、若干の渋味も感じられます。この渋味も良いアクセントになってますね。
酸味や苦味は少なく、後味は爽やかなアルコール感がありつつも、華やかな余韻が残ります。
きっと造りが上手いのでしょう。上立ち香と同様に、アルコールを感じさせつつも、ぜんぜん嫌味じゃないですね。

まるでフラワーブーケのような印象で、母の日に贈りたくなるようなお酒でした。
旅館で頂いた本醸造は美味しい食中酒といった感じでしたが、こちらは単品で楽しみたいタイプですね。
甘爽やかで、最近の自分のストライクゾーンど真ん中な味。
首都圏では購入が難しいのが残念でなりません。・・・取引先に頼んで今度送ってもらおう。



↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ
関連するタグ お気に入りイチオシの酒

陸奥八仙 はっせんぺーるえーる ~米とホップ~

青森の日本酒
10 /05 2017
今週末は連休ですね~、みなさんどこかお出かけされますか?
僕は久しぶりに静岡に行ってこようかと思ってます。
年末になると忙しくなるし、行くなら今のうちですよね。

なんて、休みの予定を考えつつ、今日もお酒を飲んじゃいましょう!


IMG_0125.jpg
IMG_0126.jpgIMG_0127.jpg



陸奥八仙 はっせんぺーるえーる ~米とホップ~

青森県八戸市の八戸酒造さんで醸されるお酒です。
陸奥八仙の試作品で、過去にはヴァイツェンをイメージしたお酒も出てますね。
いつもの酒屋さんで勧められて購入しました。

今回頂くのはなんというか突っ込みどころ満載のスペックです。
「お米でビールを造ろう!!」というコンセプトのようで、原材料にはホップが含まれています。そのため清酒ではなくリキュールになりますね。
詳しいことはよくわかりませんが、目指した味わいはペールエールのようです。
全文打ち込むのはめんどくさいので、是非裏ラベルの写真をご覧ください。
グラスに注いでみると、泡立ちがよく、ビールを少し薄くしたような小麦色です。


さて、それではさっそく頂いてみましょう♪
上立ち香は・・・まんまIPAです!それもクラフトビール専門店で出てくるような本格的な香り。
この香りで日本酒だと思う人はほとんどいないでしょう。

チビリと口に含んでみると・・・飲みやすいIPAだよこれ!
強いガスと、苦味と旨味の合わさったまさにビールといった味わい。
飲み下す前にはやはりビール的なシトラスの香りと、ほんのり甘さが感じられます。
そして、若干の渋味を残しつつも、喉越しが完全にビール。
意識して飲んでみると、極僅かな日本酒感もありますが、もうほとんどビールです。
何も知らずに飲んだら、間違いなくビールだと思う味ですね。

まさかここまでビール味だとは思わず、どう表現したものかと戸惑うような・・・とってもビールな味でした。
日本酒好きよりもクラフトビール好きにお勧めしたいお酒ですね。
ある意味では他に類を見ない、超個性派な一本だと思います。


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ
関連するタグ

すん

20代後半のオタク会社員。

好きなお酒は花陽浴や正雪など・・・
好きなアニメはラブライブ!や機動戦艦ナデシコなど・・・