FC2ブログ

古伊万里 前 純米吟醸

佐賀の日本酒
01 /20 2018
さて、一月も半ばを過ぎてぼちぼち花粉対策を始めなくてはなりません。
飛び始める前から薬を飲んでいれば、症状がだいぶ楽になりますからね。
辛い時期をできる限り快適に過ごすため、多少の出費は仕方ありませんね。

そんなことを考えつつ、今日もお酒を飲んじゃいましょう!


IMG_0644.jpg
IMG_0645.jpgIMG_0646.jpg




古伊万里 前 純米吟醸
佐賀県伊万里市の古伊万里酒造さんで醸されるお酒です。
読み方は「こいまり まえ」ではなく「こいまり さき」のようですね。
見かけることはあった銘柄ですが、今回が初飲みだったりします。

今回頂くのはそんな古伊万里の純米吟醸。
山田錦55%でおそらく一回火入れですね。
この純米吟醸は2013年の全米日本酒歓評会吟醸酒の部でグランプリを受賞、さらにインターナショナル・ワイン・チャレンジ2017で金メダルを受賞したようで、そのシールも貼ってありますね。
余談ですが古伊万里酒造さんではしずく搾りのことを「垂直落下式」と呼ぶようです。なんだかプロレス技みたいで強そうですね。それを飲んで酔いつぶれた場合は「決まり手 垂直落下式純米吟醸→体固め」でしょうか(笑)
「トランキーロ」と名の付いたお酒もあるらしいので、蔵元がプロレスファンであることは間違いないでしょう。

さて、それではさっそく頂いてみましょう♪
上立ち香は、気持ち酸が強めの果実香。

チビリと口に含んでみると・・・火入れだけどフレッシュな感じです!
フルーティーな甘旨味に、火入れながらも微かに残ったガスが好印象です。
一拍置いて、やや棘のある強めの酸味と渋味が感じられ、締め上げられるような感覚。
後半には辛さも加わり、なかなか賑やかな印象です。
二日目以降は酸味と渋味が弱まり、やや落ち着いた印象。
甘味が際立ち、まろやかな甘口といった感じですね。
それでも酸は程よく残っており、ガスもまだギリギリ感じられるので、フレッシュさは維持できています。
僕的には二日目のほうが断然好みでした。


生のものも飲んでみたくなるような味わいでした。
垂直落下式も気になりますね。


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

スポンサーサイト
関連するタグ

鍋島 純米吟醸 生酒 山田錦

佐賀の日本酒
10 /02 2017
10月です!
いやぁ、月日が過ぎ去るのは早いですねぇ。まごまごしてるとすぐ年末になってしまいそうです。
またすぐにあの忙しい年末年始がやってくると考えると、嫌になっちゃいますね。

なんて、ぼんやり考えつつ今日も日本酒を飲んじゃおうと思います!


IMG_0122.jpg
IMG_0123.jpgIMG_0124.jpg


鍋島 純米吟醸 生酒 山田錦

佐賀県鹿島市の富久千代酒造さんで醸されるお酒です。
人気、知名度共に高いお酒ですが、実は頂くのは今回で二回目だったりします。
前に頂いたのは約二年前、たしか山田錦の純米大吟醸を家飲みしました。
酒屋さんにも「これだけの酒好きで鍋島をほとんど飲んだこと無いなんて珍しいね」と言われちゃいました。
良い機会だと思い、五百万石と迷いつつも山田錦を購入しました。

そんなわけで、今回頂くのは山田錦の純米吟醸、その生酒です。
精米歩合は50%で、これぞ王道といったスペックですね。

さて、それでは早速頂いてみましょう♪
上立ち香は甘酸っぱい果実のような香り。

チビリと口に含んでみると・・・正統派甘旨な感じです!
含むと微かなガスと共にジューシーな甘味が感じられます。
甘味はリンゴにほんのり葡萄といった印象。程よく濃厚で嫌味のない強さです。
甘味の後を追いかけてくるのは、酸味と渋味。
特に渋味は温度が上がると共に存在感を増し、後味は渋味と若干の苦味でキュッと締める感じ。
多分、よく冷えた状態の方が万人受けしますね。

「今風」な感じの美味しいお酒だと思います。僕的にも好きな系統の味ですね。
一口目では先日飲んだ一喜に似た印象でしたが、飲み進めていくと一喜よりも大人しく濃厚でした。
他のスペックも気になっているので、近いうちに飲んでみたいですね。


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ
関連するタグ

すん

20代後半のオタク会社員。

好きなお酒は花陽浴や正雪など・・・
好きなアニメはラブライブ!や機動戦艦ナデシコなど・・・