FC2ブログ

花陽浴 純米吟醸 雄町 直汲み(29BY)

埼玉の日本酒
07 /17 2018
いやぁ、ここのところ毎日暑いですね!
本土に九州、四国はどこも例外なく暑いと思います。北海道はともかく沖縄が「避暑地」となってしまうような7月中旬としては異常事態でしょう。
豪雨による洪水被害に続き、この暑さに見舞われている被災地の方々は本当に大変だと思います。心よりお見舞い申し上げます。
私事ではございますが、広島にお世話になった先生が住んでいて、未だに連絡が取れず心配です。

とはいえ、ブログ的には日本酒紹介しかやることがないですからね
暑さに負けないように、今日も日本酒を飲んでいきましょう!


IMG_1708.jpg
IMG_1709.jpgIMG_1710.jpgIMG_1711.jpgIMG_1712.jpg



花陽浴 純米吟醸 雄町 直汲み(29BY)

埼玉県羽生市の南陽醸造さんで醸されるお酒です。
当ブログにおける登場回数不動の一位。
というか、おそらくこのブログを続けている限り回数で花陽浴を超える銘柄は現れないでしょう。

今回頂くのは水色の瓶、夏季限定の直汲みシリーズの第三段です。
備前雄町を使用し、精米歩合は55%、その直汲み生原酒ですね。
最近の花陽浴の不安要素のひとつであった滓の量も、前回の山田錦と同様に前年並みと言える物になっています。
不安要素という点では滓とは別に「薄青瓶問題」というものがありますね。酒飲み界隈で話題となっているやつです。
これに関しては「酔いどれオタクの日本酒感想記」さんが記事にされていますので、興味のある方は下記のリンクよりそちらをご覧ください。
いっそ数ヶ月寝かせてみようかとも思ったのですが、僕はそこまで自身に対する加虐趣味はありませんし、なにより冷蔵庫の事情を考えて購入後間もなくの開栓です。
まだ準備中ではありますが「薄青瓶問題」に関しては、8月上旬を目安に軽い実験&考察記事を書けたらいいなと思っていたりもします。(あくまで僕らしく、な記事になる予定です)


さて、それでは早速いただいてみましょう!
上立ち香はややアルコール強めの甘い果実っぽい香り。

含むと実にしっかりとした感じがします。
甘味は強め、そして酸も拮抗する強さのもの。
いわゆるジューシーで甘酸っぱい立ち上がりです。
花陽浴らしくパイン系な感じなのですが、それをのんびり味わうタイプではありません。
甘酸っぱさを追いかけるようにやや癖のある旨味がやってきます。
そして苦味と渋味もやや強めに感じられます。
やや苦渋強めな気もしますが、花陽浴の雄町らしいと言えばらしい味です。
後味は甘酸っぱさと苦味が混ざり合ったものを、軽い辛味で切る感じかな?

二日目以降は苦味と渋味が弱まり、まろやかな味わいに。棘が取れたと表現するのがいいかもしれません。
ややフラットな印象になりますが、それでも苦味は程よく残り、甘酸っぱさは健在。
まったり飲むなら迷わず二日目以降でしょう。

どのスペックでも言えることですが、僕は冬春のものよりもこの直汲みverの方が好きですね。
気のせいかもしれませんが、毎年コッチの方が安定している気がするんです。
幸いなことに薄青瓶問題で挙げられている老ね感とは無縁の味わいでした。
入手難度上昇中の花陽浴ですが、今後も継続的に飲んでいきたいところです。

参考記事:「酔いどれオタクの日本酒感想記」さん  ”日本酒「薄青瓶問題」について”
https://marumechi.blog.fc2.com/blog-entry-930.html


花陽浴 純米吟醸 雄町 直汲み(29BY)
南陽醸造株式会社(埼玉県)
お気に入り度 8.8/10.0



↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

スポンサーサイト
関連するタグ お気に入り花陽浴

仙亀 にごり酒 かるくいっぱい

埼玉の日本酒
07 /04 2018
ワールドカップ日本対ベルギー、結果は残念でしたがとても面白い試合でしたね!
世界中の誰も予想しなかったような、まるで漫画のように劇的な試合でした。
近所迷惑を顧みずに叫んでしまった人が大勢いたのではないでしょうか。
今晩の居酒屋さんではサッカーの話をしながら一杯やってるかたが多そうですね。

さて、それでは今日も日本酒を飲んでいきましょう!


