雨後の月 大吟醸 月光

広島の日本酒
03 /23 2017
今週の「小林さんちのメイドラゴン」を見ていたら、なんとなく家族と話がしたくなり、久しぶりに実家に電話をかけてみました。
いろいろ変化はあったみたいですが、中でも久しぶりに弟と話して、声変わりしていることに驚きましたね。
高校にも合格したようで、お兄ちゃん嬉しいです。

そんな喜びを胸に、今日は祝い酒といきましょう♪


IMG_1852.jpg
IMG_1853.jpgIMG_1854.jpg


雨後の月 大吟醸 月光

広島県呉市の相原酒造さんで醸されるお酒です。
首都圏の居酒屋さんや酒屋さんでも目にすることの多い銘柄ですよね。
個人的には外で飲むことの多い銘柄で、家飲みするのは昨年の夏以来でしょうか。

今回いただくのはお洒落なラベルのこのお酒。
山田錦40%精米、アル添の大吟醸です。
4合瓶で2500円ほどなので、ちょっと贅沢して飲んでみようかと思える価格帯ですね。


さて、さっそくいただいてみましょう!
上立ち香は華やかで爽やか。若々しい果実のような清涼感と甘さを合わせたものです。

チビリと口に含んでみると、きれいな甘さがあって美味しいです♪
甘味と含み香はおそらくリンゴ系、含んだ瞬間、そして飲み下すときに舌の奥で主張してくる感じ。
若干の渋味も感じますが嫌な感じではなく、きれいなお酒と言える範囲内のものです。
キレもよく、後味はスーッとしたアルコール感を感じる辛口です。
一口目は思ったより甘く感じられましたが、飲み進めていくにつれて辛くスッキリした味に感じます。


単品でのんびり飲んでも、食事とあわせても良さそうな味です。
お出汁を利かせて薄口醤油で煮付けた筍なんか、合うんじゃないかなぁ・・・
春野菜や山菜も多く出回ってきましたし、皆様今夜は春らしいおつまみと共に一杯いかがでしょうか?



↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ
スポンサーサイト

射美 純米吟醸酒 槽場無濾過生原酒 28BY

岐阜の日本酒
03 /20 2017
おはようございます。
ただいま時刻は午前四時。
せっかくの休日ですし、のんびりお酒でも飲みながら日の出でも待ってみようかと思います。

そんなわけで、朝酒を嗜むといたしましょう♪


IMG_1855.jpg
IMG_1856.jpgIMG_1857.jpgIMG_1858.jpg


射美 純米吟醸酒 槽場無濾過生原酒 28BY

岐阜県揖斐郡の杉原酒造さんで醸されるお酒です。
杉原酒造さんといえば「日本一小さな酒蔵」として有名ですよね。
新聞や雑誌、テレビ等のメディアで取り上げられることも多く、人気も知名度も高いのではないかと思います。

さて、今回いただくのはブルーラベルの純米吟醸。
使用米は独自栽培のお米である揖斐の誉。麹と酒母には「S7」が、掛米には「AMS18」が使用されており、それぞれ精米歩合は50%。
裏ラベルには商品説明のほかに、お酒関係だったり、まったくお酒と関係なかったりする蔵元からの文章も書いてありますので、気になる方はぜひご一読を。


IMG_1859.jpg


瓶の底には軽く滓が溜まっており、攪拌してお猪口に注いでみるとうっすらと濁っています。


さてそれではいただいてみましょう!
上立ち香はあまり感じられず、アルコールの清涼感のある香りが微かに、といった程度です。

チビリと口に含んでみると、とろり濃厚です。
甘味はかなり強く濃厚で、どこかとろみを感じるほどです。
上白糖を溶かしたものに、蜂蜜でとろみとコクを追加したような、そんなイメージ。
酸味は甘味が減少する時に僅かに感じる程度、後味は残った甘味に加え僅かな苦味があります。
あと全体を通してハーブのような爽やかさを感じるような感じないような・・・


