FC2ブログ

栄光冨士 純米大吟醸 無濾過生原酒 愛山

山形の日本酒
07 /13 2018
先日、出張で石垣島に行ってきました。
仕事で石垣はよく行くのでそれだけなら慣れたものだったのですが、普段はソロなのに今回はなんと課長も一緒だったんです。
入社して6年が経ちますが、課長と一緒に出張なんて今回が始めてでもう胃が痛くなりました。それくらい、僕と課長は不仲なのです。
結果としては課長が泡盛を飲みすぎて酔いつぶれたおかげで、僕としてはそれ以降気が楽でした。
いやぁ、飲みの席でアルコール摂取量をコントロールできない大人ってみっともないですよね!
取引先の方と飲んでるのに潰れちゃうとか、社会人として考えられないですよ(嘲笑)

さてさて、それでは課長のように酔いつぶれない程度に今日も日本酒を飲んじゃいたいと思います!


IMG_1647.jpg
IMG_1648.jpgIMG_1649.jpgIMG_1650.jpg


栄光冨士 純米大吟醸 無濾過生原酒 愛山

山形県鶴岡市の冨士酒造さんで醸されるお酒です。
他の日本酒ブログさんでも取り上げられることの多い人気銘柄ですね。
当ブログとしては昨年7月に「星祭」を飲んで以来なので、まるっと1年ぶりの登場です。
星祭のときにも書いてますが、僕的には「嫌いじゃないけど種類が多すぎてよくわからない」な銘柄だったりします。
過去に家飲み経験があるのは「星祭」「闇鳴秋水」「酒未来」「森のくまさん」「SHOOTING STAR」、そしてこの「愛山」くらいでしょうか。

今回頂くのは、兵庫県産の愛山を使用した純米大吟醸です。
精米歩合は50%の純米大吟醸。その無濾過生原酒です。
しかし、栄光冨士を買うたびに思うのですが、ここのお酒って「ラベルがうるさい」ですよね(褒め言葉です)
迷彩とかゼブラとか非常に個性的なラベルが多いのに加え、裏ラベルも「いや、そこまで聞いてないよ」と言いたくなるほどしっかりとお酒の詳細が記載されています。
このお酒も例に漏れず裏ラベルに詳細が記載されていますので、気になる方は写真をご覧ください。
2018年3月製造で開栓は7月、僕としては珍しく少し出荷から時間が経ってから飲んでます。

さて、それでは早速いただいてみましょう!
上立ち香はパインっぽい甘い香りにアルコールが混ざったもの。

含んで感じられる甘味は強めなもの。
パインっぽくて、濃厚フルーティーみたいな感じ。甘味寄りで甘酸っぱい今風の感じです。
中盤の旨味の膨らみ、それから少し散らかったような雑味、そしてその雑味の中で頭一つ抜けた苦味。これらがなんとなく「栄光冨士っぽい」と思えます。
「闇鳴秋水」あたりは中盤のこの感じが強いですよね。あれはもっとビリッとくる感じでしたけど。
このあたりが好みを分ける部分なのでしょう、僕はこのとっ散らかった感じ嫌いじゃないです。
後味は軽いほろ苦さと、軽い甘さが残ります。

ラベル同様ちょっとうるさい印象の、しかし憎めないようなお酒でした。
このラベルと釣り合ったうるさくて散らかった味わいは良いと思います、なんとなく納得しちゃいますからね(笑)

栄光冨士 純米大吟醸 無濾過生原酒 愛山
冨士酒造株式会社(山形県)
お気に入り度 8.7/10.0


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

スポンサーサイト
関連するタグ

天弓 山廃純米吟醸 喜雨

山形の日本酒
07 /09 2018
さて、四半期ごとに恒例のアニメネタです!
今期のアニメもパラパラと放送が始まっていますが皆さんは注目されている作品はありますか?
前期では「ヒナまつり」や「魔法少女☆俺」あたりがバカらしくて好きでしたが、今期はどうでしょうか。
僕的には「ISLAND」と「七星のスバル」あと原作が好きなので「Back Street Girls -ゴクドルズ-」あたりが注目ですね。
そして不気味な存在なのが「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」。
原作は読んでませんが、漫画とアニメに関しては「ストーリーも設定もゴミクズなのに何故か面白い」といった特殊な存在です。
今期のアニメも色々ありますから、皆様に良い出会いがあることをお祈りいたします。

それでは、今日も日本酒を飲んじゃいましょうか!


