FC2ブログ

新政 貴醸酒 陽乃鳥

秋田の日本酒
10 /26 2018
IMG_2350_201810261658011a4.jpg
IMG_2351.jpgIMG_2352.jpgIMG_2353.jpgIMG_2354.jpg



新政 貴醸酒 陽乃鳥

秋田県秋田市の新政酒造さんで醸されるお酒です。
言わずと知れた人気銘柄「新政」ですね。
ブログ的にはなんと開設から間もない2017年1月以来の登場。ほぼ2年ぶりですね。
以前も書いていますが僕は新政さんのお酒は自ら購入することは少ないです。
しかし良いお酒だとは思っています、知人から日本酒を依頼された際には真っ先に選択肢の一つとなり得る銘柄です。

今回頂くのは新政の貴醸酒、陽乃鳥です。
使用米は美山錦、新政さんなので全部秋田産ですね。
精米歩合は麹米50%、掛米60%です。
今年は陽乃鳥10周年の年であり、それに伴い仕込みに使用する日本酒をオーク樽に貯蔵したものに変更したようです。
10周年という面では他にCD付きのお酒も出ていましたが……その点はノーコメントで。

余談ですが、実はこの陽乃鳥は僕が始めて飲んだ貴醸酒だったりします。
数年前、辛口派から甘口派に転向したはいいものの花陽浴以外に甘めの銘柄もわからず、右往左往していたんですよね。
今考えてみると当時の僕は「甘めの酒が好き」なのではなく「花陽浴が好き」だったのだと思います。
そんな時にお店の方に勧められてであったのが陽乃鳥で、もちろん初貴醸酒であり初新政でした。
そこからいろいろな銘柄を買いあさるようになり、陽乃鳥もそれ以来ご無沙汰だったのですが、陸奥八仙と合わせて貴醸酒で比較してみようと思い、初心にかえる意味で購入しました。



さて、それでは早速いただいてみましょう!
上立ち香は乳酸+柑橘+ちょっぴり蜂蜜って感じ。
やや酸が立った貴醸酒としては爽やか目な香りです。

含んでみると…久しぶりに飲んだけど美味いなぁ。
甘味は強めのもの、重さは無く強さの割りに軽やか。貴醸酒としてはやや弱めかな?
酸も強め、柑橘っぽい清涼感のある酸に乳酸が混ざり、たぶんいわゆる新政らしい感じ。
微かにガスも残っていて、これも爽やかさを後押しする一因となっていると思います。
爽やかなハニーレモン系の甘酸っぱさですね。
酸が膨らみきったタイミングで軽い渋味とアルコール感があります。
後味は若干の苦渋味と甘酸っぱさが残ります。

連続で貴醸酒となりましたが、前回の陸奥八仙と比較すると、より綺麗な味わいだろうと思います。
同じハニーレモン系でも炭酸入りとそうでないものくらいの違いがあるかと。
特に苦味の強さが決定的に違いました。
この苦味に魅力を感じるか否かで評価が分かれるでしょう。
僕個人の好みとしては陽乃鳥の方が好きでしたね。
今現在僕の中で貴醸酒では黒龍がダントツでトップだと感じていますが、次点はこの陽乃鳥かなと思います。

新政 貴醸酒 陽乃鳥
新政酒造株式会社(秋田県)
お気に入り度 8.75/10.0


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

スポンサーサイト
関連するタグ

一白水成 純米大吟醸 あらばしり

秋田の日本酒
05 /22 2017
おつかれさまです!
五月だというのに今日も暑い一日でしたね。
こんな暑い日にはやっぱりお酒が飲みたくなるものですよね?

