FC2ブログ

桃の里 「ふな口一番」無濾過生 +「どぶろく」と「しろうま」プチレポート

岡山の日本酒
01 /03 2018
新年明けましておめでとうございます。昨年はご愛顧頂きありがとうございました、本年もよろしくお願いいたします。

・・・というわけで、年が明けましたね!皆さんはどんなお正月を過ごしましたか?
僕は大晦日から実家に帰り、母親一緒にと料理をして造り酒を飲み、弟とFGOのガチャを回して酒を飲み、箱根駅伝や逃げ恥を見て酒を飲み、幼馴染と町に繰り出し酒を飲み・・・そんなお正月でした。
そんなこんなで、結局いつもと変わらず飲んだくれていたわけです。これぞデキル大人のお正月ですよね?

そんな日々を終えて自室に戻ってまいりまして・・・今日からはまた一人寂しくお酒を飲んじゃおうと思います!


IMG_0576.jpg
IMG_0577.jpgIMG_0578.jpgIMG_0579.jpg



桃の里 「ふな口一番」無濾過生

岡山県赤磐市の赤磐酒造さんで醸されるお酒です。
赤磐酒造さんのお酒は、当ブログ4度目の登場ですね。
酔いどれオタクの日本酒感想記」さんで推されているのをきっかけに、飲むようになった銘柄ですね。
前回まではアンテナショップでの購入でしたが、今回は蔵元直販、つまりは通販での購入です。
僕は通販があまり好きではなく滅多に利用しないのですが、とても気になっている銘柄だったため思い切って利用してみることにしました。
また「日本酒のカルテ」のあろすさんにはツイッターでいろいろと情報をいただきました。この場でお礼を申し上げたいと思います。

今回頂くのはそんな桃の里の新酒「ふな口一番」です。
五百万石60%精米、アル添の吟醸酒。その無濾過生原酒ですね。
アルコール度数は17度、以前飲んだ封切原酒の生のものと考えてよさそうです。
以前「酔いどれオタクの日本酒感想記」さんで純米吟醸の「ふな口一番」が紹介されており、おそらく各スペックの期間限定品として「ふな口一番」が存在するものと思われます。


さて、それでは早速頂いてみましょう♪
上立ち香はカプエチ系の甘い香りとアルコールの清涼感が混ざり合ったもの。
そこそこ濃厚な香りです。

チビリと口に含んでみると・・・甘さとパンチがありますね。
味わいの主役は濃厚で柔らかい甘味。
新酒ですが、フレッシュというよりは若干円熟した印象の甘味です。
甘味に続き、アルコール感と共に酸味がやってきます。アルコールとの相乗作用からか、やや酸味が強く感じられます。
後半は甘旨味と華やかな香りが広がり、それらの余韻を残しつつ辛さとアルコール感でスッキリとしたものです。
底には僅かに滓がたまっていて、それを攪拌して飲んでみると節々に苦渋味が混ざるようになります。


「封切原酒」の記事でも同じようなことを書きましたが、28BYの花陽浴に近い印象のお酒でした。
美味しいお酒なのですが、桃の里の他のスペックを飲んだ後だと絶賛はできないですね。
桃の里特有の独特な甘旨味とは少し離れているような気がします。それでも美味しいお酒であることは確かなんですけどね。


さて、ここから先は年末年始に実家で飲んだお酒のプチレポートです。
実は今回の「ふな口一番」を含め送り先を実家にしていたので、年末年始は桃の里一色でした。


IMG_0572.jpg



写真の通り4本購入したのですが、このうち実家で飲んできたのは「どぶろく」と「しろうま」です。
「どぶろく」は朝日、「しろうま」は五百万石を使用。精米歩合はどちらも60%の純米吟醸です。

「どぶろく」
開栓時に軽い吹き上がり有り。
ガスが強くドロリとしているが、表面の気泡が維持できるほどの濃度ではない。
甘酒に近い酸味と旨味、それから桃の里独特の甘味が感じられ、度数の低さも相まって飲みやすい。
スルスルいけるヤバイ酒。

