風の森 雄町 純米吟醸しぼり華

奈良の日本酒
08 /17 2017
ここ数ヶ月のダイエットが実を結び、どうにか体重が50kg台に戻りました!
学生時代は「太りたくても太れない」なんて思っていましたが、それも今は昔の話・・・気を抜けばすぐに脂が乗ってしまいます。
ただでさえ「コミュ障」「オタク」「酒飲み」とモテない要素だらけなのに、さらに非モテ要素を加えるわけにはいきませんから、しっかりと管理していかなくてはなりません。日々の節制とトレーニングは大事ですね。

・・・とはいえ、それとお酒はまた別のお話。「甘いものは別腹」と同じ理論で、節制しててもお酒は飲みたくなるものです。
そんなわけで今日も日本酒を飲んじゃいましょう♪


IMG_2363.jpg
IMG_2364.jpgIMG_2365.jpg



風の森 雄町 純米吟醸しぼり華
奈良県御所市の油長酒造さんで醸されるお酒です。
実は少し前にALPHA TYPE3を飲んでいるのですが、ブログ的には5月の夏のALPHA以来の登場ですね。

今回頂くのは、雄町使用、精米歩合60%の純米吟醸です。
例によって詳しいことは裏ラベルの写真をご覧ください。発酵日数とか水のこととか・・・書くのは面倒ですからね。
僕的には風の森の雄町は純米、純吟共に信頼のおけるお酒ですね。
僕は飲んだこと無いのですが、他のブログさんで取り上げられている笊籬採りの記事を読んでも、軒並み雄町は高評価ですよね。


さて、それでは早速頂いてみましょう♪
上立ち香は、収穫したてのメロンに刃を入れたときを思い出させるような青さと甘さを合わせた香りです。追熟前って感じですね。

チビリと口に含んでみると・・・う~ん、やっぱり美味しいです♪
裏ラベルの「風の森シリーズの中で最もスウィートな設計」とある通り、メインの味わいは甘さです。
その甘味が含み香と合わさり飲み下すまでの過程で、メロンとマスカット交じりの青リンゴ→若いメロン→熟したメロン→セメダイン交じりのメロン、といった感じにころころと表情を変えながら楽しませてくれます。
後味には若干の苦味がありますが、風の森特有のガスのおかげか、あまり気にはなりません。あと、プラスの意味で僅かなミルキー感がありますね。

シュワシュワと甘酸っぱくフレッシュ、魅惑的な甘さと香りを楽しめるお酒だと思います。
やはり風の森の雄町は定期的に飲みたくなってしまいますね。
ふいに欲求に駆られて近所の特約店に走ることもよくあります。そこで笊籬採りも販売してくれれば文句なしなのですが・・・旦那さんが笊籬採りをあまり良く思ってないようなので、それは仕方無しですね。
いつかは僕も笊籬採りを飲んでみたいなぁ・・・なんて思いつつも、この味わいに大満足の晩酌でした。



↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ
スポンサーサイト

風の森 夏のALPHA

奈良の日本酒
05 /26 2017
昨日今日と雨が降ったりやんだり・・・なんだか梅雨みたいな天気ですね。
実は星を眺めるのが密かな趣味だったりするので、これからの季節はあまり好きではありません。

今晩は星は見えそうにありませんが、なんとなく見た気になれそうな、このお酒を飲んじゃおうと思います!


IMG_2101.jpg
IMG_2102.jpgIMG_2103.jpg



風の森 夏のALPHA

奈良県御所市の油長酒造さんで醸されるお酒です。
当ブログでも度々登場している銘柄ですね。

今回頂くのは、AHPHA TYPE1を更に低アルコールにしたもの。
TYPE1と同様に65%精米の秋津穂で造られていますが、発酵日数等の記載は無く、おそらく様々な調整によってアルコール度数を抑えているのでしょう。
ラベルもほとんどTYPE1と同じですが、夏を代表する星座である蠍座が加わっていますね。
中でも「蠍の心臓」そして「火星に対抗する者」である赤色巨星アンタレスは、紅く大きく描かれています。
他の星も概ね明るい星は大きく描かれていますが、すべての二等星が大きく描かれているわけではない点が星好きとしては少し気になります・・・。


栓が飛ばないように気をつけて開栓して・・・早速頂きましょう♪
上立ち香はほんのり甘いセメダイン系、極僅かにミルキーなものも混じるかな?
風の森らしい香りですが、低アルのためか他よりも若干弱めに思えます。

