大関 ワンカップ 純米にごり酒

兵庫の日本酒
05 /10 2018
ここのところ外飲みや出張が多く、家飲みの頻度が若干落ちてしまっています。
そうなればブログの更新にも支障が出るわけで……割とあせっていたりするわけですよ。
こんなことなら他のブログ様のように書き溜めておくべきだった…と思っても後の祭りですね。

……なんて言い訳していてもしかたないので、今日はサクッと飲めるお酒で行きたいと思います!


IMG_1162.jpg
IMG_1163.jpgIMG_1164.jpgIMG_1167.jpg



兵庫県西宮市の大関株式会社さんで醸されるお酒です。
大関さんと言えば、コンビニ、スーパーどこでも購入できるような超大手ですよね。
普段であれば、まず購入することのないお酒でしょう。

ではなぜこのお酒を購入したかと言いますと……「流行に乗っかった」からですね。
「お酒ミライ 日本酒レビューブログ」さんの記事
こちらで紹介されたのを皮切りに、相互リンクさせていただいている
「長野県内外の美味しい“いっぽん(日本酒)”記録帳」さん
「酔いどれオタクの日本酒感想記」さん
でも紹介されており、それを読んで自分も流行りに乗っかってみることにした次第です。

そんなわけで今回頂くのは大関の濁り酒。
原料米は記載されていませんが、精米歩合は78%の純米酒。もちろん火入れ有りですね。
日本酒度-33、アルコール度数11%とこの手の大手酒にしてはやや変わった印象を受ける数値ですね。
また購入は近所のローソン。常温棚に一本だけ残っていた17年12月製造のものです。


さて、それでは早速頂いてみましょう♪
上立ち香は甘酒を少し薄めたような感じのもの。
甘酒も麹ではなく酒粕の方に近く、やや粉っぽいかな?

含んでみると、濃いけどサラリとした不思議な感じです。
最初の甘味には酒っぽさが無く、油膜のようなまろやかさが僅かに感じられる。
「ちょっぴり砂糖を足したスジャータ」といったような第一印象。
その後で若干の酒っぽさ(むしろ甘酒っぽさ?)を感じます。しかしこれも二口目からはさほど気にならない程度のものですね。
苦味や渋味も少なく、中盤からはお米の旨味と、特有の粉っぽさのある舌触りが楽しめます。
全体的にやや味が薄い印象ですが、これはこれでサクサク飲めて丁度いい濃度だと思います。

実に手軽で飲みやすいお酒だと思います。
個人的には「スジャータの甘酒割り」といった印象でしたね。
今回は一本しか購入できず、燗は試せませんでしたが、来年はやってみたいですね。


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

スポンサーサイト

澪 WHITE うすにごり

京都の日本酒
04 /18 2018
突然ですが、僕は年齢の割りに会社では「いいポジション」で仕事をしていたりします。
僕自身はその役職に関しては経緯も含め不満が多いのですが……周りから見たらそうは見えないのかもしれませんね。
先日会社の人間と飲んだ際には、「お前は良い立場なのに…」とか「俺がお前の立場なら…」とか他の課の先輩方に言われてしまいました。
こういったことがあるから、会社の飲み会って嫌いなんですよね。
中には本当に応援してくれている人もいますし、向こうに悪気は無いのかもしれませんけど。

なんて愚痴りつつも、今日もお酒を飲みたいと思います。


IMG_1041.jpg
IMG_1042.jpgIMG_1043.jpg



澪 WHITE うすにごり

京都府京都市の宝酒造さんで醸されるお酒です。
宝酒造さんといえば、「松竹梅」や「宝焼酎」で有名な超大手の酒造メーカーさんですね。
前回のギンパックと一緒にスーパーで購入してみました。
「たまには自分らしくないことをやれ!」の延長戦ですね。

今回頂くのは松竹梅ブランドより発売されているスパークリング日本酒「澪」のうすにごりです。
澪シリーズは確か炭酸ガスを添加するタイプだったと思います。
特定名称や精米歩合等の記載はありませんが、一応純米っぽいですね。
HPによると日本酒度は-85と結構な数値のようです。
澪には通常verの他に、甘さ控えめの「DRY」、そしてこの「WHITE」があります。
「澪」といえば2011年より発売され、スパークリング日本酒が市民権を得るのに一役買ったお酒であると記憶しています。
発売当初に通常品を飲んだ記憶があるのですが、当時の僕は辛口に傾倒しており「こんな甘ったるいもん飲めるか!」と一蹴したものです。
そのときと今では好みも全く変わっているので、試しに飲んでみようかと思い購入してみました。