というわけで、今日も飲んじゃいましょう♪


IMG_2063.jpgIMG_2065.jpgIMG_2066.jpgIMG_2064.jpgIMG_2067.jpgIMG_2068.jpg



一白水成 純米大吟醸 あらばしり

秋田県南秋田郡の福禄寿酒造さんで醸されるお酒です。
「白」い米と「水」から「成」る「一」番旨い酒=「一白水成」(蔵元HPより)というコンセプトでの名前のようですね。
銘柄的には初登場ですが、割と飲む機会の多い銘柄です。

今回いただくのは純米大吟醸のあらばしり。
精米歩合は35%で、使用米の記載はありませんね。
グーグル先生で少し調べてみたのですが、詳しいことはほとんどわからず・・・
ただ市販品で最高峰とされる「一白水成 Premium」よりもお高めの値段設定に加え、精米歩合も高いためきっと限定品なのでしょう。
底には滓がたっぷりと溜まっており、開栓時には噴き出し注意です!


さて、それでは早速頂いてみましょう♪
上立ち香は若干の甘さを加えたお米っぽい香りを感じます。少々粉っぽさも混ざるかな?

チビリと口に含んでみると・・・しゅわしゅわフレッシュです!
甘味はそれほど強くなく、強いガス感と相まってかなりサッパリとしています。
程よい酸味もあり、濁り具合の割に軽やかな印象。
飲み下す時には若干の苦味と、僅かな粉っぽさを残しつつ、スッキリとキレます。
やや辛めの美味しい薄濁りのお酒といった感じです。

二日目になるとやや甘味が強くなったように感じられますね。
ガスも程よく残り、ストレートなお米の甘味を味わえて個人的にはこちらの方が好みです。
以前居酒屋さんで飲んだ「倭櫻 大吟醸 おりがらみ」を少し大人しくしたような感じかな?


バランスが良く、とても爽やかな美味しいお酒でした。
やはり暑い日にこういったお酒は合いますね、本当は少し残しておく予定だったのですが、ついつい飲みきってしまいました。
機会があれば一白水成の通常品も飲んでいきたいと思います。



↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ
関連するタグ

雪の茅舎 純米吟醸 限定生酒

秋田の日本酒
01 /16 2017
風邪をひいてしまいました!
熱で節々は痛いし、普通にお仕事をこなすのも一苦労です。
そしてなんとこのブログを始めてから、早くも三回目の風邪・・・
もともと体が強いほうではありませんが、さすがにこの短期間で三回。
お酒の飲みすぎだったりするのかな?なんて考えつつ、今日もお酒を飲んでみます!


IMG_1542.jpg
IMG_1543.jpgIMG_1544.jpgIMG_1545.jpg



雪の茅舎 純米吟醸 限定生酒

雪の茅舎、28BYの新酒ですね。
メタリックピンクの文字がとても綺麗なラベルです。
スペックは山田錦20%、あきた酒こまち80%使用、55%精米の純米吟醸。
期間限定で出荷される、その生酒ですね。

実は以前、他のブログさまでこのお酒について書いた記事を読んだのですが、散々な内容だったんですよね・・・
それで少し買うのを躊躇したのですが、やはりここは自分で味を確かめなくては!と思い購入にいたりました。



上立ち香は清涼感を感じさせる甘いもの。
ベタ甘ではなく爽やかな感じのやつですね。

チビリと口に含んでみると・・・うん、ちゃんと美味しいじゃないですか。
メインになるのはフレッシュな酸味と甘味です。
甘味と香りは梨、マスカットのようにも感じます。
強めの甘味ですが、同様に酸も強いためバランスよくサッパリとまとまっています。
酸で爽やかにキレるのかと思いきや、若干の渋味と甘い香りが余韻として残ります。

・・・開栓から時間が経つと少し雑味が出てくる気もしますが、普通に美味しいお酒だと思います。
こんなブログを書いている自分ですが、やはりネット上の批評等は鵜呑みにしてはいけないなと思ってしまいました。



↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!

日本酒 ブログランキングへ
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
関連するタグ

新政 平成二十九年 新年純米しぼりたて ~New American Rooster~

秋田の日本酒
01 /04 2017
「初物」といえば、古くより日本ではめでたいもの、粋なものとして人気の高いものですよね。
例えば、築地のマグロの初競りであったり、初夏に出てくる初物の新子なんかは、価格も驚くほど高くなったりします。
築地初競りは明日ですが、一足先に初物をいただきたいと思います♪



IMG_1474.jpg
IMG_1475.jpgIMG_1476.jpgIMG_1477.jpg



新政 平成二十九年 新年純米しぼりたて ~New American Rooster~

当ブログ2度目の登場の新政です。
他にも書くべきお酒はあるのですが・・・酒屋さんで「新政の元旦あるけど持ってく?」と声をかけられ思わず買ってきてしまいました。
このお酒を買ってきてしまったからには、早めに飲んで、早めに書かなければなりません!