IMG_1578.jpg
IMG_1579.jpgIMG_1580.jpg



天弓 山廃純米吟醸 喜雨

山形県南陽市の東の麓酒造さんで醸されるお酒です。
前回に引き続き東北芸術大学さんと神杜氏によるお酒、「天弓」ですね。

今回頂くのは「喜雨」、天弓ブランドの4番目に登場したお酒です。
ラベルに記載はありませんが使用米は愛山、精米歩合は55%。
馴染みの店の大将からは、東の麓酒造さんとしては初の山廃仕込のお酒だと聞いています。
その大将は神杜氏とは同郷で「神くん」と呼ぶ仲のお友達らしいです。
数年前に「いいお酒があるよ」と言って「桜雨」を勧めてくれた大将にはほんと感謝感謝ですね。
前回の桜雨のコンセプトが「きれいで甘くて飲みやすい酒質」だったのに対し、喜雨は「ワインでいうところのフルボディー」と、同ブランドの純米吟醸酒としては真逆のコンセプトとなっています。


さて、それでは早速いただいてみましょう♪
上立ち香は、しっかりとした甘酸っぱい香りが感じられます。
いわゆる山廃っぽい香りではありますが、嫌味な感じは無いですね。

一口飲んでみると…濃厚ですが爽やかさもある味わいですね。
含んだ瞬間、舌先に感じるのは軽くほんのりと果実感のある甘さ。
しかし、その軽い甘さは一瞬だけで、すぐにしっかりとした甘酸っぱさが口いっぱいに広がります。
この時点で既にふくよかな旨味を感じ、序盤はこの旨味を伴った甘酸っぱさが心地良いです。
中盤以降、酸が若干収まってくると旨味が更に膨らみます。
そして、それと同時に出てくるのが軽い苦味と渋味、それから独特の含み香。
旨味が膨らんでから飲み下すまでの過程がこのお酒の魅力だと思います。この間の味わいを例えるならば、アールグレイ+チョコレートといったところでしょうか。
後味はチョコレートチックな甘くほろ苦い余韻を残しつつも、優しい酸と辛さで自然な幕引き。
冷えた状態では果実感が、常温に近づくとチョコっぽさが強くなります。
僕は爽やか系のほうが好みであることが多いですが、このお酒に関しては常温近くの味わいの方が好きですね。

濃厚個性派、でも飲みやすい。この味は好きな人多いんじゃないかな?
桜雨はまさに「正統派ヒロイン」と言えるお酒でしたが、喜雨は「共通でも可愛いけど、個別ルートに入るとすこぶる魅力的な年上お姉さん」みたいな感じです。
変な例えですが、場合によっては正統派を上回ることもある…みたいな?
この記事を投稿する少し前に「白雨」(純米酒)も居酒屋さんで飲みましたが、やはり旨い。
雪女神を使用した純米大吟醸「藍天」や、喜雨以上の個性派「翠雨」も飲んだことがありますが、それらも総じて好印象でした。
あくまで個人的な意見ですが、知名度が上がればブレイクする可能性の高い銘柄だと思います。
今回は冷蔵庫の都合で桜雨と喜雨のみの購入となりました、ですが近いうちに天弓シリーズは全種飲み比べをしたいですね。
現状首都圏では入手手段が限られますが、今後の展開に期待したいところです。

天弓 山廃純米吟醸 喜雨
東の麓酒造有限会社(山形県)
お気に入り度 9.0/10.0

↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

関連するタグ

天弓 純米吟醸 桜雨

山形の日本酒
07 /06 2018
一週間程前に仕事で腰を痛めてしまいました。
そんなに無理をしたつもりはないのですが…僕ももう若くないということでしょうか。
腰を痛めると動きも制限されてしまいますし、なんとも情けない気分になってしまいます。
いやぁ、年はとりたくないものですね。

痛めた腰を労わりつつ、今日も日本酒を飲んじゃいましょう!