普段飲むお酒とはまた違ったタイプの甘口酒でした。
酒屋さんでもあまり目にする機会はありませんが、また購入することができれば別のスペックも飲んでみたいですね。


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

花陽浴 純米大吟醸 さけ武蔵 瓶囲無濾過原酒(28BY)

埼玉の日本酒
03 /18 2017
スパロボV、一周目クリアしました!
予想以上にナデシコ勢が活躍してて嬉しかったですね。
ナデシコ好きな方にはおススメです。
ただ全体を通して敵が弱すぎた気が・・・

さて、ゲームの話はこのあたりにして、お酒でも飲みましょうか


IMG_1829.jpg
IMG_1830.jpgIMG_1831.jpgIMG_1832.jpg



花陽浴 純米大吟醸 さけ武蔵 瓶囲無濾過原酒(28BY)

10回目の登場となる埼玉県羽生市のお酒です。
ついに二桁ですね・・・当ブログの6分の1は花陽浴というくらい頻繁に飲んでるお酒です。

今回いただくのは、埼玉県初の酒造好適米であるさけ武蔵48%精米の純米大吟醸、その生原酒ですね。
個人的には、さけ武蔵は花陽浴の中でも遊び心のあるお酒といったイメージですが、今年はどうなんでしょう?


それでは早速いただいてみましょう。
上立ち香は、南国フルーツを思わせるカプエチ系の華やかな香り。
実に花陽浴らしい香りですね。

チビリと口に含んでみると、思ったよりも癖の無い味?
甘味は含んだ直後は優しく、一拍置いて強く感じられます。
27BYと比べるとやはり弱めに感じますが、パイナップルのような花陽浴らしい甘さです。
酸味は気持ち強め、後味に若干の苦味や渋味もありますが・・・思っていたよりも個性がありません。「いつもの花陽浴」の範囲内の味です。

三日ほど経つと、若干酸味が落ち着きましたね。
甘味も棘が無く、濃厚まろやか、それでいてフルーティー。飲み疲れない絶妙なラインかと
僕はこの味好きですね。


酸味がかなり強く柑橘類のようだった27BYの直汲みのような個性はありませんでしたが、甘酸っぱく旨味もある美味しいお酒でした。

さて、世間は連休!
最近はのんびり更新でしたが、連休中にもう一回書ければ・・・と思ってます。


↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

嘉美心 全麹仕込み HONEY Z (2014年製造分)

岡山の日本酒
03 /15 2017
人との出会いも、日本酒との出会いも、僕は一期一会なのではないかと思います。
その時を逃せば、二度と会うことはないかもしれないのです。
例えば、ふらりと立ち寄った酒屋さんで偶然見つけた名前も知らないお酒、きっとそこで購入しなければその存在も忘れてしまうことでしょう。

今日のお酒は、そんなふらりと立ち寄った酒屋さんで出会ったお酒です!


IMG_1837.jpg
IMG_1838.jpgIMG_1839.jpgIMG_1841.jpgIMG_1842.jpg


嘉美心 全麹仕込み HONEY Z

岡山県浅口市の嘉美心酒造さんで醸されるお酒です。
名前からわかるとおり、蜂蜜をイメージしたデザート酒のようですね。

そしてこのお酒ですが・・・ちょっと普通じゃありません。
焼酎などではまれに用いられる、全麹仕込みで造られており、酒税法上は清酒ではなくその他の醸造酒に分類されるようです。

さらに製造は2014年です。
静岡市清水区のぬまた旭町酒店さんに立ち寄った際に、購入しました。
店のおじさんからは製造年のこともあり「ほんとうにこれでいいの?」と聞かれましたが、なんとなくイケる気がしたんですよね。
ネット上での情報量も少なく、またそのほとんどが2014年の情報でかなり謎の多いお酒です。
蔵元のオンラインショップからも姿を消しており、もしかしたら2014年度の一度きりの醸造だったのかもしれません。


IMG_1843.jpg


お猪口に注ぐと、濃い目の琥珀色です。
元から色は付いていたと思いますが、果たして最初からこの色だったのかは・・・謎です。


さて、早速いただいてみましょう。
製造から時間が経っているため、このお酒の感想として適当ではない文章かもしれませんが、ご容赦ください。


上立ち香は、ヘーゼルナッツとかアーモンドプードルとか、ナッツのようなものを感じます。
熟成酒は飲んだ経験があまりないのですが、これが熟成香ってやつでしょうか?

