FC2ブログ

雄東正宗 純米酒 ピンクのにごりさけ 生原酒

栃木の日本酒
12 /10 2018
IMG_2648.jpg
IMG_2650.jpgIMG_2651.jpgIMG_2649.jpg



雄東正宗 純米酒 ピンクのにごりさけ 生原酒

栃木県小山市の杉田酒造さんで醸されるお酒です。
この「雄東正宗」の他に「発光路強力」や「鴎樹」という銘柄があり、首都圏ではそちらの方が有名かもしれないですね。
「発光路強力」という銘柄からわかるように、強力という酒米に力を入れている酒蔵さんでもあります。

今回頂くのはそんな杉田酒造さんの雄東正宗より、ピンクのにごり酒です。
使用米は栃木県産の五百万石、精米歩合は65%の純米酒。
赤色酵母を使用したものですね。
アルコールは11%、日本酒度は-58、酸度は6.0と赤色酵母らしい変態数値。
このお酒はほとんどが火入れされるらしいのですが、今回頂くのは限定の生酒ですね。
「噴出可能性有」と帯にあるように、開栓には少しばかり注意が必要です。
僕は閉めたり緩めたりを繰り返して5分ほどで開栓できました。

さて、それでは早速いただいてみましょう!
上立ち香は微かに甘酸っぱい香りが感じられる程度。
ほとんど香らないお酒ですね。

含むと…おぉ、甘酸っぱい!
甘味は単品で見ればかなり強めのもの。
しかし他の味わいと総合して素直に飲めば、おそらくやや強め程度かと。
酸もかなり強く、強い甘味を押しのけて前に出てきますね。
赤色酵母使用のお酒の中でも、比較的酸に寄っていると思います。
実に爽やかな甘酸っぱさです。
そこに元気なガス感、そしてにごりのまろやかさが加わります。
中盤は旨味が膨らむのではなく、酸とガスがまだまだ元気に走り回っているような状況。
終盤でようやく大人しくなり、舌の奥にはまろやかさをまとった甘酸っぱさ、そして舌先には軽い渋味が感じられます。
開栓後は酸がややまるくなるものの、それでもやはり鮮烈です。


いかにもな表現になってしまいますが、酸の立った甘酸っぱいイチゴミルクのようなお酒ですね。
美味しかったけど、僕的にはやはり以前飲んだ五橋の純米桃色にはやや劣るかな?
活性にごりが好きな方、赤色酵母が好きな方、それから普段日本酒を飲まれない方にもおすすめできる飲みやすいお酒だと思います。

雄東正宗 純米酒 ピンクのにごりさけ 生原酒
杉田酒造株式会社(栃木県)
お気に入り度 8.8/10.0


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

スポンサーサイト
関連するタグ にごり酒赤色酵母(桃色系)

仙禽 雪だるま 活性にごり酒(30BY)

栃木の日本酒
11 /29 2018
IMG_2534.jpg
IMG_2535.jpgIMG_2536.jpg


仙禽 雪だるま 活性にごり酒(30BY)

栃木県さくら市の株式会社せんきんさんで醸されるお酒です。
新酒第一弾、毎年おなじみの雪だるまですね。
やはりSNS等で皆様の投稿を見ていると大人気のお酒ですね。
昨年飲んでおりただでさえ被りが多いブログですから、今年は見送る予定だったのですが…皆様のSNS等での投稿を見ていたら飲みたくなってしまい購入してしまいました。

今回頂くのはそんな仙禽のしぼりたて、活性濁りのお酒。
麹米はドメーヌさくら・山田錦50%精米、掛米はドメーヌさくら・五百万石50%精米。
昨年は麹:山田錦40%精米、掛:ひとごこち50%精米だったので別物といった感じですね。
アルコール度数は変わらず13度。
滓の量はほぼ昨年とほぼ同じでしょう。
おそらく二回出荷ですが初回出荷の方です。

さて、それでは早速いただいてみましょう♪
上立ち香は清涼感のある爽やかなもの。
ラムネっぽい感じかな?