IMG_1573.jpg
IMG_1574.jpgIMG_1575.jpg



天弓 純米吟醸 桜雨

山形県南陽市の東の麓酒造さんで醸されるお酒です。
メイン銘柄は「東の麓」、この「天弓」は東北芸術工科大学とのコラボレーションで確か27BYから誕生した銘柄ですね。
普段飲み向きのリーズナブルなスペックには「雨」が付き、晴れの日向きの高級スペックには「天」が付きます。
この桜雨はブランド誕生当初に第一弾として発売されたスペックで、天弓の看板スペックと言ってもいい商品でしょう。
家飲みは今回が初ですが、馴染みの居酒屋さんでブランド誕生当初から飲んでいて、それ以来のお気に入りです。
ずっと家飲みしたいと思っていたのですが近場に取扱店が無く、通販で購入しました。


今回頂くのはそんな天弓の「桜雨」
使用米は美山錦で精米歩合は55%の純米吟醸。
おそらく一回火入れでしょう。
裏ラベルにも記されていますが杜氏さんは神理氏、元東北泉の杜氏さんですね。


さて、それでは早速いただいてみましょう!
上立ち香はふわりと甘い香りが感じられます。
万人受けするような香りで、果実とも花のようともとれるものです。

含むと柔らかい甘さと程よい酸があって美味しいです。
甘味は普通~やや強め。柔らかく、優しい。
果実感もあるように感じるけれど、僕的には花のような甘さに思えます。
追いかけるように軽やかな酸味が感じられます。
旨味の膨らみはやや控えめですが、バランス的にはベストと言っていいでしょう。
その後で軽い苦味と、若干のアルコール感。
後味は軽快な辛味と若干の苦味を感じさせつつ、ふわりとフローラルな余韻が残る。

日本酒初心者の方にもお勧めできる、とても飲みやすいお酒だと思います。
ずば抜けた個性があるわけではないけれど、バランスが良く、素直に「美味しい」と思えるお酒です。
人によっては面白みが無いと感じるかもしれませんが、僕は大好きですね。
もし「山形のお酒で何が一番好き?」と問われれば、僕は迷いつつもこのお酒の名を挙げることだろう。
来季は生酒verを家飲みしたいですね。

天弓 純米吟醸 桜雨
東の麓酒造有限会社(山形県)
お気に入り度 9.2/10.0


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

関連するタグ お気に入りイチオシの酒

十四代 中取り大吟醸 播州山田錦 生詰(29BY)

山形の日本酒
06 /24 2018
先日、僕の会社でも健康診断が実施されました。
僕としては一応かなり自制しまして、自宅禁酒期間を設けていました。(出張や接待では浴びるほど飲みましたが…)
そうやって禁酒期間を設けると不思議なことに、嫌なはずの健康診断が楽しみになるんですよね。
「あと何日で健康診断だ!楽しみだなぁ」みたいな。健康診断前日なんか楽しみでなかなか眠れなかったほどです。
このことを健康診断当日に後輩に話したら心底呆れた顔をされました。
おかしい、僕はなにも間違ってない。


IMG_1494.jpg
IMG_1495.jpgIMG_1496.jpgIMG_1497.jpgIMG_1498.jpg



十四代 中取り大吟醸 播州山田錦 生詰(29BY)

山形県村山市の高木酒造さんで醸されるお酒です。
現代の日本酒ブームの火付け役、圧倒的な人気を誇る「十四代」ですね。
非常に人気が高く、手に入れるのが困難な銘柄ではありますが、僕は幸運なことに度々家飲みする機会を頂いています。

今回頂くのは、十四代の中でも高級酒と位置づけていいであろう山田錦の大吟醸。
兵庫県特A地区産山田錦35%精米、アル添のお酒ですね。
春先に出ていた「角新 大吟醸」の一回火入れバージョン。
角新は一升瓶のみでしたが、こちらは四合瓶もあります。個人での消費となると一升で一万円はかなり痛いので、高級酒はやはり四合瓶が嬉しいですね。
「七垂二十貫」や「極上諸白」「超特選」と同様に年二回の出荷で、ブログには載せませんが28BYの秋ロットも頂いています。


