FC2ブログ

富士錦 純米酒 サクラノカガヤキ

静岡の日本酒
08 /16 2018
お久しぶりです!
いやぁ、お仕事や外飲みで忙しく丸一週間ぶりの更新となってしまいました。
そして気付けばお盆休みも終盤ですね。みなさん満喫されましたか?
僕はいつも通り、実家で一泊してきただけのお盆でした。もっと長い休みが欲しいです。

さて、終わる休みに思いを馳せつつ今日も日本酒を飲んじゃいましょう!


IMG_1892_20180816124833dd3.jpg
IMG_1893_201808161248336a5.jpgIMG_1894_20180816124834502.jpg



富士錦 純米酒 サクラノカガヤキ

静岡県富士宮市の富士錦酒造さんで醸されるお酒です。
たまにおかしいことをするイメージの蔵(褒め言葉です)で、最近では富士山頂と駿河湾海中で熟成させたお酒を発表し話題になりましたね。
前回の葵天下と同様に、静岡在住時に外飲み経験有り、家飲みは初な銘柄です。

今回頂くのはそんな富士錦の変り種の一つです。
静岡県独自の花酵母である河津桜酵母(KA2541)を使用した純米酒ですね。
富士錦酒造さんとしては初の河津桜酵母使用のお酒であり、試験醸造品になるようです。
使用米は記載されていませんが、精米歩合は70%のようです。
河津桜酵母の特徴として、低アルコールで甘酸っぱさが強いというものがあるようで、このお酒も日本酒度-43、酸度3.3となかなかな数値。

さて、それでは早速いただいてみましょう♪
上立ち香は酸が立った甘酸っぱいフルーツ系の香り。
イチゴに少しだけバナナっぽいまろやかさが加わった感じ。

含むと、やっぱり実に甘酸っぱい味わいです。
甘味はかなり強め、含んだ瞬間よりも一拍置いてから強く感じます。
そして酸も甘味と同様に強めのもの。
やはりイチゴっぽい印象で、完熟果実というよりはどこか若さを感じる甘酸っぱさですね。
そして中盤にはやや強めの渋味が感じられます。
この渋味がネックですね。甘酸っぱさで押すにはちょっと渋味が強すぎます。
後半はこの渋味が尾を引いて、甘酸っぱさと渋味が混ざり合った独特の後味を残します。
開栓から数日経つと、酸と渋味が落ち着いてきますね。
特に渋味に関しては初日とは別物と思えるほど弱くなり、甘酸っぱさを素直に楽しめる味になります。

渋味さえ無ければ、甘酸っぱく初心者向きとも言えそうな味のお酒でした。
飲み会でこのお酒を出す予定であれば、数日前に開栓しておくのも一つの手かもしれません。
以前、同じく河津桜酵母使用の正雪スパークリングを飲んだときも、渋味を強く感じたのでもしかしたらそれが河津桜酵母の特徴の一つなのかもしれません。

富士錦 純米酒 サクラノカガヤキ
富士錦酒造株式会社(静岡県)
お気に入り度 8.8/10.0(初日は8.0)

↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

スポンサーサイト
関連するタグ 低アルコール

澤の花 Beau Michelle

長野の日本酒
06 /05 2018
ブログを始めた頃は、この前説で課長ネタをよく書いていた記憶があります。
その頃はものすごく仲が悪く、課長も非常識な行動をとることが多く(今でも多いですが…)、それでとてもストレスが溜まっていたんです。(不仲になった要因はもっと別にあるのですが…)
最近は感情よりも効率を優先し「どうしようもない人なんだから、もっと大人になって接してあげなきゃ」と考えるようになり、それからは僕と課長の関係は安定していたりします。
ま、どうせあと数年で定年なのですから、今くらい良い思いをさせてあげてもいいでしょう。

なんて、ちょっぴり腹黒っぽいことを考えつつ、今日も日本酒を飲んじゃいましょう!


IMG_1346 (1)
IMG_1347 (1)IMG_1348.jpg




澤の花 Beau Michelle

長野県佐久市の伴野酒造さんで醸されるお酒です。
メインの銘柄はもちろん「澤の花」
伴野酒造さんのお酒は、外飲みは何度かありますが家飲みするのは初めてかと。

今回頂くのは低アルコールのお酒。
使用米や精米歩合等は記載されておらず、ラベルから読み取れる情報はアルコール9%という点と、「ビートルズが流れる蔵から生まれたお酒です。爽やかな甘みと酸味がお楽しみいただけます。冷やして美味しいお酒です。」という紹介文のみ。(ネット情報だと精米歩合は65%以下とのこと)

さて、この「Beau Michelle」ですが、相互フォローさせていただいている「長野県内外の美味しい“いっぽん(日本酒)”記録帳」さんにて28BYの同スペックやおりがらみが紹介されており、それを見てからずっと飲んでみたかったお酒だったりします。
さらにそれに加えて、僕は小学生の頃からKinKi Kidsのファンでして……ライブで堂本剛氏が堂本光一氏にこのお酒をプレゼントしたことも相まって、飲んでみたいお酒ランキングの上位として君臨していたんです。
そんなわけでずっと飲みたいと思っていたこのお酒ですが、先日東京駅のはせがわ酒店さんにて発見して、こうして飲むことができました。

さて、それでは早速頂いてみましょう♪
上立ち香は、酸に寄った甘酸っぱい香りがほんのりと。
嫌味のない軽い香りですね。

含んでみると、爽やかな甘酸っぱさが口いっぱいに広がります。
甘味はやや強め、そして酸も同様に強めのもの。強いけれど総じて軽く、飲みやすいもの。
僕的にはシトラスにアプリコット、それからリンゴを合わせたような甘酸っぱさ、と感じました。
しかしながら、「長野県内外の美味しい“いっぽん(日本酒)”記録帳」さんの「スポーツドリンクのよう」という表現にも納得の味ですね。確かにこの軽やかな甘酸っぱさがスポーツドリンク味というのは的確な表現でしょう。
旨味の膨らみは少なく、苦渋やアルコール感も少ない。
後味は酸味を中心に、僅かな渋味と甘い余韻が残ります。

軽やかな甘酸っぱさが実に飲みやすいお酒でした。
いかにも「酒!」といった味わいを求める方には物足りないでしょうけれど、普段アルコールに親しみのない若者や女性層を意識したお酒なのでしょう。
軽さに加え、アルコール感もほぼ無し、これは日本酒慣れしていない方にも受けるのではないでしょうか?
僕には年の離れた弟がいるのですが、彼が成人したときに一緒にお酒を飲むのが楽しみだったりします。
このお酒は数年後、彼に「美味しいから一口飲んでみ?」と勧められる候補の一つとなりそうです。

紹介:「長野県内外の美味しい“いっぽん(日本酒)”記録帳」さんのBY違い同スペック記事
http://blog.livedoor.jp/namappi/archives/1067101833.html

澤の花 Beau Michelle
伴野酒造株式会社(長野県)
お気に入り度 8.7/10.0


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

関連するタグ 低アルコール

すん

20代後半のオタク会社員。

好きなお酒は花陽浴や正雪など・・・
好きなアニメはラブライブ!や機動戦艦ナデシコなど・・・