含んでみると…昨年のものより好きな味!
ガスは昨年よりも強く、実にフレッシュです。
甘味はやや強め程度の強さかと思いますが、ベタベタした感じではありませんね。
ラムネ中心に桃や僅かに甘めの柑橘が混ざった印象です。
中盤でさらりと軽い苦味に加え、酸がしっかりと主張し、味を引き締めてくれます。
もともと中弛みするような甘さではないと思いますが、これによりにごり酒らしいまろやかさと爽やかさを両立している感じ。
終盤は露骨に辛味が出るわけではありませんが、ややドライな印象。自然な感じですね。
後味は軽い旨味と甘味、それから下の奥にザラリとした若干の粉っぽさと共に苦味が感じられます。

甘さと爽やかさを両立した美味しい濁り酒だと思います。
ベタベタしないのが良いですよね、パウダー入りの化粧水みたいです(違う
世間の波に乗っかって買って良かったです。

仙禽 雪だるま 活性にごり酒(30BY)
株式会社せんきん(栃木県)
お気に入り度 8.9/10.0


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

関連するタグ にごり酒

モダン仙禽 無垢 2018 無濾過生原酒

栃木の日本酒
01 /25 2018
先日は関東圏で大雪になりましたね。
「大雪」とはいっても東北や北海道とは比較にならないレベルのものではありましたが、それでもかなりの影響が出ましたよね。
僕の仕事でも結構な影響が出まして・・・いやぁ、大変でしたよ。
まだ朝晩は凍結などに注意が必要なようなので、みなさま外出の際はお気をつけください。

さて、それでは本日も日本酒を飲んで参りましょう!


IMG_0669.jpg
IMG_0670.jpgIMG_0672.jpgIMG_0671.jpg



モダン仙禽 無垢 2018 無濾過生原酒

栃木県さくら市の株式会社せんきんさんで醸されるお酒です。
昨年飲んで印象に残っていたお酒ですね。
引き続き今年も購入してみました。

スペックはドメーヌさくら山田錦を麹米40%、掛米50%精米の無濾過生原酒。
特定名称の記載はありませんが、精米歩合的には純米大吟醸相当。
このスペックで税込み1350円なんだから驚きですね。
この時期限定の生酒ですが、どうやら先に火入れのものが出荷されていたようです。


さて、それでは早速頂いてみましょう!
上立ち香は酸の混ざった甘い香り。

チビリと口に含んでみると・・・甘さと酸味のバランスがいいですね!
甘味は柑橘類に僅かにバナナ、フルーティーで程よい強さ。
僕的には、一瞬脳裏に静岡酒が浮かぶ感じ。
甘味の後からやや強めのフレッシュな酸味が感じられ、酸味のピークを過ぎたあたりからふわりと旨味が膨らみます。
後味は酸と辛味でスッキリとしたもの。実に爽やかです。
後半に極僅かな渋味がある気もしますが、マイナス要素になり得る強さではありませんね。


爽やかな甘酸っぱさを楽しめる、飲みやすいお酒でした。
あまり自信がありませんが昨年との比較すると、今年の方が甘味が軽やかで酸が立ち爽やかな印象です。
28BYのこのお酒を複数回飲んだ友人いわく「全体像は変わらないけど、ロットで甘酸のバランスが変わる」とのこと。いくらかのブレがあるのかもしれませんね。
機会があれば別のロットも飲んでみたいです。


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

関連するタグ

仙禽 雪だるま 活性にごり酒

栃木の日本酒
11 /26 2017
お酒が飲める休日って素晴らしいですよね!
少しの間ですが禁酒していたので、朝からのんびりアニメを見つつお酒を飲んでいると、なんともいえない幸福感があります。
まぁ、一般的に見れば完全にダメ人間な休日の過ごし方なのでしょうけど・・・これが幸せなのだから仕方ないですね。

そんなわけで今日もお酒を飲んじゃいましょう!


IMG_0375.jpg
IMG_0376.jpgIMG_0378.jpg




仙禽 雪だるま 活性にごり酒
栃木県さくら市の株式会社せんきんさんで醸されるお酒です。
新酒第一弾、毎年おなじみの雪だるま。この商品はなかなか人気で、じつは昨年、一昨年と買い逃していたりします。
今年はリベンジを!と思っていたので初回ロットで確保しました。

今回頂くのはそんな仙禽のしぼりたて、活性濁りのお酒。
麹米はドメーヌさくら・山田錦40%精米、掛米はドメーヌさくら・ひとごごち50%精米。
記載はありませんが、純米大吟醸相当のお酒ですね。
アルコール度数は13度です。
瓶の底にはキメ細やかな滓がびっしりと溜まっており、これを攪拌してお猪口に注ぎます。


さて、それでは早速頂いてみましょう♪
上立ち香は若干粉っぽいお米の香りと、乳酸っぽい香りが感じられます。

チビリと口に含んでみると・・・お上品な感じです!
甘味は思ったほど感じられず、中の下といった強さ。
軽いガス感と共にフレッシュな酸味がやや強めに感じられ、とても爽やかな印象。
「とろりまろやか」というよりは「さらりなめらか」といった舌触りで、ガッツリ濁っているわりに軽やかでお上品な感じです。
後半は若干の苦味が感じられますが、舌触りと同様にどこかサラリとしています。
後味には軽い粉っぽさと共に、ふわりとしたお米の旨味と甘味が残ります。
温度が上がると甘味がやや前に出てくるようになりますね。
それでもさらりとして軽い全体像はそのまま維持できています。
僕的にはこちらの方が酸味との釣り合いがとれていて好みでしたね。