「しろうま」
開栓時の吹き上がりはなく、滓が液面に到達する程度。
ガスはどぶろくより弱いが、程よくフレッシュさを感じられる。
甘味がかなり強く、デザート酒的な印象。

どちらも全く記録も付けず、何も考えずに飲んでいたので記憶が曖昧なのですが確かこんな感じかと・・・
純吟はまだ飲んでいませんが、カップ酒でいちど記事にしているから書かないかもしれません。

とにもかくにも、酒飲みとして充実した年末年始を過ごすことができました。
これを糧に、今年も一年頑張っていきましょう!


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

スポンサーサイト
関連するタグ 桃の里お気に入り

桃の里 封切原酒

岡山の日本酒
06 /29 2017
ようやく健康診断が終わり、それと共に断酒期間も終わり・・・
やったね!お酒が飲めるよ♪

いやぁ、長かったですよ・・・完全に断酒したのは10日間ですが、今月はかなりセーブしていたので欲求不満だったんです!
それも今日で終わり!アルコール解禁です♪あぁ、お酒が飲める・・・こんなに嬉しいことはない。

仕事を片付け、シャワーを浴びて、ビールを一本飲み干して・・・それじゃ日本酒飲んじゃいましょう♪


IMG_2167.jpg
IMG_2169.jpgIMG_2168.jpgIMG_2170.jpg




桃の里 封切原酒

岡山県赤磐市の赤磐酒造さんで醸されるお酒です。
初めて頂く銘柄で、もちろんブログ的にも初登場ですね。

じつはこの「桃の里」は、「酔いどれオタクの日本酒感想記」さんにてかなり推されていた銘柄で、記事を読んでからとても気になっていたんです。
ですが、数件酒屋を周っても見つからず・・・結局、新橋のアンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」さんにて購入しました。
他の日本酒ブログさんでの感想を参考にお酒を購入することはよくありますが、ひとつの銘柄だけを目当てに都内まで足を運んだのはこれが初めてかもしれません。

今回頂くのはそんな桃の里の「封切原酒」です。
五百万石60%精米、アル添の吟醸酒。その無濾過原酒ですね。
製造年月は29年5月、アンテナショップでの購入だったため管理が少し不安でしたが、火入れ+箱入りだったので・・・まあ大丈夫でしょう。


さて、それでは早速頂いてみましょう♪
上立ち香は甘く華やかな香りが強めに感じられます。
他銘柄を引き合いに出すのはどうかと思いますが、カプエチ系で今年の花陽浴に近い香りですね。

チビリと口に含んでみると・・・あぁ、こりゃ美味いですよ。
主役はジューシーな甘味。やや強めですが、上立ち香の印象よりも控えめな感じ。
雑味や苦味はあまり感じられず、甘味が減衰した後はピリッとしたアルコール感と辛さでスッキリとキレます。
酸味はその後に少し顔を出す程度でしょうか。
温度が上がると甘味がより前に出てきますね。
冷えた状態だとやや香り寄りの印象がありましたが、常温に近くなるとトロリとした濃厚な味わいです。
甘旨系が好きな人間としてはとても良いバランスのお酒です。


今の首都圏ならこのお酒は確実に売れるよね・・・アンテナショップだけに置いておくのは勿体無いと思います。
桃の里は他にも買ってきたので、おいおい飲んでいきますよ!

紹介:「酔いどれオタクの日本酒感想記」さんの桃の里記事
http://marumechi.blog.fc2.com/?tag=%E6%A1%83%E3%81%AE%E9%87%8C


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ
関連するタグ お気に入り桃の里

すん

20代後半のオタク会社員。

好きなお酒は花陽浴や正雪など・・・
好きなアニメはラブライブ!や機動戦艦ナデシコなど・・・