さて、それでは早速頂いてみましょう♪
上立ち香は甘酸っぱい香りが微かに感じられます。
いわゆる香るタイプのお酒ではありませんね。

含んでみると甘味と酸味がしっかりと感じられますね。
甘味はかなり強く、単品で見れば起伏の無いややのっぺりとした印象。
それを甘味に負けない強めの酸、さらには炭酸でスッキリとさせています。
薄にごりではありますが、滓の苦味やまろやかさが特別感じられるわけではなく、あくまで雰囲気作りといった感じでしょうか。
終始甘酸っぱく、日本酒感は皆無、低アルコールでチューハイ感覚で飲めてしまうお酒ですね。


これならお酒を飲み始めたばかりの大学生や、日本酒が苦手な女性でも抵抗無く飲めることでしょう。
個人的にはチューハイと変わらないような気もしますが、こういったお酒から日本酒に入る人も多いのではないかと思います。


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

尾瀬の雪どけ 純米大吟醸 桃色にごり(29BY)

群馬の日本酒
03 /22 2018
昨日の首都圏は雪でしたね!
朝、窓の外を見て驚かれた方も多かったのではないでしょうか?ちなみに僕も驚きました。
暖かくなったり寒くなったり、春と冬を行ったり来たり……人間だけでなく、きっと桜の木も戸惑っていることでしょう。
「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、近年の気象状況を考えるとその言葉も考え直さなくてはいけないかもしれませんね。

さて、外は寒いですが今日は春を先取りしたお酒を飲んじゃおうと思います!


IMG_0925.jpg
IMG_0926.jpgIMG_0927.jpgIMG_0928.jpg



尾瀬の雪どけ 純米大吟醸 桃色にごり(29BY)

群馬県館林市の龍神酒造さんで醸されるお酒です。
僕的には春といえばこのお酒!と思うほど、毎年楽しみにしているお酒ですね。
ブログ的にも2年連続の登場です。

使用米の記載はありませんが、精米歩合50%の純米大吟醸。
赤色酵母使用の桃色にごりですね。
赤色酵母の特性もあり、アルコールは10度と他の桃色系同様低アルコール。
裏ラベルに書かれた「♯大切な人と一緒に」が独り身の心を抉り「♯ひとりでも美味しい」で傷口に塩を塗られている気分になるのは僕だけでしょうか……

開栓時には軽い拭き上がりがあります。
また、毎年のことですがこのお酒の4合瓶のスクリューキャップのリングがとても外しにくいんですよね。
今年はニッパーと包丁を駆使して開栓しました。


さて、それでは早速頂いてみましょう。
上立ち香は、酸を中心に甘さが混ざったもの。
温度が上がるとちょっとアルコールの香りが強くなります。

チビリと口に含んでみると……昨年同様甘酸っぱいです!
まずは舌先にガスを感じ、一拍置いてからフレッシュな甘酸っぱさが広がります。
強い酸味が甘味と上手くマッチして、熟す前のイチゴのような印象です。(昨年とほぼ同じ表現)
子供のころ実家でイチゴを育てていて、熟す前の軽く色づいた状態で我慢できずに食べてしまったことがあるのですが、そのときの印象と近いものがありますね。
にごりのまろやかさもあるのですが、初日は酸のフレッシュさが勝っていますね。
終始甘酸っぱく、飲み下した後に甘酸っぱさの余韻が消えてから微かな苦味が感じられます。
ガスは28BYよりは強く、27BYよりは弱いといった感じだと思います。

開栓から時間が経つとガスも消え、酸味も落ち着いてきます。
すると甘味が立ち、濃厚まろやかな味わいになりますね。
初日で酸が強いと感じた方は数日寝かせるのがおすすめです。

甘酸っぱく、度数の低さも相まってスルスル飲めてしまうお酒でした。
初恋や青春時代の甘酸っぱさをお酒で表現したら、まさしくこんな味になるのだと思います。


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

福鶴 つや姫 純米にごり 生

長崎の日本酒
02 /08 2018
風邪、ほとんど治りました!
前回以降、一時は38度以上まで熱が上がり会社を早退したりしたのですが、今はもうぴんぴんしてますよ。
病院で強めの抗生物質を貰ったら、いままでの一週間がなんだったんだと思うほどあっさりと症状が治まってしまいました。
一時は連休の予定を変えることも考えたのですが、その必要も無さそうです。いやぁ、お薬様様ですね!