粉雪のようにきめ細かくさらりとした口当たりが魅力的な、美味しいにごり酒でした。
僕は活性にごりが大好物な人間なので、これからの季節は楽しみでしょうがないですね。



余談ですが昨日は代々木公園で行われた「大江戸和宴」に行ってきました。
お蕎麦と日本酒、それからB級グルメのイベントで、取引先の方からお誘い頂きご一緒させてもらいました。
日本酒では十四代や飛露喜、而今といった有名どころもラインナップにはありましたが、僕らが到着した頃には「本日分終了」の張り紙が張られていましたね。
僕は甲子の新酒をメインターゲットとして考えていたのですが、こちらも着いたときには終了してしまっていました。まあ仕方無しですね。

IMG_0367.jpgIMG_0379.jpgIMG_0380.jpgIMG_0374.jpg


頂いたお酒は
三芳菊 純米吟醸 山田錦 無濾過生原酒
三芳菊 純米吟醸 雄町 おりがらみ
雨後の月 純米吟醸
雨後の月 純米 無濾過生原酒
タクシードライバー 純米原酒
甲子 純米吟醸
その他もろもろ・・・でした。

雨後の月と甲子は安心と信頼の美味しさ。
タクシードライバーは以前から気になっていて、今回初めて飲んだのですが、僕にはあまり合わなかったです。

楽しいイベントでしたが、僕のような根暗オタク男子にはどうも立地的にハードルが高いものでしたね。
あんな場所多分・・・いや絶対一人では行けないです。
誘っていただいた取引先の夫妻には心より感謝ですね。


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

関連するタグ にごり酒

鳳凰美田 純米吟醸 WINE CELL SPARKLING 2016

栃木の日本酒
03 /12 2017
先週は遊び仕事で沖縄に行ってました。
いやぁ、やっぱりいいところですね。
海はきれいだし、気候も温暖、そしてなにより花粉が飛んでない!
いろんなものを見ることができて、たくさん勉強もさせてもらい、良い経験になりました。
でも沖縄って日本酒が無いんですよね・・・。
飲みの席でもひたすら泡盛・・・蒸留酒の美味しさがイマイチ理解できていない僕にはキツイ時間でした。

・・・そんな沖縄出張を経て、今日は日曜日です!
朝から思う存分飲んじゃいましょう!



IMG_1824.jpg
IMG_1825.jpgIMG_1826.jpg



鳳凰美田 純米吟醸 WINE CELL SPARKLING 2016

栃木県小山市のお酒です。
WINE CELLの名の通り、友情蔵のワイナリーより提供されたワイン酵母を使用して醸したお酒のようですね。

使用米は兵庫県産の山田錦、55%精米の純米吟醸。
おそらく季節限定の活性濁りタイプですね。


IMG_1827.jpgIMG_1828.jpg



滓は瓶の底にたっぷりと溜まっています。
開栓時は吹き上がってくるので要注意です!
お猪口に注ぐと美味しそうな濁り具合ですね。


さて、さっそくいただいてみましょう!
上立ち香は強めで華やか。青リンゴを中心にメロンが微かに混ざったような、清涼感のある甘い香りです。

チビリと口に含んでみると・・・甘爽やかで美味しい♪
含んだ瞬間に感じるサラッとした甘味、そして舌を刺激する炭酸がとても爽やかです。
ガスを感じなくなると同時に滓の苦味を感じ、後味は濁りのまろやかさがありながらも、かなりシャープなもの。
香りは華やか、甘味は爽やか、そして最後の苦味も良いアクセントになっていて、かなり好みの味です。
和食にはあまり合わないかもしれませんが、洋食と合わせるなら食中酒としてもいいかもしれません。
昨年、通常品のWINE CELLも飲みましたが、僕はこっちの方が好きですね。


甘く爽やか、とても美味しいお酒でした!
どうでもいいことですが、僕は結構なにごり酒好きなのかもしれません。
ブログ開始から濁ったお酒について書くのがこれで16本目、他の酒ブログ様と比べると、かなりにごり酒やおりがらみの比率が高いですよね。
まあ、それも自分の個性、仕方の無いことなのです!それに、もしかしたらにごり酒好きの方が見に来てくれるかもしれませんからね!
今後も美味しいにごり酒を見つけたら紹介していきたいと思います。



↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ
関連するタグ にごり酒スパークリングお気に入り

すん

20代後半のオタク会社員。

好きなお酒は花陽浴や正雪など・・・
好きなアニメはラブライブ!や機動戦艦ナデシコなど・・・