FC2ブログ

華鳩 華colombe さわやか貴醸酒 白麹混合仕込み

広島の日本酒
10 /17 2018
IMG_2304.jpg
IMG_2305.jpgIMG_2306.jpg



華鳩 華colombe さわやか貴醸酒 白麹混合仕込み

広島県呉市の榎酒造さんで醸されるお酒です。
榎酒造さんといえば貴醸酒に定評のある酒蔵さんですね。
貴醸酒好きとしては避けては通れない銘柄でしょう。

今回頂くのは、白ワイン的な味わいを目指したという爽やか系の貴醸酒。
貴醸酒なのでもちろん原材料には清酒が記載されていますね。
使用酵母は教会7号酵母、白麹を使用しているようです。
精米歩合は記載されていませんが、70%精米だと聞きました。
日本酒度は-43、酸度は4.4と、いわゆる「変態酒」と言っていい数値ですね。
この協会7号+白麹使用のスペックは29BYで2年目だそうです。

さて、それでは早速いただいてみましょう♪
上立ち香は貴醸酒特有のやや洋酒っぽさを感じさせる香りに、若干酸の混ざったもの。
香りだけでは普通の貴醸酒といった印象です。

含んでみると…思いのほかバランスがいいですよ!
甘味は非常に強めのもの。
数値でわかってはいましたが、しっかり甘いです。
酸も強め、白麹由来のクエン酸がしっかり感じられます。
その甘酸っぱさに、貴醸酒にありがちな重さが加わります。
白ワインというよりは、巨峰のようなしっかりとした味わいだと思います。
終盤は強い甘味をしっかりと酸で相殺して、軽い渋味と酸の余韻が残ります。


強い甘味と酸味がうまく釣り合ったお酒だと思います。
甘味と酸味のどちらかが悪目立ちするのではないかと思っていたのですが、要らない心配でしたね。
しっかり貴醸酒感はありつつ、ほどよく爽やかなお酒でした。
しっかり冷やして乾杯酒かデザート酒として頂きたいですね。

華鳩 華colombe さわやか貴醸酒 白麹混合仕込み
榎酒造株式会社(広島県)
お気に入り度 8.5/10.0


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

スポンサーサイト
関連するタグ 貴醸酒

華鳩 貴醸酒にごり酒

広島の日本酒
06 /26 2018
6月も後半、もうすぐ7月ですね。
7月に入るにあたって、個人的な関心ごとはクロマグロの漁獲規制が強化されることですね。

昨シーズンと異なり小型魚のみならず大型魚も規制の対象となり、TAC制度も導入され、違反時には罰則と大幅に規制が強化されるのです。
それだけなら資源保護の観点から歓迎すべきことなのですが、問題なのはその漁獲枠の分配割合です。
国内の大型魚の漁獲枠4688トンのうち、高品質な鮪を漁獲できる釣りや延縄、定置網を中心とした沿岸漁業には733トンしか割り当てられていないのです。
それなのに残りの枠は、乱獲の原因と指摘され、更に品質でも劣る巻網等に割り当てられています。(対して沿岸の733トンというのは境港の巻網船団がその気になれば、たったの2日で終わらせてしまう量です)

これでは全く規制の意味がありません、資源を枯渇させる側を優遇し、沿岸で資源を守り高品質な鮪を獲る漁師さんを苦しめるだけのクズ采配です。
大西洋やインド洋の事例を見ても真っ先に巻網を規制すべきなのは明白であり、今回の国の判断は科学的根拠を全く伴わないものだと言ってもいいでしょう。(実際今回の振り分けに関する科学的な根拠は示されていません)
その背景には大企業への忖度、また水産庁の元官僚の天下りも関わっているとの指摘もあります。
海洋国家を自称するのであれば今回の判断は間違いなく恥じるべきものでしょう。
魚を愛する人間の一人として、科学的な根拠が提示されるまで今回の振り分けは到底納得できるものではないと僕は思います。
少しでも魚に興味のある方は、今一度資源管理のありかたについて共に考えていただきたいです。
※この文章は巻網漁を否定するものではありません。問題は枠の配分であり、僕は巻網という漁法そのものが悪いとは考えていません。


えー、少々熱くなってしまいましたが、できれば多くの方に読んで、そして考えて欲しい事柄を書かせていただきました。
「うわ、ウゼー」みたいに思う方もいるかもしれませんが、前説は書きたいことを書く的なスペースなので大目に見てくださいね?
さて、それでは今日も日本酒を飲んでいきたいと思います!