チビリと口に含んでみると・・・軽くて爽やか!
甘味はしっかりと感じられ、強さはTYPE1と遜色ないように思えます。
そこに強めの酸が加わり、甘酸っぱく可愛らしい印象ですね。
口当たりはやはり軽やか、風の森らしいガス感もあり、サイダー感覚で飲めてしまいそうです。
後味は酸と共に若干の渋味を感じ、とてもスッキリとしたものです。


夏にピッタリ!軽やかシュワシュワ甘酸っぱいお酒でした。
夏の夜空を眺めながら、爽やかな一杯・・・なんてのもいいかもしれませんね。


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

風の森 秋津穂 純米 真中採り

奈良の日本酒
03 /08 2017
怒涛の出張ラッシュがやってまいりました!
今週は沖縄、来週は千葉、その次はまた沖縄、それから東京巡業と、珍しく営業職らしいスケジュールです。
沖縄なんかは居酒屋さんに入ってもほとんど日本酒は置いてないし、出発前に一本飲んでおきましょうか。

そんなわけで、本日はこのお酒ですっ


IMG_1761.jpg
IMG_1764.jpgIMG_1762.jpgIMG_1763.jpgIMG_1765.jpgIMG_1766.jpg



風の森 秋津穂 純米 真中採り

4回目の登場、奈良県御所市のお酒ですね。こいついつも銘柄かぶってんな
今回いただくのは、秋津穂の純米、真中採りですね。

真中採りとは
あらばしりと責めの部分を大幅にカットし、透明感のある香り、旨み、酸、そして切れのバランスが最適な部分のみを瓶詰めする、特別な秋津穂純米酒です。
とのことですが、ようは中取りってことだよね?
通常の秋津穂純米よりも贅沢仕様のため、お値段も通常品よりちょっぴりお高め。それでもリーズナブルといえる価格に抑えてくるのが、風の森のすごい所ですね。
スペックは・・・裏ラベルの写真をご覧ください。

風の森のどのお酒にも言えることですが、開栓時は注意が必要です。
油断してると栓が飛んで行っちゃいますから。
会社の飲み会で風の森を飲む機会があれば、憎い上司に向けて開栓しましょう。多分スカッとしますよ!(良い子は真似しないでね♪)


さてさっそくいただいてみましょう!
上立ち香は、マスカット+ほんのりセメダインみたいな感じ。少しどっしりしてますかね?

チビリと口に含んでみると・・・どっしり爽やかです!
風の森の純米としてはそこまで甘味は強くない方かな?マスカット、微かに青リンゴ、そんな甘さがありますね。
綺麗で上品な酸味も好印象です。
そしてなにより旨味が強い!まろやかながら力強く、どっしりと腰を落としたディフェンダーのような存在感があります。
最後は、旨味もスッと消え、口の中には微かな渋味と甘味が残ります。
全体的にどっしりした印象ですが、強めのガス感と酸味が爽やかさを生み出していますね。

他の方が過去に飲まれた記事を参考に、燗もつけてみました。
・・・うん!これいけますね。甘味も出てきて、そしてやはりまろやかな旨味も強く感じます。
なんだろう、この旨味・・・燗だと生もとっぽい感じもするような・・・気のせいかな?
僕のような初心者には、美味く表現できません・・・。


冷酒でも燗酒でも、単品でも食事と合わせてもイケる、万能選手なんじゃないかと思います。
美味しくて財布にも優しい、今後も風の森にはお世話になりそうですね。


参考:「酔いどれオタクの日本酒感想記」さま同スペック24BYの記事
風の森 秋津穂 純米 真中採り:酔いどれオタクの日本酒感想記



↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

風の森 露葉風 純米大吟醸しぼり華

奈良の日本酒
02 /11 2017
おはようございます!
冬の休日、窓から差し込む日差しに、凛とした空気・・・いい朝ですね。
絶好の朝酒日和、です!
・・・え?お出かけなんてしませんよ。だって外は寒いじゃないですか。今日は一日引きこもって、飲みながらアニメを見るんです!
そんなわけで今日もお酒を飲んじゃいましょう♪