まず目を惹くのは、なんといってもこのラベルですよね。
今年の干支である酉が描かれていますが・・・なんともアメリカン。
まるでハーレーダヴィットソンですが、よく見てみると鷲ではなく鶏ですね(笑)
首には秋田市の太平山三吉神社で祈祷された絵馬がかけられ、なんともおめでたい感じです。

そんな外見が目を惹くこのお酒ですが、やはり一番のポイントは絞ったタイミングです。
裏ラベルにもある通り、年の瀬から新年にかけて絞ったお酒を、元旦に出荷するといったものです。
早いお店では2日には店頭に並び、まさに平成29年初物なお酒と言えるのではないでしょうか?


上立ち香はまったりとした甘酸っぱい香り。
いかにも新政らしい香りです。

チビリと口に含むと、第一印象は「あ、新政だ」といったもの(当たり前ですね)
ピチピチと微炭酸、やや濃い目の甘味と乳酸系の酸味を感じます。
苦味や渋味は少なく、甘味、酸味共に尖ったものではないので、旨み十分ながらやわらかい味わいです。
生酒ということもあってか、ColorsシリーズよりもNo.6に近い味かと思います。


最近の新政のお酒は、割と強気な値段設定をしているイメージだったのですが、こちらは税込みで1600円代。
しぼったばかりのお酒で、限定ラベル、なんとなくおめでたい絵馬まで付くことを考えれば良心的かな?
新年会の話題作りなんかにもちょうどいいお酒だと思います。


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!

日本酒 ブログランキングへ
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
関連するタグ

雪の茅舎 大吟醸

秋田の日本酒
12 /28 2016
いやぁ~年末ですね!
仕事の方もいい具合に忙しくなってきました。
こう忙しくなってくると、余計にお酒もおいしく感じるものです。
そんなわけで、今日も飲んじゃいます!



IMG_1454.jpg
IMG_1456.jpgIMG_1455.jpg


雪の茅舎 大吟醸

秋田県由利本荘市の齋彌酒造さんで醸されるお酒です。
地元だけでなく、全国的にファンの多い人気銘柄ですね。

もし僕が「美味しい大吟醸を教えて」と尋ねられたら、真っ先に思い浮かぶのは正雪の大吟醸、そしてこの雪の茅舎の大吟醸でしょう。
僕の中では、非常に信頼でき、安心して飲めるお酒のひとつです。


個人的にこのお酒は常温が一番だと思うので、ひやでいただいてみます。

上立ち香は大吟醸らしい華やかなもの。
フルーティーで軽やかな甘い香りです。

チビリと口に含んでみると、さすがの造りに感服です。
含んだ瞬間、舌先に優しい甘味を感じます。
含み香は軽やかながら甘く魅力的なもの・・・どこかメロンを彷彿させます。
そしてアル添の大吟醸らしく、後味は凛とキレます。
嫌味な感じはなく飲みやすい、とても繊細なきれいなお酒といった印象です。

こうして改めて飲んで感じたのは、やはりこのお酒は常温で素晴らしく美味しいお酒だということです。
以前、冷酒で飲んだこともありましたが、そのときは少し香り高いだけの辛口なお酒としか感じなかった気がします。
お酒は嗜好品、楽しみ方は人それぞれですが、この素晴らしい香りと甘味を楽しむためにも、僕は常温を推奨いたします!


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!

日本酒 ブログランキングへ
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
関連するタグ

すん

20代後半のオタク会社員。

好きなお酒は花陽浴や正雪など・・・
好きなアニメはラブライブ!や機動戦艦ナデシコなど・・・