IMG_1500.jpg
IMG_1501.jpgIMG_1502.jpg




華鳩 貴醸酒にごり酒

広島県呉市の榎酒造さんで醸されるお酒です。
榎酒造さんといえば貴醸酒に定評のある酒蔵さんですね。
ブログ的には、開設当初に貴醸酒生にごりとカップのにごり酒を飲んでます。

今回頂くのはそんな華鳩の貴醸酒にごり酒です。
酒米や精米歩合などの記載はありませんが、日本酒度や酸度は記載されていますね。
日本酒度は-54で、このあたりの数値はさすが貴醸酒といったもの。
詳しいことは裏ラベルの写真をご覧ください。ちなみに一回火入れのようです。

さて、それでは早速いただいてみましょう!
上立ち香は酸に寄った甘酸っぱい香り。

含んでみると、濃厚!甘い!
がっつり濁っていて、まるで飲むヨーグルトのようなとろりとした口当たりです。
甘味はかなり強いもの。蜂蜜のようなコクのある甘さです。
甘味の後で強めの酸味と軽いガス感がやってきます。これがこのお酒の特徴と言ってもいいかもしれません。
酸味とガスで濃厚な甘味をスッキリと、味に起伏が生まれます。
後味は甘酒的な甘酸っぱさ、そして青リンゴっぽい果実感が僅かに残ります。
ちなみに上澄みだけで飲んでみると、甘さと酸味をよりダイレクトに感じられます。

とろり濃厚、超個性的なにごり酒でした。
美味しいけれど、濃厚すぎて飲み続けるのはちょっと辛いかな?
キリリと冷やして食後のデザートに飲むのが最適な一杯だと思います。

華鳩 貴醸酒にごり酒
榎酒造株式会社(広島県)
お気に入り度 8.6/10.0


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

関連するタグ

雨後の月 大吟醸 月光

広島の日本酒
03 /23 2017
今週の「小林さんちのメイドラゴン」を見ていたら、なんとなく家族と話がしたくなり、久しぶりに実家に電話をかけてみました。
いろいろ変化はあったみたいですが、中でも久しぶりに弟と話して、声変わりしていることに驚きましたね。
高校にも合格したようで、お兄ちゃん嬉しいです。

そんな喜びを胸に、今日は祝い酒といきましょう♪


IMG_1852.jpg
IMG_1853.jpgIMG_1854.jpg


雨後の月 大吟醸 月光

広島県呉市の相原酒造さんで醸されるお酒です。
首都圏の居酒屋さんや酒屋さんでも目にすることの多い銘柄ですよね。
個人的には外で飲むことの多い銘柄で、家飲みするのは昨年の夏以来でしょうか。

今回いただくのはお洒落なラベルのこのお酒。
山田錦40%精米、アル添の大吟醸です。
4合瓶で2500円ほどなので、ちょっと贅沢して飲んでみようかと思える価格帯ですね。


さて、さっそくいただいてみましょう!
上立ち香は華やかで爽やか。若々しい果実のような清涼感と甘さを合わせたものです。

チビリと口に含んでみると、きれいな甘さがあって美味しいです♪
甘味と含み香はおそらくリンゴ系、含んだ瞬間、そして飲み下すときに舌の奥で主張してくる感じ。
若干の渋味も感じますが嫌な感じではなく、きれいなお酒と言える範囲内のものです。
キレもよく、後味はスーッとしたアルコール感を感じる辛口です。
一口目は思ったより甘く感じられましたが、飲み進めていくにつれて辛くスッキリした味に感じます。


単品でのんびり飲んでも、食事とあわせても良さそうな味です。
お出汁を利かせて薄口醤油で煮付けた筍なんか、合うんじゃないかなぁ・・・
春野菜や山菜も多く出回ってきましたし、皆様今夜は春らしいおつまみと共に一杯いかがでしょうか?



↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ
関連するタグ

華鳩 にごり酒 貴醸酒ブレンド

広島の日本酒
02 /15 2017
みなさんはカップ酒にどんなイメージをお持ちでしょうか?
オヤジ臭い、不味い、低品質・・・中にはそういうイメージを持つ方もいるかもしれません。
僕も未成年の頃はそう思っていましたが、今は「カップ酒も悪くない」なんて思っています。
地方に行けばご当地カップ酒もたくさんあり、高品質なものも少なくありません。
志太泉のにゃんカップなど可愛らしいデザインのものも多くありますし、なにより移動しながら飲めます。
出張の時などは、移動中にご当地カップ酒で一杯やるのも楽しみだったりします。

ね?案外、カップ酒も悪くないんですよ?
そんなわけで、今日はカップ酒です!