IMG_1515 (1)
IMG_1516 (1)IMG_1518 (1)IMG_1517 (1)IMG_1519 (1)



仙亀 にごり酒 かるくいっぱい

埼玉県蓮田市の神亀酒造さんで醸されるお酒です。
神亀酒造さんといえば「ひこ孫」や「神亀」で知られる酒蔵さんですね。
燗酒に定評があり、確固たる地位を築いている酒蔵さんだと思います。
燗酒が飲みたければコレ!的な銘柄なので、外飲み回数は数知れず。
家飲みするのはブログ開設当初に「小鳥のさえずり」を飲んで以来なので結構久しぶりですね。

今回頂くのは神亀酒造さんの活性にごり酒。
ラベルには使用米や精米歩合は記載されていませんが、以前とスペックに変わりが無ければ阿波山田錦80%精米だったかと。
アルコール分は10~10.9%と低アルコールタイプです。
「開栓注意」の文字から元気な活性濁りであることが伺えます。
お値段も500mlで558円(税抜き)と比較的リーズナブルです。
しっかり冷やしこんで開栓にかかる時間は3分といったところ。

さて、それではさっそく頂いてみましょう!
上立ち香はラムネっぽい清涼感のある香り。
強くはなく、ふわりと香ります。

含んでみると、ガスの刺激と軽やかな旨味が心地良い。
甘味は弱め。含んだ瞬間に僅かに感じられる程度。
すぐに軽やかな酸味と強めのガスがやってきて、元気で爽やかな印象です。
ガスと酸味がある程度収まると、生米を噛み潰したような粉っぽさを伴った旨味が感じられます。
後半は酸味も粉っぽさもあまり感じられず、極僅かな苦味と若干の水っぽさが残ります。

甘さ控えめ、強いガスと爽やかな酸味が魅力の濁り酒でした。
ガスがあるうちは味わいに起伏があり美味しいのですが、抜けた後は粉っぽさと苦味が立ち起伏もなくフラットなもの。
開けてその日のうちに飲むべきお酒でしょう。
甘くないので食中酒としても優れていると思います。ちょっとしたおつまみと共にかるくいっぱい、そんなお酒です。

仙亀 にごり酒 かるくいっぱい
神亀酒造株式会社(埼玉県)
お気に入り度 8.0/10.0


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

関連するタグ にごり酒

花陽浴 純米吟醸 山田錦 直汲み(29BY)

埼玉の日本酒
06 /17 2018
僕は普段読書をするときは、スマホで購入した電子書籍を読んでいます。
しかしながら、好きな作家さんやシリーズ物といった買うことが決まっている作品以外の「面白そうな本」を探す時には今でも本屋さんに足を運ぶようにしています。
やはり平積みされている表紙を眺め、店員さんの書いたポップを見て、その上で本を選びたいですよね。
一般向けの文庫本から、ライトノベルの棚までぐるっと一周するのですが、最近の平積みされているラノベの酷いこと酷いこと…。
人気シリーズを除けばほぼ8割方が「異世界」だの「転生」だの「無双」だの「タイムリープ」だの…そういったもののオンパレード。
読まずに批判するのは良くないと思い、一冊買ってみたのですが…その…文章がね、読むに耐えないんですよ。(僕も人のこと言えませんが)
きっと面白い内容や上手い文章の作品は他にたくさんあるでしょうに…そういった作品が淘汰されているという現実に少し悲しくなりました。

さて、そんな話はどこかに置いておいて、今日も日本酒を飲んじゃいましょう!