チビリと口に含んでみると・・・どっしりと甘いです!
含んだ瞬間にどっしりとした癖のある重さを感じ、その直後に濃厚な甘味がやってきます。
その甘味もなんとも複雑で、ナッツとカラメルとバーボンと蜂蜜と貴醸酒を混ぜ合わせたような・・・そんな感じです。
終盤までそんな複雑な甘味が続き、最後には焼きたてのクッキーのような香りを口の中に残していきます。


・・・書いてて自分でも意味がわからなくなってきましたが、そんな感じの味なんですよね。
とても不思議な味ですが、アリかナシかで言えば、僕的にはアリな味です。
また貴醸酒のようにバニラアイスにかけても美味しかったです。
このお酒と再び出会うことがあるかはわかりませんが、可能なら製造から間もないこのお酒も飲んでみたいですね。



↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ

鳳凰美田 純米吟醸 WINE CELL SPARKLING 2016

栃木の日本酒
03 /12 2017
先週は遊び仕事で沖縄に行ってました。
いやぁ、やっぱりいいところですね。
海はきれいだし、気候も温暖、そしてなにより花粉が飛んでない!
いろんなものを見ることができて、たくさん勉強もさせてもらい、良い経験になりました。
でも沖縄って日本酒が無いんですよね・・・。
飲みの席でもひたすら泡盛・・・蒸留酒の美味しさがイマイチ理解できていない僕にはキツイ時間でした。

・・・そんな沖縄出張を経て、今日は日曜日です!
朝から思う存分飲んじゃいましょう!



IMG_1824.jpg
IMG_1825.jpgIMG_1826.jpg



鳳凰美田 純米吟醸 WINE CELL SPARKLING 2016

栃木県小山市のお酒です。
WINE CELLの名の通り、友情蔵のワイナリーより提供されたワイン酵母を使用して醸したお酒のようですね。

使用米は兵庫県産の山田錦、55%精米の純米吟醸。
おそらく季節限定の活性濁りタイプですね。


IMG_1827.jpgIMG_1828.jpg



滓は瓶の底にたっぷりと溜まっています。
開栓時は吹き上がってくるので要注意です!
お猪口に注ぐと美味しそうな濁り具合ですね。


さて、さっそくいただいてみましょう!
上立ち香は強めで華やか。青リンゴを中心にメロンが微かに混ざったような、清涼感のある甘い香りです。

チビリと口に含んでみると・・・甘爽やかで美味しい♪
含んだ瞬間に感じるサラッとした甘味、そして舌を刺激する炭酸がとても爽やかです。
ガスを感じなくなると同時に滓の苦味を感じ、後味は濁りのまろやかさがありながらも、かなりシャープなもの。
香りは華やか、甘味は爽やか、そして最後の苦味も良いアクセントになっていて、かなり好みの味です。
和食にはあまり合わないかもしれませんが、洋食と合わせるなら食中酒としてもいいかもしれません。
昨年、通常品のWINE CELLも飲みましたが、僕はこっちの方が好きですね。


甘く爽やか、とても美味しいお酒でした!
どうでもいいことですが、僕は結構なにごり酒好きなのかもしれません。
ブログ開始から濁ったお酒について書くのがこれで16本目、他の酒ブログ様と比べると、かなりにごり酒やおりがらみの比率が高いですよね。
まあ、それも自分の個性、仕方の無いことなのです!それに、もしかしたらにごり酒好きの方が見に来てくれるかもしれませんからね!
今後も美味しいにごり酒を見つけたら紹介していきたいと思います。



↓べ、別にクリックして欲しくなんかないんだからねっ!
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

日本酒 ブログランキングへ