IMG_1697.jpg
IMG_1699.jpgIMG_1700.jpgIMG_1698.jpg



華鳩 にごり酒 貴醸酒ブレンド

広島県呉市の榎酒造さんのお酒ですね。
以前広島に行った際に尾道市のスーパーで購入、帰りの飛行機で飲む予定でしたが結局飲めず今に至ります。

原材料に糖類が含まれるため、普通酒になりますね。
また貴醸酒をブレンドしているため、清酒が原材料に含まれるのも特徴かと。

さて、さっそく飲んでみます!
ですが一合飲んだだけで偉そうに色々書くのも・・・と思いますので感想はサックリと

香りはにごり酒らしくまろやかさを感じる甘いものを微かに感じます。
口に含むと、やはり非常に甘くとろりとしていて、甘酒っぽいです。
飲み下す頃には貴醸酒のものと思われる、カラメルやバニラのような甘味も感じられますね。
量が足りずチャレンジできませんでしたが、お燗やソーダ割りも美味しいんじゃないかな?


ラベルの文章もあり、個人的には雪景色を眺めながらの電車旅にぴったりなイメージです。
甘くて濃厚なにごり酒が手軽に楽しめる、いいカップ酒だと思います。



↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ
関連するタグ にごり酒

賀茂泉 純米 COKUN

広島の日本酒
01 /12 2017
先日、広島に行きまして、自分用のお土産に日本酒を3種買ってきました。
個人的には、広島のお酒と言えば雨後の月を真っ先に想像しますが、それはこっちの酒屋さんでも手に入るので、今回は地元っぽいお酒から変わったものを選んだつもりです。
その中から、本日はこちらのお酒です。



IMG_1534.jpg
IMG_1536.jpg


賀茂泉 純米 COKUN

広島県東広島市の賀茂泉酒造さんで醸されるお酒です。
この賀茂泉酒造さんのある東広島市の西条地区は、古くより日本酒造りに適した地として知られており「酒都西条」と呼ばれるほどです。
現在でも多くの酒蔵が存在し、まさに酒の都な土地ですね。

そんな西条で醸されたこのお酒ですが、普通の日本酒とは少々異なる面を持っています。
まずはやはり色ですよね。ちえびじん LOVE PINKと同様に赤色酵母を使用し、着色料無しでこのロゼワインのような色を出しています。
さらにアルコール度数は8度と低アルコール。
ラベルもお洒落で、ターゲット層として若い女性を意識したものだと思います。



IMG_1537.jpg


一応色味を見るためにお猪口に注いでみましたが・・・やっぱり似合いませんね(笑)
このお酒には、ワイングラスや可愛らしいコップが合いそうです。

上立ち香はほとんど感じません。
低アルなためかアルコールの匂いすら感じず、なんだか不思議な感じ。

チビリと口に含んでみると・・・ん?なんだか飲んだことがあるような気がする味です。
甘味はかなり強く、見た目の印象も相まってイチゴやラズベリーのように感じます。
そしてその甘味を追いかけるように強めの酸味も感じますね。こちらは乳酸系でしょうか・・・?
甘みのほうが早く口から消え、後味には酸味が残ります。
アルコール感や酒っぽさはほとんど感じず、とても甘酸っぱく飲みやすい味わいです。

一緒にするな!と怒る方もいるかもしれませんが・・・新政に似ている印象です。
・・・極甘口、低アルコールのお酒を新政が造ったらこんな味なんじゃないかな?
No.6と五橋 ねね 白麹を混ぜたら度数的にも味的にも近くなりそうな気がします。


見た目的にも味的にも、腰をすえて飲むというよりは一杯目、もしくは乾杯酒として適したお酒だと思います。
またデザート日本酒としてもいいかもしれませんね。
お酒が苦手な方にもお勧めできる味だと思います。


広島で買ってきたお酒はまだありますが、それらはどれも火入れのお酒・・・
正直、この新酒の時期は新酒で冷蔵庫もパンパン、火入れのお酒は後回しになってしまうんですよね。
まあ、急ぐ旅ではないので気が向いたときに飲んでみようかと思います。



↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!

日本酒 ブログランキングへ
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
関連するタグ

すん

20代後半のオタク会社員。

好きなお酒は花陽浴や正雪など・・・
好きなアニメはラブライブ!や機動戦艦ナデシコなど・・・