IMG_1401.jpg
IMG_1402.jpgIMG_1403.jpgIMG_1405.jpg



花陽浴 純米吟醸 山田錦 直汲み(29BY)

埼玉県羽生市の南陽醸造さんで醸されるお酒です。
当ブログのアイデンティティみたいな感じの銘柄ですね。

今回頂くのは水色の瓶、夏季限定の直汲みシリーズの第二段です。
山田錦を使用し、精米歩合は55%、その直汲み生原酒ですね。
最近の花陽浴はどういうわけか、にごりレベルに滓が絡んだお酒が多かったのですが、今回はなんと滓の量が以前並みに戻っています!

IMG_1404.jpg
IMG_1175.jpg

上の写真が今回の山田錦、下が前回の美山錦。
見比べてみると一目瞭然ですね。今回の滓は底に約2mmほど、これは昨年までと同程度だと言っても良い量でしょう。
最近の花陽浴は開栓時になんとなく不安な気持ちを抱えていたのですが……今回は期待感が強いですね。
滓も少ないし、山田錦ですし!

さて、それでは早速頂いてみましょう♪
上立ち香は甘酸っぱい果実香。
粉っぽさは無く、らしい香りです。

含んでみると、しっかりフルーティーです!
甘味は強めですが、それ拮抗するくらい酸が立っていて、なんともジューシーで甘酸っぱい味わい。
パインをベースに柑橘を追加したような感じでしょう。
中盤でしっかりまろやかな旨味が膨らみます。
旨味がピークに達したところで一瞬だけ蜂蜜っぽい風味、減衰する過程でリンゴっぽさも感じられます。
若干の苦味はあるものの、雑味は少なめ。常時甘酸っぱさが楽しめます。
後味は酸味と軽い辛さで、甘酸っぱさの余韻とちょっとしたアルコールの清涼感が残ります。

あくまで僕の個人的な意見ですが、ここ最近の花陽浴(山田純大を除く)では上位に入る出来なのではないかと思います。
しっかり甘く、酸味も立ち、口当たりも良く、旨味もある。僕は好きな味でした。

花陽浴 純米吟醸 山田錦 直汲み(29BY)
南陽醸造株式会社(埼玉県)
お気に入り度 9.0/10.0

↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

関連するタグ 花陽浴お気に入り

花陽浴 純米大吟醸 美山錦 直汲み(29BY)

埼玉の日本酒
05 /13 2018
不摂生が祟ってか、はたまた日ごろの疲れからか、口内炎ができてしまいました。
最初は「うがい薬ですぐに治るだろう」と思っていたのですが、どういうわけか治るどころかどんどん大きくなってしまいました。
そこで貼るタイプの薬を使ってみたのですが、あれ効きますね!
単価は高いですが、それだけの価値があるものです。おかげで今は元通り。

そんなこんなで、口内炎に悩まされずにお酒を飲めるようになったので、さっそく今日もお酒を飲んじゃいましょう!


IMG_1172.jpg
IMG_1173.jpgIMG_1174.jpgIMG_1175.jpg




花陽浴 純米大吟醸 美山錦 直汲み(29BY)

埼玉県羽生市の南陽醸造さんで醸されるお酒です。
当ブログとしては毎度お馴染みといった感もある花陽浴ですね。

今回頂くのは夏季限定、水色ボトルの直汲み生原酒です。
使用米は美山錦、精米歩合は花陽浴純米大吟醸お馴染みの48%。
綺麗な水色の瓶に銀色のラベルと、外見的には花陽浴の中で一番好きですね。

純吟雄町あたりから異様に滓が多い花陽浴ですが、今回も瓶の底にはなかなかの量が溜まっています。
ここまで露骨な外見的変化があると、以前とは何かが変わっていると考えざるを得ません。