では、早速頂いてみましょう♪
上立ち香は僅かにアルコールの清涼感が混ざったメロンのような甘い香り。
十四代なので当たり前ですが、実に十四代らしいもの。

含んでみると、ありきたりな表現ですがやはり美味い。
甘味はやや強め、柔らかさと瑞々しさを兼ね備えたもの。
若いメロンをそのまま搾ってジュースにしたような印象です。
酸味もやや強め。一瞬かなり強めに感じるのですが、不思議と甘味の邪魔はしません。
中盤には旨味もしっかりと膨らみ、魅惑的な甘旨味が楽しめます。
終盤は軽い苦味を感じさせつつ、キリッとした辛さでスッキリと。
飲み下した後はほのかな甘さと香りが残ります。

欠点らしい欠点の見当たらない、とても美味しいお酒でした。
とても美味しい大吟醸であることは間違いないのですが、僕の中では正雪斗瓶取りや究極の花垣に一歩及ばずな感じ。
居酒屋さんで飲んだ口開けの「角新 大吟醸」の方が美味しかったような気がします。
やはり生と比べると良くも悪くも落ち着いてしまっている印象なんですよね。(完成度の面ではこちらの方が高いですが)
大吟だけでもいいから角新を4合瓶で出して欲しいです。

十四代 中取り大吟醸 播州山田錦 生詰(29BY)
高木酒造株式会社(山形県)
お気に入り度 9.0/10.0


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

関連するタグ

東北泉 純米大吟醸 瑠璃色の海

山形の日本酒
05 /21 2018
先日、バイクが故障してしまいました。
とりあえず修理屋に持っていったのですが、直るとしても時間が結構かかってしまうようです。
その間移動手段が無いので、酒屋さんにも行けません。
本当は週末までに正雪が一本欲しかったのですが……諦めて他のお酒を探すしかないかもしれません。

とはいえ、我が家の在庫は十二分にあるので、とりあえず今日も日本酒を飲んじゃいましょう!


IMG_1235.jpg
IMG_1236.jpgIMG_1237.jpgIMG_1239.jpgIMG_1240.jpg



東北泉 純米大吟醸 瑠璃色の海

山形県飽海郡の高橋酒造さんで醸されるお酒です。
ブログ的には初登場ですが、家飲み外飲み含め結構な回数飲んでます。
僕的には丁寧でそこそこコスパのいいお酒を造る、というイメージの酒蔵さんです。

今回頂くのはそんな東北泉の「瑠璃色の海」です。
岡山県産の雄町を使用し、精米歩合は45%の純米大吟醸。
使用酵母や各種数値なども裏ラベルに記されています。
先日、馴染みの店で23BYの「瑠璃色の海」を頂く機会があり、その味を忘れないうちにもう一度飲もうと思い購入しました。

余談ですが、僕的には外見が最も綺麗な日本酒のひとつだと思っています。
淡い水色の瓶に和紙のラベル、そしてメタリックブルーの「瑠璃色の海」の文字…実に美しいものですね。


さて、それでは早速頂いてみましょう!
上立ち香は落ち着きのある甘い香りがふわりと感じられます。

含んでみると、しっかりとした旨味があり美味しいです。
舌先に感じる甘味は程々の強さ。この甘味単品だとやや軽いかな?
しかし、その甘味からスムーズに濃厚な旨味へと味わいが移行します。
若干のクセを伴った、円く濃厚な旨味。雄町酒の真骨頂と言ってもいい味わいですね。
旨味が膨らむのと同時に、果実っぽさも感じられますね。
二日目になるとクセが弱まり、果実感も感じやすく、そして飲みやすくなります。
後味はピリッとした辛味と軽い酸味でスッキリとしたもの。キレ、良いです。


そこまで派手さは無いけれど、適度に果実味がありじんわり美味いお酒でした。
23BYと比較しても、さほど味が変わらなかったのが驚きでした。(お店の大将いわく「開けるのが早すぎた。まだまだいけた」とのこと)
味持ちの良いお酒であることは間違いないでしょう。
機会があれば東北泉は他のお酒も試してみようと思います。


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

関連するタグ

すん

20代後半のオタク会社員。

好きなお酒は花陽浴や正雪など・・・
好きなアニメはラブライブ!や機動戦艦ナデシコなど・・・