そんなわけで、元気になったので今日も日本酒飲んじゃいましょう♪


IMG_0707.jpg
IMG_0709.jpgIMG_0708.jpgIMG_0710.jpg



福鶴 つや姫 純米にごり 生
長崎県平戸市の福田酒造さんで醸されるお酒です。
福田酒造さんのお酒は以前「福田 純米吟醸 山田錦」を頂いていますね。
「福田」が新しい銘柄なのに対し「福鶴」は以前からある銘柄のようですね。
おそらく地元向けの銘柄という立ち位置になるのだと思います。

今回頂くのはそんな福鶴のにごり酒
使用米は長崎県産のつや姫。食用米として有名なお米ですよね。
精米歩合は70%の純米酒です。
生のにごり酒なので「開栓注意」の文言もありますね。


さて、それでは早速頂いてみましょう!
上立ち香は甘さと酸の交じり合った清涼感のある香りが薄っすらと感じられます。

チビリと口に含んでみると・・・力強いガス感と優しい味わいです。
ガスは割りと強めで、含んだ瞬間からしっかりと炭酸飲料的な感覚が味わえます。
その刺激と入れ替わるようにやってくる甘さと旨味は淡く柔らかいものです。
酸味は思ったほど強くはなく、バランス要員といった印象。
後半は甘味が膨らむのと同時に苦味がやや強めに出てきますね。
飲み下した後には余韻としてこの甘味と苦味、それからお米の香りが残ります。

派手さやイマドキな感じはあまりありませんが、にごり系としては食事にも合わせやすい味なのではないかと思います。
和食から洋食まで、無難にこなしてくれそうな感じです。
食事のお供に活性にごりが欲しい方は是非お試しください。


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

腰古井 にごり酒 無濾過生原酒

千葉の日本酒
01 /17 2018
昨日は久しぶりに一人で外飲みしてきました。
カウンターで隣に座っていた年下の男の子といろいろ話しながらチビチビとやってましたね。
最後には連絡先を交換し、今さっき携帯を見てみたらLINEがきてました。
家で一人飲みするのが好きな僕ですが、こういった出会いがあるとたまの外飲みも良いものだなと思いますね。

さて、今日は外ではなくお部屋で一人日本酒を飲んじゃいましょう♪


IMG_0640.jpg
IMG_0641.jpgIMG_0642.jpgIMG_0632.jpg



腰古井 にごり酒 無濾過生原酒
千葉県勝浦市の吉野酒造さんで醸されるお酒です。
お仕事で勝浦に行ってきたので、その際に蔵元直売所にて購入しました。
勝浦は静岡同様足を運ぶ機会が多く、数年前から度々飲んでいる銘柄ですね。
ブログ的には約1年前に違うスペックのにごり酒を紹介しています。

今回頂くのはそんな腰古井のにごり酒です。
使用米は記載されていませんが、たしか酒米と千葉県産コシヒカリを使用していたと思います。
精米歩合は65%でアル添の無濾過生原酒、特定名称の記載はありませんが本醸造クラスですね。

さて、それでは早速頂いてみましょう♪
上立ち香はサイダーのような清涼感のある甘い香り。
実に爽やかなものです。

チビリと口に含んでみると・・・甘爽やかです!
含むとまさに三○矢サイダーのような甘さと、ピチピチとしたガスが感じられます。
ガスが収まると、にごり由来のまろやかでしっかりとしたお米の旨味、それから甘味も膨らみますね。
後味には粉っぽさを纏った軽い苦味、それから同程度の軽い甘味が残ります。この苦味は温度が上がるほど強くなります。
上澄みだけで飲むと苦味や粉っぽさが無く、まさにサイダーといった印象でした。

実に飲みやすい、甘く爽やかなお酒でした。地元での人気も納得です。
特に上澄みの味は、風の森が好きな人にはストライクなものではないかと思います。
東京ではあまり見ない銘柄ですが、勝浦に行った際にはまた購入したいですね。


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

すん

20代後半のオタク会社員。

好きなお酒は花陽浴や正雪など・・・
好きなアニメはラブライブ!や機動戦艦ナデシコなど・・・