さて、それでは早速頂いてみましょう♪
上立ち香は南国系の果実を思わせる甘い香りが、僅かな粉っぽさを纏ったようなもの。

開栓初日
上澄みを含んでみると、フルーティーなシロップ的な味。柑橘系の缶詰に近い……かな?それに少しパインを足した感じ。
甘味は強め、酸味もあり、僅かに苦味が感じられる。
軽いガスもありますね。
後半は酸でキレる感じだけど、後味に若干のアルコール感有り。
これはこれで十分に美味しいです。

続いては攪拌してみましょうか。
全体像は変わらないけれど、ややぼんやりとした印象。
上澄みだと起伏があったけれど、こちらはフラットですね。
若干の粉っぽさを伴ったまろやかさが出てきて、甘味に酸味、更には苦味まで感じづらくなったように思います。

二日目は外飲みのため飲めず、開栓三日目
この日は最初から攪拌して飲んでみました。
初日と比べ、甘味、酸味共に出て来てますね。苦味はそれらに押され、完全に裏方に回ってます。
僅かにガスも残っており、冷えた状態でのフレッシュさを演出してくれます。
それでいて後半には滓のまろやかさもあり面白い。
初日と比較し、花陽浴らしさ、また全体のバランスでもこちらの方が僕は上であると思います。


僕的には3日目の味はかなり好みのもので、十二分に楽しめるお酒でした。
しかしながら、ここの所続いている花陽浴の滓の多さの原因は何なのか……わたし、気になります!
今後の花陽浴の動向もしっかり見ていきたいと思います。


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

関連するタグ 花陽浴お気に入り

花陽浴 純米大吟醸 さけ武蔵 瓶囲無濾過原酒(29BY)

埼玉の日本酒
04 /25 2018
もうすぐゴールデンウィークですね~。
皆さんはどこか遊びに行かれる予定はありますか?
僕は次の日曜日にでも静岡に行ってこようと思ってます。
後半はのんびり自宅で酒盛りかな?

なんて休みの予定を考えつつ、今日も日本酒を飲んじゃいましょう!


IMG_1065.jpg
IMG_1066.jpgIMG_1067.jpgIMG_1068.jpgIMG_1064.jpg



花陽浴 純米大吟醸 さけ武蔵 瓶囲無濾過原酒(29BY)

埼玉県羽生市の南陽醸造さんで醸されるお酒です。
お馴染みの銘柄ですね。正直、もはや書くことがありません!

今回頂くのは、埼玉県の酒米である「さけ武蔵」を使用した純米大吟醸。
精米歩合は他の花陽浴純大(山田錦を除く)と同様の48%、その無濾過生原酒です。
冬~春の新酒のラストを飾るお酒ですね。
純吟雄町ほどではありませんが、今回も滓は多め。こうも滓が多いのが続くと、搾り方でも変えたのかと思ってしまいますが、実際どうなのかはわかりません。


それでは早速いただいてみましょう。
上立ち香は、南国フルーツを思わせるカプエチ系の華やかな香り。
前回の五百万石と比べると、こちらの方が断然「らしい」香りですね。

含むとすぐにパイナップルのような甘味が強く感じられます。
追いかけるように酸と辛味、それから軽い苦味があり、甘味は思ったほど膨らみません。
後味はほんのり苦く、そして辛味で若干のピリッと感も残ります。
滓を混ぜて飲んでみると、辛味があまり気にならなくなりました。
軽いまろやかさと、含んだ瞬間舌先に感じる苦味が加わり、辛味が減衰した感じ。
上澄みだけで飲むよりもコッチの方が飲みやすく思えます。

悪くない味なのですが…正直味よりも最近の滓の量の真相の方が気になりますね。
来月からは直汲みシリーズになるはずですが……そこでも滓が多ければ何かが変わった、もしくは何かに失敗したという可能性も考えられるかと。
とにもかくにも、次回も花陽浴は手に入れば飲みたいと思います。


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

関連するタグ お気に入り花陽浴

すん

20代後半のオタク会社員。

好きなお酒は花陽浴や正雪など・・・
好きなアニメはラブライブ!や機動戦艦ナデシコなど・・・