IMG_1669.jpg
IMG_1671.jpgIMG_1670.jpgIMG_1673.jpgIMG_1674.jpg



風の森 露葉風 純米大吟醸しぼり華

見つけたときは「露葉風に純大なんてあったっけ?」と思いましたが、それもそのはず28BYからの新商品のようですね。
酒屋のお姉さんの話によれば、露葉風は少し特殊なお米で精米が難しいらしいです。
ですが近年の品質向上を受けて、こうして50%精米の純米大吟醸を造ることにしたんだとか。
新商品、そして何より僕はまだ露葉風で造ったお酒を飲んだことがなかったため、迷わず購入しました。
スペックは奈良県産露葉風50%精米の純米大吟醸、無濾過無加水生酒。詳しくは裏ラベルの写真をご覧ください。
露葉風についても詳しく書くと長くなりそうなので、興味がある方は「露葉風」でググッてね♪


それではさっそくいただいてみましょう。
上立ち香は風の森らしい若いメロン系の甘い香りに清涼感の混ざった感じです。

チビリと口に含んでみると・・・なんだか複雑な味です。
甘味はマスカットっぽいものをやや強く感じ、酸味もあって全体的に爽やかな感じです。
それでいてどこか一昔前のお酒を思わせる癖?渋味?といった味も少し混じり厚みのある印象を受けます。
そしてやはり風の森らしいガス感は健在で、シュワシュワすっきりな飲み口。
甘いけどちょっぴり渋くて・・・どこか癖があるのに爽やかで・・・とても不思議なお酒ですね。
このお酒の感じ方は、かなり個人差があるのではないかと思います。
僕的には「イケる味」ですが、この複雑な味を良しとしない人もいるかもしれません。


開栓二日目は手をつけず、三日目・・・なんだか癖が弱まったように感じます。
冷えた状態ではスッキリ甘く爽やかで透明感があり万人受けしそうな印象。
温度が上がると少し癖が出てきますが、これも良いアクセントになるのではないでしょうか。


個性派な味わいを楽しむなら一日目、それが気に入らなければ少し時間を置くといいと思います。
どちらにしても、風の森ファンにはおすすめできるお酒ですね。



↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

風の森 雄町 純米しぼり華

奈良の日本酒
12 /30 2016
明日も少し仕事がありますが、忙しい年末商戦も今日で終わり、明日の昼には帰省の予定です。
ま、2日に仕事があるんで一泊して帰ってくるんですけどね・・・。
とにもかくにも、師走の疲れを癒すためにお酒を飲んじゃいたいと思います♪



IMG_1468.jpg
IMG_1469.jpgIMG_1470.jpgIMG_1471.jpg


風の森 雄町 純米しぼり華

当ブログ2度目の登場の風の森です。
奈良県御所市のお酒ですね。
始めて間もないこのブログですが、我ながら銘柄被りが多いこと・・・どうか寛容な心で見てやってください。

そんな風の森ですが、これは27BYのものですね。
製造は6月、購入したのもそのころだったと思います。
スペックは雄町80%精米の純米無濾過生原酒。
その他については裏ラベルの写真を見ていただけるとありがたいです。
・・・風の森はしっかり書こうと思うときりがないですからね。


上立ち香は甘いセメダイン!
しっかり酢酸イソアミルな感じです。

チビリと口に含んでみると・・・これ美味しいですよ!
最初はシュワッと微炭酸、それから甘旨フルーティー・・・濃厚ながら軽やか、飲みやすい味わいです。
含み香は熟したメロンにセメダインが混ざる感じ。上立ち香より甘く濃く感じます。
全体のイメージとしてはメロンサイダー。メロンソーダではなく、メロンサイダーっぽいイメージなんですよね。
旨み豊か濃厚甘口、それを微炭酸で軽く爽やかに飲ませてくる・・・そんなお酒だと思います。


雄町80%精米ということで、もっと苦味や渋味、ふくよかさがあるかと思ったのですが・・・そんな要素は少なく、非常に飲みやすい味わいでした。
風の森 ALPHA TYPE1と同様、味的にも値段的にも日本酒初心者の方にお勧めできるお酒だと思います。


次回の更新は年明けになると思います。
まだ始めて間もないブログですが、読んでくださっている方々には心より感謝いたします。
至らぬ点もございますが、来年もよろしくお願いいたします。


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!

日本酒 ブログランキングへ
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

すん

20代後半のオタク会社員。

好きなお酒は花陽浴や正雪など・・・
好きなアニメはラブライブ!や機動戦艦ナデシコなど・・・